FC2ブログ

日光戦場ヶ原へドライブ ④

IMG_3035.jpg

暑い夏もじき去り駆け足で秋がやってきそうな戦場ヶ原。



IMG_3030.jpg

ヒメシジミ♂のブルーが目立ちます。



IMG_3033.jpg




IMG_3034.jpg

ふらふら低い所を重そうに飛んでいたのは?



IMG_3037.jpg




IMG_3039.jpg

アブラガヤ。



IMG_3044.jpg




IMG_3059a.jpg

変わった小さな花を見つけました。
どう見ても葉から花が出ているような・・・



IMG_3057_20180819091329e1b.jpg

調べてみるとアキノウナギツカミというミゾソバの仲間。
茎に下向きの棘がありウナギでも掴めそうなところからこの名前。
葉の基部に茎を抱くため離れたところから見るとまるで葉から花が咲いているように^^。



IMG_3069.jpg

ホザキシモツケにイチモンジセセリ。



IMG_3070.jpg

アキアカネ。
アキアカネは歩いている人の帽子や服や果ては指にまで止まってきます。



IMG_3046.jpg




IMG_3087.jpg

戦前、戦場ヶ原には植林をする計画があり、排水溝を掘ったとのこと。
そのため今も水はそこから湯川に流れ出し、湿原の乾燥化が進んでいるということです。

日本鹿の食害が進み草の花が激減。
鹿の嫌うホザキシモツケやズミなどの木の花が中心になってしまったとのこと。
湿原を代表する花が事情が分かってみると複雑な気持ちになります。

小田代ヶ原の美しいカラマツ林は植林によるもの。
ここでは鹿から湿原を守るため電気柵を設けその結果湿原がよみがえりつつあるそうです。



IMG_3075.jpg

クサレダマ。
かわいそうな名前に思いましたが「草レダマ」だそうです^^。
レダマとは落葉低木のマメ科の花のことでそれに似ていることから。



IMG_3076_2018081821411349f.jpg



続きます。

スポンサーサイト

日光戦場ヶ原へドライブ ③

IMG_2982.jpg

白樺の美しい木道を進みます。



IMG_2983.jpg

ホザキシモツケ。



IMG_2988_20180816202625a10.jpg

変わった花だったので散りかけていましたが撮ってみました。
後で調べてみるとトモエソウ。
花びらが巴の形にねじれていることからこの名前。
さらに調べると湯川のほとりで確認とあったので間違いないかな^^。



IMG_2992.jpg

早くも紅葉?



IMG_2994.jpg

ススキも穂を出し少し秋の気配です。



IMG_2995.jpg




IMG_2997.jpg

ヤマオダマキ。
ひっそりと1輪咲いていました。



IMG_3000_20180818113029bd2.jpg

遥か遠くの枯れ枝にノビタキ。
トリミングしてやっとです><。



IMG_3007_20180818113032fce.jpg

偶然@@。



IMG_3009.jpg

エゾリンドウ。



IMG_3011.jpg

咲き始めの美しい時期、色鮮やかです。



IMG_3013.jpg




IMG_3012_201808181145208dc.jpg

ヒメシロネ。



IMG_3022.jpg

ヒメシロネにヒメシジミ♀。



IMG_3026.jpg




IMG_3019.jpg

ノアザミの鮮やかな色も見えます。



IMG_3015.jpg

ノアザミ。



IMG_3029.jpg

アキノキリンソウにヒメシジミ。



続きます。






日光戦場ヶ原へドライブ ②



戦場ヶ原展望台からの眺め。
展望台というほどの高さはなくあっけないほど低い位置から戦場ヶ原が見渡せます。

事故目撃のため鳥肌がなかなか収まりませんでしたが
お天気が急変しないうちにと戦場ヶ原入り口に向かいます。。



IMG_2951.jpg

赤沼の駐車場に車を止め戦場ヶ原と小田代ヶ原の分岐点へ。
ここにあったクマ目撃情報によると
8月は今までのところ小田代ヶ原が圧倒的に多く、戦場ヶ原は確か1件のみでした。

数年前に訪れた時は戦場ヶ原はその朝に人がクマに襲われるという事故があり閉鎖中。
そのため小田代ヶ原に向かったことを思い出します。



IMG_2955.jpg

戦場ヶ原を歩くことにします。
倒木があちこちにあり木漏れ日に苔が美しく輝いています。



IMG_2957.jpg

キンミズヒキ?
背景のピンクはホザキシモツケ。



IMG_2960.jpg

ホザキシモツケ。



IMG_2961.jpg

奇妙なものを目撃。
2本足歩行のワンちゃん。
リードを短くして前足がつかないようにしているようです。
基本、ペットはご遠慮くださいということですからそれなりの配慮?
そのうちに4つ足歩行になりましたがびっくりやらおかしいやらかわいそうやら・・・



IMG_2964.jpg

湯川沿いの気持ちの良い道を歩きます。
ゆらゆら揺れる藻で川が緑色に見えますがこの藻はバイカモ(梅花藻)。
花の咲く頃に見てみたいものです。



IMG_2966.jpg

シロヨメナ? ゴマナ?



IMG_2967.jpg

ナンテンハギ。



IMG_2970.jpg

大好きなワレモコウもあちこちに群生。
良い時期に来ました^^。



IMG_2972.jpg




IMG_2974.jpg

とても歩きやすい良く整備された木道。
この先の木道には補修工事中の看板がありましたがご苦労様です^^。



IMG_2975.jpg

湯川に倒れこんだ白樺の木。



IMG_2976.jpg




IMG_2977.jpg




IMG_2981.jpg

雲がかかったままの男体山。

「戦場ヶ原」の由来。
昔々、中禅寺湖をめぐる領地争いで下野国(現栃木県)の二荒山(男体山)と
上野国(群馬県)の赤城神(赤城山)が大蛇と大ムカデに化けて戦ったその戦場の意味。
大蛇に化けた男体山が勝ったという伝説。

他には広い原野であることから「千畳ヶ原」・・・という説もあります。



続きます。

?マークだらけです。
教えていただけると嬉しいです。



日光戦場ヶ原へドライブ ①

IMG_2925.jpg

昨日14日、日帰りで日光まで行ってきました。
目的地は戦場ヶ原。

まずは明智平ロープウェイに乗って華厳の滝を上から眺めてみようということに。
ロープウェイ入り口には無数のトンボが飛び交っていて誰彼かまわずまといついていました。



IMG_2932.jpg

明智平駅は上り専用の第2いろは坂の「い」から「ね」までのカーブを過ぎたところにあります。

展望台からの壮大な眺め、中禅寺湖、華厳の滝、その右側には白雲の滝。
水量が多いのか滝の落ちる音がここまで轟いてきます。

ここからの眺めは史跡名勝天然記念物に指定。



IMG_2931.jpg

「明智平」とは天海大僧正が名付けたと言われています。
この天海大僧正が実は明智光秀だという説があり(途中略)
自分の名前を永遠に残したいと考えて日光で一番眺めの良いこの地を「明智平」と命名したとか。



IMG_2938.jpg

雲がかかっている男体山。



IMG_2936.jpg

滝と反対側の景色。



IMG_2935.jpg




IMG_2937.jpg

ロープウェイ乗り場を見下ろして。



IMG_2942.jpg




IMG_2941.jpg

濃い緑に映える可愛らしいゴンドラ。
定員16名。
乗車時間3分。

昭和8年11月に日本で11番目のロープウェイとして開業。
戦況の悪化により昭和18年営業中止、19年に撤去。
昭和25年11月、停留所や建物、ゴンドラなど無事に残っていたものを使って営業再開。

戦時中に廃止された後で復活した唯一のロープウェイだということです。
戦後から平成まで活躍したゴンドラは東武博物館に保存。



IMG_2943_20180817002327331.jpg




IMG_2944.jpg

明智平を出発して正午過ぎ、戦場ヶ原展望台に寄ってみました。
駐車場に車を置き、横断歩道を渡るとすぐの林の中にあります。
カンカン照りの空、気温が高く湿度も高いので熱中症に要注意です。



IMG_2945.jpg




IMG_2946.jpg

展望台からの戦場ヶ原の景色。

林の中の道を戻って道路に出る直前、すさまじい音と悲鳴が聞こえました。
車とオートバイの衝突事故でした。
「救急車を呼んで」という声。
道路で座り込んで頭を抱えていたオートバイの若者は大丈夫だったでしょうか。
どちらに非があるのか分かりませんが事故は双方にとって不幸な出来事です。
気を引き締めて運転を。



続きます。


舞ちゃん、またね。

IMG_2795_20180812112441d62.jpg

舞ちゃん続き。
遊んでおやつ食べて・・・もう眠い^^。
キャットタワーのてっぺんでお休みタイム。



IMG_2799.jpg




IMG_2801.jpg




IMG_2805.jpg




IMG_2806.jpg




IMG_2807.jpg




IMG_2808.jpg

すっかりリラックス。
また来るね^^。
チラ見はしても玄関でのお見送りは無しでした(笑)。



〈 追加の2枚 〉

IMG_2911.jpg

今日13日、午後2時半過ぎ。
少し陽が落ちたら買い物にと思っていたら遠くで雷鳴。
台所の窓から外を見ると新宿ドコモビル方向の上空は真っ黒な雲に稲光。



IMG_2907.jpg

みるみる雷が近づいてきて、世田谷には大雨警報が出されました。
雨が通り過ぎた後には洪水警報。

毎日のようにどこかでゲリラ豪雨のニュース。
台風も次々発生しているようです。
気象情報には気をつけていましょう。