笠森観音、御開帳

DSCF5495_convert_20141022101918.jpg

感動の横穴墓群を後に御開帳が始まった笠森観音に向かいました。
ここはすでに何度か訪れていますが、とても良いところです。

駐車場の向かいから長い石段を登っていくと山門に出ます。
この石段の長いこと・・・最初の難所を忘れていました(笑)。



DSCF5488_convert_20141022101711.jpg

途中には天然記念物の三本杉。



DSCF5489_convert_20141022101746.jpg

子授楠。



DSCF5493_convert_20141022101847.jpg

この楠の根元にある穴を潜ると子宝に恵まれるといわれています。
潜り抜けたあちらには観音様が^^。

帰り道、団体の年配者たちが次々潜り抜けようとしているところに出会いました。
1人が穴から出られなくなり助けを求めていましたが
お仲間たちは1人で出てこなくては御利益がないのよと声援を送るばかり。
私たちも見ていて大笑いしましたが・・・今更お子さんですかと内心(^-^)



DSCF5498_convert_20141022101949.jpg

山門をくぐると岩山の上に観音堂が現れます。
日本で唯一の「四方懸造」という建て方。



DSCF5513_convert_20141022102341.jpg




DSCF5504_convert_20141022102128.jpg

振り返れば・・・。75段の急な階段。



DSCF5505_convert_20141022102207.jpg

観音堂の最上階にある厨子の扉が開かれて
御本尊である十一面観世音菩薩が見られます。
午の年と丑の年に御開帳されるとのこと。

堂内は撮影禁止でしたので
御本尊の写真はありませんがとても優しいお顔でした。

784年に最澄が像を刻み山頂に置いたといわれています。
御開帳されても岩の上に立っておられる像は腰から上しか見られません。



DSCF5506_convert_20141022102239.jpg




DSCF5508_convert_20141022102310.jpg

回廊からは房総の山々が見渡せ気持ちの良い空間。
笠森自然林は昔の禁伐採だった森のうちの残存する部分。
国指定の天然記念物になっています。


この後小湊鉄道を線路沿いに
終点の「養老渓谷駅」まで行ってみようということになりました。
まずは「上総鶴舞駅」に向かいます。

続きます。






≪ おまけの2枚 ≫


7DSCF5569_convert_20141023125743.jpg

昨日今日と土砂降りの雨。
気温も低く寒い日が続いています。

今朝のマルバアサガオです。
根元に近いところで2個開きました。



7DSCF5570_convert_20141023125804.jpg

蔓の先には開きそうな蕾(^^♪








スポンサーサイト

ダム湖そぞろ歩き

RIMG0001a_convert_20141006235748.jpg

世田谷滞在中。撮り置いた写真です。

9月28日、ソバの花が10月上旬まで見られるという千葉県の情報誌を信じて
長生郡の長柄(ながら)町というところに行ってみました。

道々ソバ畑は一つも見当たりません。
不思議に思いながら「道の駅ながら」へ。

ここでついつい新鮮な野菜を購入。
レンコン、サトイモ、ナス、ピーマン
インゲン、トマト、ゴボウ、イチジク、ホウレンソウ。
昼食用に太巻き寿司(県の郷土料理の花寿司)、お赤飯、草もち、餡ころもち(笑)。

でも野菜は朝とれたて新鮮そのものです。
美味しくてもっと大量に買いこめば良かったと後悔するほど。
店内も観光客らしい人たちでにぎわっていました。

ここでソバ畑の情報を仕入れましたが、「お蕎麦屋さんですね」と念押しされました。
はてなと思いつつ・・・



DSCF4395_convert_20141005205607.jpg

言われたとおり行ってみると蕎麦屋さんがありました。
中に入って聞いてみると
自分の畑でソバを栽培し、収穫し、製粉し、蕎麦を打つというお店で
情報誌に載っていたのはそのソバ畑のことでした(*_*;

3万坪というソバ畑の中にお店はありました。
ソバの花はすでに刈り取られた後でした><。
私ども夫婦は時々というか・・・いつもというか・・・こういうドジをいたします^^。

お蕎麦にも興味がありましたが、お弁当を買っています。
またの機会ということで長柄ダムに向かいました。

湖の中に長柄揚水機場が見えます。



DSCF4409_convert_20141005205638.jpg

お昼をすませてダム湖の周りをぶらぶら歩き。
散策コースにはAとBとがありましたが、短いAコースを選びます。

房総半島には大きな水源がありません。
そこで利根川の水をこの地に運ぶ房総導水路が作られました。
長柄ダムはそこに造られたダムの1つ。
その調整池、ダム湖の一部がこの市津湖と呼ばれている湖です。



DSCF4508_convert_20141005205909.jpg

ダムの中の浮きの上にはたくさんの鵜や鴨が羽を休めています。
白サギが1羽。



DSCF4498_convert_20141006234325.jpg




DSCF4515_convert_20141005210025.jpg

このダム湖の堤はリップラップといって
波浪などによる浸食を防ぐために石が張られています。
石は茨城県筑波山系の花崗岩とのこと。
右下の影は私^^。



DSCF4539_convert_20141005210417.jpg

市津湖を横断する橋。



DSCF4543_convert_20141007190154.jpg




DSCF4542_convert_20141005210230.jpg

橋の左側の湖には工事中との札がありゲートが閉まっていました。
でも人の姿がありましたから別の場所からは入っていけるのでしょう。
入り組んだ岸が湖面の色を複雑に見せています。
歩いてみたくなります。



DSCF4541_convert_20141005210156.jpg




DSCF4528a_convert_20141007000401.jpg

ダム湖を見下ろす道の反対側は荒地。
爽やかな風に揺れるススキ。
湖の周辺は桜の木が多いので、春はお花見でにぎわうのでしょう。



DSCF4530_convert_20141005212758.jpg

9月の末とは言うものの、日差しはかなり強く真夏のようでしたが
木陰に入るとひんやりと気持ちがよくやはりもう秋の気配。



DSCF4457a_convert_20141006235303.jpg

ゴンズイ。


DSCF4467a_convert_20141006235336.jpg

コブシ(辛夷)。


DSCF4460_convert_20141005210635.jpg

ホオ(朴)。
他にも赤い実の生る木や
名前のわからない青い実やミツバアケビの実など。


DSCF4567_convert_20141006233756.jpg

シラサギの他にもアオサギ。
遠くの岸にいたのを思いっきりトリミング。


DSCF4450a_convert_20141007154118.jpg

まだ美しい色を残していたヤマアジサイ。


DSCF4581_convert_20141005211150.jpg

飛び交うチョウやトンボ。


DSCF4579_convert_20141005211123.jpg



DSCF4564_convert_20141005210927.jpg



DSCF4503_convert_20141005210848.jpg

初めて見た「コシオガマ」の花。
調べても分からないしピンボケだしボツかなと思っていたら
訪問させていただいた先のその日のブログに載っているではないですか!!!
運の良さに大喜び。感謝です^^。

改めて調べていた図鑑を見直してみたらちゃんと載っていました。
花の色別でも探したのに(>_<)



DSCF4393_convert_20141007185839.jpg

ソバの花が縁で(笑)始めて訪れてみましたが
この長柄ダム周辺は静かでとても良いところでした。

長々見ていただき有難うございました。