FC2ブログ

風と歩く

category: 千葉県 匝瑳市 ボタン、フジ  1/1

牡丹と藤と  続き

牡丹の花の飯高(はんこう)寺の山門。牡丹を見に来た人たちでしょうか。普段は訪れる人もほとんどいないのではと思われる飯高檀林。(檀林とは僧侶の学問所のこと)うっそうとした杉木立。講堂。(飯高檀林)この裏に前出の牡丹園があります。講堂の脇を回っていくと牡丹の花の甘い香りがほのかに漂ってきました。講堂と裏の建物とをつなぐ渡り廊下手前からの眺め。渡り廊下の下をくぐって中に入ります。大木の根元に群生するホウ...

  •  6
  •  0

牡丹と藤と

  5月1日、千葉県匝瑳(そうさ)市にある飯高(はんこう)寺に牡丹を見に行ってきました。 飯高寺は飯高檀林(いいだかだんりん)跡のこと。 天正18年(1580)から明治7年(1874)にかけて法華宗(日蓮宗)の学問所があったところで 講堂、鼓楼、鐘楼などが廃檀時のまま保存されています。 その名跡を継いだのが今の立正大学だそうです。境内全体が県指定の史跡。 「飯高檀林跡を保存する会」の会員たちが 10...

  •  8
  •  0