雪と温泉 続き

21_convert_20170315110255.jpg

清々しい景色。
風がないので寒さも殆ど感じません。



23_convert_20170315110345.jpg

雪に埋もれた電信柱^^。



24_convert_20170315110407.jpg




26_convert_20170315110454.jpg

なが~い氷柱(つらら)。
武器になりそう^^。



28_convert_20170315110545.jpg




29_convert_20170315110609.jpg

歩こうなんて物好きは私たちのほかにはいないようです^^。



30_convert_20170315110629.jpg




32_convert_20170315110730.jpg

氷柱の面白さ。



37_convert_20170315111042.jpg




38_convert_20170315111101.jpg

氷柱の中の結晶。



39_convert_20170315111124.jpg




33_convert_20170315110808.jpg

万座プリンスホテルまで来ました。
ホテル敷地内からスキー場のリフトを。

近くにあるという牛沼に行くつもりだったのですが
ホテルの方に道を聞くと雪で埋もれているのではないかと^^。
さもありなんと納得です(笑)。



34_convert_20170315110831.jpg

スノーボードの人。
見る見るうちに斜面を遠ざかっていきました。



35_convert_20170315110901.jpg




36_convert_20170315111010.jpg

マンツーマンでスキーのレッスン。



40_convert_20170315111149.jpg

引き返します。
雪に埋もれる「日進館」の看板。



41_convert_20170315111212.jpg

宿に戻り冷えた身体を温めようと露天風呂「極楽湯」へ直行。
その前に湯畑を見てみようと小屋の脇の道を行ってみましたが何やら大きな声が響いてきます。
「硫化水素の濃度が非常に濃くなっているので直ちに退避するように」とのアナウンスでした。
露天風呂からも湯畑は見えるのですが、気のせいか硫黄の匂いが昨日よりも濃く感じました。

入浴後ホテル内で昼食。
そのあと残りの時間を控えの部屋に戻ってのんびりすることに。
部屋では寝転ぶ人や談笑する人・・・。
娘はこの後もう1度温泉に、私は読書(半分居眠り)です。



42_convert_20170315111235.jpg

バスに乗り込む頃には日が差し始め雪解け水が春の小川のようです。

1泊の旅でしたがとても充実した時間。
こんなに何回もお風呂に入ったのは初めてです。
温泉地に行っても大抵は何度も浴場に通うのが面倒になってしまうのですが
観光する所もなく温泉しか楽しみがないとなれば何度でも入れるものだと妙なところに感心しました。

5月までは雪の状態が続くとのこと。
芽吹くころ訪れればまた違った雪の雰囲気が楽しめることでしょう。


ご覧いただきありがとうございました。
終わります。












スポンサーサイト

雪と温泉

1_convert_20170315095100.jpg

新年早々入院手術の羽目となった娘を慰労すべく2人で温泉に行ってきました。
忙しい娘のスケジュールに合わせて13~14日の1泊。
せっかく行くのに1泊ではもったいないというと雪以外何もないからと(笑)。



2_convert_20170315095120.jpg

娘の慰労とは名ばかりでお膳立ては娘任せ。
新宿都庁ビルの大型駐車場から出発する宿への直行バスで約4時間半。
宿の玄関まで行ってくれるのでとても楽です。

そこら中からぶら下っているつららが珍しくてわくわくします^^。



4_convert_20170315095220.jpg

チェックインまでまだ少し時間があるのであたりをぶらぶらします。
「穴に落ちます」がおかしくてゲラゲラ。



5_convert_20170315095235.jpg

雪の深さがわかります。



6_convert_20170315095256.jpg

前方右側に小さな小屋。



7_convert_20170315095311.jpg

え~これがと驚きますがここが露天風呂「極楽湯」の入り口。



8_convert_20170315095330.jpg

宿から80mとありますがここからの眺望がすばらしいとのこと。



9_convert_20170315095350.jpg

脇から覗くと・・・



10_convert_20170315095437.jpg

この道を行くと湯畑に行けるようですがチェックインの時間があるのでひとまず宿へ。



12_convert_20170315105946.jpg

部屋へ行く途中の小部屋に展示されていた古い木製のスキー。



13_convert_20170315110005.jpg

部屋からの眺望。



14_convert_20170315110023.jpg

宿の名前は「万座温泉日進館」(旧万座温泉ホテル)。
明治時代からの老舗です。

たった1泊なのでせめて部屋は良いところをと新館の「湯房」を選びました。
広々して居心地の良い部屋でした^^。
特に水回りの広さは快適でコンセントの数の多さにもびっくり。

この日は温泉三昧。
全部で貸し切り風呂を含めて9つの温泉があるのでまずは温泉巡りのできる「長寿の湯」へ。
最古の温泉で湯治場の雰囲気をそのまま残しています。

ここでは露天風呂をはじめ6つの温泉を楽しめます。
経験したことのないほどの湯けむりで近くまで行かないと湯船に人がいるのも分からないほど。
硫黄の匂いと乳白色の湯、いかにも温泉らしい温泉です。
係の方が湯温を確認に回っていました。

次は明るいうちにと先ほど偵察してきた「極楽湯」へ。
宿の長靴を借りて歩きます。

写真撮影禁止が残念なほど素晴らしい露天風呂。
ちらちら舞い下りる雪の冷たさを顔や肩に感じながら極楽極楽^^。



15_convert_20170315110056.jpg

廊下から見たつららの長さ!!!

食事はバイキング。
品数がとても多く地元の食材を使ったとてもヘルシーなお料理。

口コミを読むと
宿の評価が食事も含めてピンキリなので一体どんな宿なのかと興味津々でしたが
きっと徐々に改善も進み今も進化の途上なのかも^^。
スタッフは皆(外国人も含め)とても気持ちのよい応対でしっかり教育されていると感じました。

バイキングとは思えないほど静かでゆったりした雰囲気。
満足して外に出ると席待ちの人たちが大勢でびっくりしました。
でもせかされるような雰囲気を少しも感じなかったのでこれも良かったです。

夜は「湯房」に併設されている温泉「万天の湯」へ。
ここは宿泊客のみの利用になります。

ここで四国から温泉ツアーで来たという方とおしゃべり。
飛行機で羽田へ、そこから2泊3日で温泉巡りとのこと。
わざわざ四国からと驚きましたが余程の温泉好きでいらっしゃるのか
明日は5時起きして温泉につかって7時過ぎには草津に向かうのよととても楽しそうでした^^。



16_convert_20170315110116.jpg

翌14日、チェックアウトは10時。
起床後「万天の湯」に入り、ヘルシーな朝食をバイキングで。

新宿行きのバスは午後3時出発です。
それまで控えの間に荷物を置いてそれぞれ思い思いに時間を過ごします。

せっかくなので周りを少し歩いてみることにしました。



17_convert_20170315110139.jpg

雪の深さに驚きながら道なりに歩いてみます。



19_convert_20170315110216.jpg

孤独なカラス^^。



20_convert_20170315110235.jpg

トレッキングシューズなので雪道も安心して歩けます。
用心のため簡易カンジキも持ってきたのですが(笑)。

続きます。