百草園 吊るし雛

24_convert_20170220123053.jpg

梅まつりに合わせて吊るし雛が展示されていました。
どれもこれも驚くほどオリジナル性に富んだ素晴らしい作品。

今までも旅先で吊るし雛を見たことはありますが
展示の仕方もあるのでしょうか、これほど親近感を持って見たことはありません。
1つ1つ写真に撮りたいほど可愛らしいものでしたが夥しいほどの作品数。



25_convert_20170220123137.jpg




26_convert_20170220123203.jpg




28_convert_20170220123247.jpg




27_convert_20170220123224.jpg




29_convert_20170220123313.jpg

干し柿とその奥には風鈴。



30_convert_20170220123355.jpg

木の枝にはたくさんの可愛らしい蓑虫。
表情がなんとも言えません^^。



35_convert_20170220123546.jpg

雄鶏さんもとてもリアルでしかも愛嬌たっぷり。
着物地の使い方も素晴らしいです。



31_convert_20170220123415.jpg

蓑虫の下の縁台には手ごろなお値段で買えるものがありました。
どんぐりの傘を利用した可愛らしい花の蕾のついた枝を2本購入^^。



ac_convert_20170221091949.jpg




37_convert_20170220123636.jpg




34_convert_20170220123517.jpg

お雛様から小さなものに至るまで何もかも全て着物地で作り上げられています。
どんなに派手な色使いでも着物地だからこその嫌味のない飽きの来ない風合いです。



38_convert_20170220123657.jpg




33_convert_20170220123453.jpg




36_convert_20170220123614.jpg




a_convert_20170220123724.jpg

蓮の実を応用して。

蓮の実なら私も持ってるなぁ~(笑)。
見ればなるほど私にもできると思いそうになりますが
真似はできるかもしれませんがアイディアは早々生まれてはきません。
素晴らしいものを見せていただいたとほっこりした気持ちに満たされました。




〈 おまけの2枚 〉

21_convert_20170220122920_2017022012405757a.jpg

来た道を帰らず切通しが残っている道を行ってみることにしました。

林から飛び出してきた野鳥。
3羽続けて飛び出してきたのですがその歩き方の早いこと。
私有地なので立ち入るわけにいかず行く先を確認できず><。



22_convert_20170220123009_20170220124059923.jpg

帰宅して調べてみたらコジュケイでした。
チョットコイチョットコイと鳴く鳥。
名前も鳴き声も知っていましたが見るのは初めて。

この辺りは丘陵地帯の面影が色濃く残っています。
切通しを降りて野猿街道(電信柱にプレートが)に出ました。

野猿峠・・・昔ハイキングで延々と歩いたところです。
あっという間に開発されて道もとぎれとぎれになってしまいましたが今はどうなっているのやら。
でも「野猿」という懐かしい名前が残されていたので嬉しくなりました^^。

急に思い立って出かけてきたのですが心豊かな時間を過ごせました^^。

長々とご覧いただき有難うございました。
終わります。












スポンサーサイト

京王百草園

1_convert_20170220115745.jpg

19日(日)、朝から上天気。
京王百草園(もぐさえん)の梅まつりに行ってきました。

百草園は去年9月に訪れていますのでカテゴリ「日野市」をご覧いただけければと思います。
ここでは主に花と開催中の吊るし雛についてアップします。



9_convert_20170220120255.jpg

蝋梅もまだきれいに咲いていました。
周りを囲む梅たちに負けじとほのかに香っています。



7_convert_20170220120037.jpg

「思いのまま」のような遅咲きの梅はまだ咲いていませんでしたが
白梅紅梅が咲きほこり園内はとても華やいだ雰囲気。



2_convert_20170220115805.jpg




3_convert_20170220115845.jpg




4_convert_20170220115906.jpg




8_convert_20170220120234.jpg

土手には早くもトウの立ち始めた蕗の薹。



11_convert_20170220120424.jpg

雪が似合いそうな福寿草も開花。



10_convert_20170220120401.jpg

松連庵の前の梅の古木「寿松梅」。



12_convert_20170220120445.jpg




14_convert_20170220120524.jpg

猪まん。
味噌味の肉まん、ふかし立ての熱々をいただきました^^。
隣では御嶽汁が湯気を立てていましたが
どちらも青梅市御嶽山(みたけさん)の名物のようです。



15_convert_20170220120547.jpg

標高140mの見晴らし台からの景色。



17_convert_20170220121116.jpg

遠く東京タワーや



16_convert_20170220120615.jpg

東京スカイツリーを望むことができます。



19_convert_20170220122841.jpg

雪吊りのある風景。



IMG_6261a_convert_20170220143152.jpg

池に映る影。
梅の花びらが水面に浮いています。



20_convert_20170220122900.jpg

マンサクの大木。



23_convert_20170220123029.jpg

マンサクの木の前には布製の風鈴。
これなら風が吹いても音がうるさいなどと苦情も出ることなく素敵です^^。

次回は吊るし雛の数々を。
続きます。



午前中はお天気が良かったのですが今は雨が降り出しそうな暗い空になっています。
春2番と言われるほどの強風が吹いています。
鳥取砂丘では雪解け水でオアシスができているというびっくりなニュース。





花散歩 ③

a_convert_20160930185044.jpg

百草園から一度外に出て道路沿いに歩いてみます。
百草八幡宮です。



b_convert_20160930185121.jpg

鳥居の脇の昔ながらの狛犬と比べると何となく可愛らしい風貌で現代風です。



26_convert_20160930185216.jpg

八幡宮境内からの百草園入り口。
ここも受け付けは無人。
再入園はチケットを・・・とありますが今の時期誰でも通り抜けできそうです。



aIMGP1593_convert_20160930191553.jpg




c_convert_20160930185247.jpg

八幡宮を出て「七生丘陵散策路」「百草台自然展望台」という標識。
どこを指しているのかわからなかったのですがとりあえず脇の山道に入ってみました。
片側崖下は住宅地、片側が丘陵。
ハナタデ(ヤブタデ)が小さな花を咲かせています。



d_convert_20160930185313.jpg




aIMG_1605_convert_20161002160736.jpg

地味な花ですがよく見れば薄らとしたピンクがとても可憐です。



aIMG_1607_convert_20161002141136.jpg

赤いミズヒキの近くには白い花のミズヒキも。



f_convert_20160930185345.jpg

季節がらどこを歩いてもキンモクセイの香りが漂ってきますがここにも大木が。



g_convert_20160930185414.jpg

どこまで歩けばいいのか・・・この辺で引き返すことに。

「ちかんに注意」とか「ハチが飛んでいるから注意」とか張り紙があります。
ハチはスズメバチということで恐ろしいので早足で歩きます。
痴漢はどうなのと言われそうですが(笑)。

後で調べてみるとこの山道は百草八幡宮の裏山に当たりこの辺りを朝日山緑地。
どの山よりも朝日が輝いたことから朝日さん、朝日様と呼ばれていたとのこと。



h_convert_20160930185507.jpg

途中からの眺め。



i_convert_20160930185534.jpg

赤い大きなキノコ。
ちょうど日が当って影が模様のように。



j_convert_20160930185612.jpg




k_convert_20160930185638.jpg

再び道路に出て百草園駅を目指しましたがこの看板にひかれて脇道へ。

桝井とはかつて大木の根元から湧き水(今は枯れている)が湧いていたことから付いた名前。




l_convert_20160930185705.jpg

坂道の途中にあった大木にひかれてカメラを構えた途端何かがバサバサと木の根元に飛んできました。
やみくもに根元をめがけてシャッターを切りましたが・・・・



m_convert_20160930185734.jpg

思いっきりトリミングしてみました。
ヤマガラでしょうか。
カメラを構えた方向に来てくれるなんてピンぼけ写真とはいうものの何という幸運。
この道に入ってきたことがそもそもラッキー^^。



n_convert_20160930185808.jpg

道を下った先の民家の入り口に今を盛りと咲いていたシオン。



o_convert_20160930185852.jpg

さらに下って突き当たったところに見事なピラカンサの茂み。



s_convert_20160930185934.jpg

この辺りからの記憶がちょっとあいまいです。
振り返ったら開けた場所に1本の柿の木が見えたので行ってみました。
下の道沿いにはトウモロコシ畑(?)があり住宅地へとつながっています。
電車の走る音も聞こえたような・・・。



v_convert_20160930190002.jpg




u_convert_20161001095259.jpg

少し高台になっているところには碑と彼岸花。



aIMG_1625_convert_20160930190317.jpg




r_convert_20161001095213.jpg

彼岸花目的の花散歩が彼岸花で終わることができました^^。
後はあの長いだらだら急坂を下りて駅まで。
長々と見ていただき有難うございました。            

















花散歩 ②

1_convert_20160930093841.jpg

松連庵の前に色美しく実をつけていた小紫。
ちょうど日差しもあって光り輝いていました。



27_convert_20160930093924.jpg




2_convert_20160930093859.jpg




28_convert_20160930093945.jpg




6_convert_20160930094240.jpg




5_convert_20160930094031.jpg




19_convert_20160930100317.jpg

心字池。



7_convert_20160930094302.jpg




9_convert_20160930094329.jpg

名残のアジサイ。



10_convert_20160930094349.jpg

池に沿って道を上っていくと秋を思わせる野草がひっそりと咲いています。
シュウカイドウ。



16_convert_20160930101856.jpg

一ヶ所だけシュウカイドウが群れて咲いていました。



11_convert_20160930094415.jpg

ヤブラン。



12_convert_20160930100207.jpg

ミズヒキ。



14_convert_20160930100226.jpg

洋種ヤマブドウ。



17_convert_20160930100251_20160930101136c14.jpg

ヤブミョウガ。
青黒い実をつけているものもありました。



21_convert_20160930100403.jpg

展望台を目指して足元に気をつけて上ります。
ここで転んで動けなくなっても人っ子ひとりいません^^。



30_convert_20160930112638.jpg

展望台からの景色。
もっと晴れていれば新宿方向、東京スカイツリーもよく見えるとのこと。
松連庵の広場からは筑波山も望めるようです。

手前の煙突は杉並区の清掃工場とのこと。
余談ですがこの清掃工場は住宅地のど真ん中にあります。
以前この前を歩いて通ったことがありますが住宅地に焼却炉があるのに驚きました。



32_convert_20160930112739.jpg

丸テーブルとイスがあるだけの狭い展望台ですがここで休憩。
足元にはキノコ。



22_convert_20160930100437.jpg

目線の先には木洩れ日にひときわ美しいカエデの葉。

座っていると蚊が寄ってきましたが
アルコールの臭いを蚊が嫌うらしいという知ったばかりの情報を信じて
持ってきた消毒用アルコールウェットティッシュで足から腕から拭いてみました。
乾いたらまた拭きを繰り返してみたところほとんど蚊に食われませんでした。
即席には良い方法かもしれません^^。

次回は百草八幡宮とその近辺を。


















花散歩 ①



京王線百草園駅で下車。
日が差し始めて蒸し暑くなってきた中を歩きます。
百草園への坂道の入り口にお地蔵様。

柱の正面の注意書きにびっくり。
お地蔵様のこんなところに?
そんな罰当たりな人がいるのでしょうか。
こんな注意書きが必要だなんて犬を飼う人の良識を疑ってしまいます。



IMGP1524_convert_20160928223238.jpg

かなり急な長い長い坂道を上って行くと百草園の入り口に着きました。
入口からもう石段です><。



aIMGP1525_convert_20160927194102.jpg

平日でしかも花のシーズンではないので受け付はしまっていました。
入園料300円は設置してある箱に。
お釣りの必要な人は松連庵までと張り紙。



4_convert_20160928102719.jpg

まず出迎えてくれたのが萩の花。
子供の頃だったか、訪れた時の記憶で唯一残っているのがこの萩の花です。
私にとって百草園=萩の花。
それも萩のトンネル・・・イメージがどんどん膨らんでしまったのかも^^。



6_convert_20160928102756.jpg

燃えるような彼岸花が出迎えてくれました。



7_convert_20160928102811.jpg




aIMG_1577_convert_20160927194043.jpg




12_convert_20160928103009.jpg

園内の道はほとんどが段々か坂道。
「足元に注意」の立て札が至る所に立てられているほど上るしかない道です^^。
上ったからにはもちろん帰りは下りなくては・・・。



11_convert_20160928102944.jpg




8_convert_20160928102828.jpg

美しい色を保ったままの紫陽花。



d_convert_20160928103144.jpg

ひっそりと慎ましやかな東屋。



e_convert_20160928104237.jpg

さらに上っていくと萱葺屋根の松連庵が。

パンフレットによると
江戸時代享保年間、小田原城主大久保の室であった寿昌院慈岳元長尼が
徳川家康の長男、信康追悼のために松連寺を再建。
その後時代を経て作られたのがこの百草園。



14_convert_20160928103253.jpg




a_convert_20160928103044.jpg

寿昌梅(寿昌院自らが植樹したと伝えられている)の根元にも彼岸花。



b_convert_20160928103406.jpg




15_convert_20160928103320.jpg




16_convert_20160928103511.jpg

庵の前にはつややかな実をつけた小紫が。

次回に続きます。