里山 初秋 続き

DSCF2311_convert_20140907214416.jpg

里山散歩を続けます。
私の好きな散歩道の1つです。

住宅地に隣接する林の中の昼なお薄暗い急坂を下ると狭い谷地に出ます。
畑や田んぼの他に休耕田も目立ちます。
丈高い雑草の中に咲き乱れるコスモス。
ヒマワリが1本ニョッキリと頭を出していました。



DSCF2319_convert_20140907202238.jpg

狭い谷地を抜けると気持の良い稲田が目の前に広がります。



DSCF2316_convert_20140907222251.jpg

ニラの花。



DSCF2323_convert_20140908001411.jpg




DSCF2349_convert_20140907200713.jpg

農道の林側を見れば至る所にクズ(葛)の花。
とんでもなく高い所からもぶら下がって咲いています。



DSCF2340a_convert_20140907202142.jpg




DSCF2322_convert_20140907202020.jpg

ひとつだけ見つけたヤマホタルブクロ。



DSCF2346_convert_20140907200633.jpg

カラスウリ。
今回見ることができたのは青い実ばかり。



DSCF2334a_convert_20140907200356.jpg

まだ初々しいガマ(蒲)の穂。



DSCF2327a_convert_20140907200309.jpg

ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)。



DSCF2312_convert_20140907200108.jpg

センニンソウ(仙人草)。



DSCF2357a_convert_20140907200751.jpg

水たまりに映る鉄塔。



DSCF2361_convert_20140908001453.jpg

ひときわ背高のっぽの草はオオアレチノギク?

来た道を引き返します。
陽の落ち方が早くなってきたことを実感。
まだまだ暑さがぶり返します。
でも確実に季節は移ろっています。
林の中からはアブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシの声。
もの哀しいいヒグラシのカナカナカナ・・・の声に思わず早足に^^。








スポンサーサイト

里山 初秋

DSCF2310_convert_20140906145443.jpg

久しぶりの里山です。
猛暑の8月、里山歩きもしないうちにとうとう9月になってしまいました。

東京からの帰り、電車の窓から見ると稲刈りの終わった田もあります。
歩かねばと重い腰をあげカメラを持って・・・。 (9月2日撮影)



昨日やっとパソコンに向かう気になり、どうにか自分のブログにたどり着きました。
撮り置いた写真もパソコンに保存でき
やれ嬉しやと張りきったところ・・・写真がアップロードできません。
 
初期設定のままなのでそのせいなのか勝手がわかりません。
昨夜は諦めて寝てしまいました。

今日は朝から格闘して先程やっとアップロードに成功。
今までとはまるで違う作業になってしまいややこしいことこの上なし。
早く元の状態に戻したいのですが自力では限界・・・。
何もかも人任せで設定してもらっていた付けがドカ~ンときています(*_*;

1枚だけアップしてみました。
 
続きます。



風は緑

RIMG0009_convert_20140514171710.jpg 

庭の花はちょっと一休み。

今日14日、久しぶりに里山最短コースを歩きました。
隣町まで買い物に。
水が張られている田んぼを写真に撮りたいとコンデジ片手に歩きます。



RIMG0007a_convert_20140514170620.jpg

白壁の長屋門を映している田んぼ。
笠をかぶって農作業をする人。



RIMG0008a_convert_20140514170734.jpg




RIMG0010a_convert_20140514171759.jpg 

農道に入るとこんなものが。
誰かのいたずらでしょうか。フジの蔓です^^。
荒地の向こうに見えるのは家庭菜園です。



RIMG0017a_convert_20140514173225.jpg

ハルジオンが咲き乱れ



RIMG0023a_convert_20140514172208.jpg

田んぼの土手にはアカバナユウゲショウが群生。



RIMG0021_convert_20140514172115.jpg

農道を抜けると静かな風景が目の前に広がります。
午前中に家を出たので田に映る影の位置が毎年のお気に入りと違うことに気がつきました。
影は午後からのほうが断然美しい^^。

何かバシャバシャと水音が・・・。



RIMG0018a_convert_20140514171957.jpg

音の主はどうもムクドリのようです。



RIMG0019a_convert_20140514172037.jpg

見ていると2羽が水田に飛び込んで水浴び。
トリミングしてみましたがピンボケです(>_<)



RIMG0024a_convert_20140514172956.jpg




RIMG0025a_convert_20140514172408.jpg

遠くには黄色い花、アヤメ?カキツバタ?



RIMG0028a_convert_20140514172458.jpg

ここでカメラが充電切れ。
予備を持たずに来たのであとはせっせと町まで歩きます。
林が切り開かれたところにはいつの間にか家が何軒も建ちすでに人も住んでいる様子。

私の住む市の周辺は宅地にするためにいくつもの丘が削られてしまい
木々は根こそぎなくなっています。

住宅地の中に雑木林を所々残すようにしたら
街の風景もずいぶん違ってくると思うのですが
開発会社にしてみればそうもいかないのでしょう。

そういうかつての新開発地に私も住んでいるのですが。





里山 大雪の跡

IMGP5205_convert_20140302141605.jpg 

前記と同じ日、久しぶりに歩いた里山の様子です。

住宅地のはずれから薄暗い坂道を降りていつものコースを行きました。
坂道の両側はたくさんの竹や木々が折れたり曲がったり無残な様子です。
先日の大雪のすごさがうかがえます。


IMGP5214_convert_20140302123102.jpg

ところどころにはまだ雪が溶けずに残っていました。



IMGP5217_convert_20140302124204.jpg

2本の梅の木。
一見花はまだのようですが、近寄ると・・・



IMGP5323_convert_20140302130121.jpg

ちらほらと花が咲き始めていました。



IMGP5216_convert_20140302123202_20140302124717b0d.jpg

近くの畑では紅梅が満開。



IMGP5221_convert_20140302123534_2014030212472270a.jpg

星の瞳。



IMGP5220_convert_20140302123302_2014030212472008a.jpg

ヒメオドリコソウ。



IMGP5289_convert_20140302125710.jpg

木洩れ日はどんな時でも心惹かれます。



IMGP5277_convert_20140302125340.jpg

冬枯れの土手。
枯草に日が当たって輝くさまは里山の風景の中でも大好きなものの1つです。



IMGP5270_convert_20140302125238.jpg

農道の林側の縁はいたるところで竹や木が切られていました。
大雪のせいで倒れた木々が道を塞いでしまったのでしょう。



IMGP5237_convert_20140302124103.jpg

タネツケバナ。



IMGP5241_convert_20140302124305.jpg

ハコベ。



IMGP5265_convert_20140302124407.jpg

ウスタビガの繭を見つけたところでは梅が満開。



IMGP5271_convert_20140302144131.jpg

繭の後ろの白いものが梅の花です。



IMGP5282_convert_20140302125438.jpg

目が洗われるような畑の緑。



IMGP5306a_convert_20140302130321.jpg

土手の上にネコヤナギを見つけました。
里山歩きでネコヤナギを見たのは初めてです。
花穂が終わった後では何の木なのか全く分からず、気にも留めなかったということですね><。

後ろは満開の梅。枝が地面についてしまっています。



IMGP5311a_convert_20140302130020.jpg

ところが よく見ると
花満開の太い枝がぽっきりと折れかかっていたのです。

これも大雪のせいだと思われます。

折れた後に必死に花を咲かせたのでしょう。
見事なまでの咲っぷりです。
来年は・・・と思うととても残念です。



IMGP5286a_convert_20140302125617.jpg

農道の途中から毎年咲いているロウバイを見るために
上の農地のほうへ上ってきたのですが 、満開にはまだ早くいまいち。

その代り、2羽のオナガがいました。
長い尾羽を優雅に揺らして飛ぶブルーの姿はそれは美しいものです。
残念ながらまごまごしているうちにいなくなってしまいました。






≪ おまけの2枚 ≫


IMGP5242_convert_20140302150805.jpg

逃げ足の速いテントウムシ^^。



IMGP5317a_convert_20140302151055.jpg

ミスジチョウのような青っぽい筋の入った蝶でした。


明日はお雛様。今日は冬が舞い戻ったような寒い雨の日曜日となりました。

里山 星の瞳

IMGP5229_convert_20140301210458.jpg 

昨日2月28日、朝からぽかぽかの陽気。
「星の瞳(オオイヌノフグリ)」に会いたくて久しぶりに里山歩きをしてきました。



IMGP5245a_convert_20140301211300.jpg




IMGP5256b_convert_20140301225605.jpg




IMGP5236a_convert_20140301211159.jpg




IMGP5249_convert_20140301211359.jpg




IMGP5226a_convert_20140301210802.jpg 







*** 木の枝に面白いものを見つけました。 ***


IMGP5274a_convert_20140301212127.jpg

ヤママユガ科のウスタビガの繭です。(薄手火蛾、又は薄足袋蛾)
手火とは提灯のこと。



IMGP5272a_convert_20140301212025.jpg

遠くからでも気がついたほどとても目立つ美しい色です。



IMGP5275_convert_20140301212212.jpg

地面にも1つ落ちていました。
さらに濃いグリーンです。
手に取ってみるとすっかり乾燥していて中は空っぽ。
初めて見ました。
嬉しい出会いです^^。


今日は3月1日、昨日とはうって変わって寒い日となりました。