FC2ブログ

風と歩く

category: 北海道  1/11

世界遺産知床半島への旅 完

釧路湿原を歩いた後ノロッコ号に乗ります。JR釧路駅発11時06分~塘路駅11時54分着。指定席でのんびりと車窓の景色を楽しみました。出発前、車内から。岩保木(イワボッキ)水門。アイヌ語のイワ・ポキ(山の下)から。人工河川の新釧路川と旧河川の釧路川の分岐点にある水門で新旧2つが並んでいる。写真は新水門。旧水門は釧路川の洪水による釧路市街への被害や港湾の土砂の堆積を防ぐ目的で大正9年の大洪水をきっかけに...

  •  4
  •  -

世界遺産知床半島への旅 ⑨

8月4日、朝8時前には出発して釧路湿原(ラムサール条約登録湿原)へ。ネイチャーガイドさんが2人(ご夫婦)同行で2組に分かれて湿原を歩きます。ウバユリの花のあと。キツリフネ。早くも湿原に咲く植物への期待が高まります^^。ビジターセンターへの木道。オオバナノエンレイソウ、 花のあと。ホザキシモツケがそこら中に咲いていましたがまだ美しい色をとどめていました。アキタブキ。このフキは初日の女満別空港からバス...

  •  2
  •  -

世界遺産知床半島への旅 ⑧

野付半島から納沙布岬へ向けてバスが走り出してからしばらくしてオジロワシ発見。尾が白いのがかろうじてわかります。この後何回か見ることができましたが走るバスの中からです。きちんと撮れなかったのが残念><。以下車窓からの景色が続きます。冬はどんなに寂しいかと思われる浜の風景。白い枯れ木はナラワラ(ミズナラの木)。トドワラと同じように土地の沈下により潮水が入り立ち枯れたもの。いっせいに舞いあがったカモメ。...

  •  0
  •  -

世界遺産知床半島への旅 ⑦

ハマフウロ。可憐な花々が野付半島の砂嘴の道の両側を彩っています。クサフジ。ノコギリソウ。エゾカワラナデシコ。エゾノサワアザミ。白い花は? 花の特徴からエゾキヌタソウ?ナガボノシロワレモコウ。ナミキソウ。ウツボグサ。エゾシシウド?  オオハナウド?トラクターバス「トドワラ号」。歩いている私たちの脇の専用道をのんびりと進んで行きました^^。ナガボノシロワレモコウ。ハマナス。アキノキリンソウ。見たことが...

  •  2
  •  -

世界遺産知床半島への旅 ⑥

フレぺの滝を後にして野付半島に向かいます。気持ちの良い広々とした牧草地が続きます。更新再開いたします。困った時の娘頼み、娘の助言で 〈CardReader〉 をネットで注文。ほかの部分は今のところ正常なのでとりあえずの処置。修理に出せば時間も修理代もかかると思うので当分このカードリーダーを便利に使うことにしました。上の矢印は道路の両側にあって道路の道幅を示すもの。雪に道路が埋もれてしまっては危険極まりないこと...

  •  2
  •  -