FC2ブログ

風と歩く

category: 富山県  1/3

富山県への旅 八尾そして富山市

八尾、石垣の町続きます。禅寺坂。対岸からみると一面の石垣のように見えますが実際には石垣には小路が結構あります。見上げると崖の上の家々に向かっているように見える小路があります。小路の中には私道もあるのでしょうか。聞名寺(もんみょうじ)方向へと上って行きます。石段途中から見た風景。上りきると目の前が聞名寺。浄土真宗本願寺派桐野山聞名寺。正応3年(1290)、本願寺代3世覚如上人が北陸巡行の際に建立。八...

  •  -
  •  -

富山県への旅 八尾 ②

「おわら風の盆」、9月1日から3日まで町中が観光客であふれかえります。だいぶ昔になりますが1度だけツァーに参加して「おわら風の盆」に来たことがあります。その頃は今と違って2日間のみでした。運よく私の参加した日はお天気に恵まれ十分堪能できましたが前日に参加した人たちはあいにくの雨でおわらは中止となり見ることはできなかったそうです。「風の盆」・・・八尾は地形的に強い風が吹く町。9月1日は台風のシーズン...

  •  -
  •  -

富山県への旅 八尾 ①

20日、高岡のホテルをチェックアウトし富山に向かいます。富山駅のコインローッカーに余分な荷物を預けJR高山本線で越中八尾駅下車。駅からタクシーでとりあえず「越中八尾観光会館」まで行ってもらいます。そこで休憩しつつ八尾を紹介しているビデオを見たり、常時展示してある八尾曳山3台を見物。ここはなりひら通り。おわらを踊る女性の姿。さてどっち方向へ行きましょうかと相談中。足もとにいたワン、とても愛嬌のある顔を...

  •  -
  •  -

富山県への旅 高岡「御印祭」

高岡鋳物発祥の地、高岡市金屋町の基礎を築いた加賀藩2代藩主前田利長公を偲ぶお祭り。この御印祭(ごいんさい)は利長公の命日に合わせて毎年6月に開催。保育園の園児を先頭に町流しがスタート。たたら唄「弥栄節(やがえふ)」に合わせて男子は青竹。女子は手拭いを持ち鋳物師の仕草を表す踊りを披露。「弥栄節」は鋳物師が地金を溶解させるときに唄ったもの。板戸(いたど)と呼ばれる職人たちが夜通し「たたら」といわれる大型...

  •  -
  •  -

富山県への旅 城端線 ③

井波別院瑞泉寺続きです。北陸最大級の伽藍。明徳元年(1390)、北陸の浄土真宗の中心として建立。本堂は幾度もの焼失を経て明治18年(1885)に再建。勅使門の「獅子の子落とし」をはじめ井波彫刻の粋が集結。先に訪ねた善徳寺とよく似ていますがさらに巨大です。拝観受付。木彫の町らしくここにも彫刻。トイレの看板まで^^。受付から山門を。雨がだいぶ降ってきました。本堂。境内の外。美しい長い石垣。この石垣に沿っ...

  •  -
  •  -