世界遺産知床半島への旅 完

34_convert_20170829180801.jpg

釧路湿原を歩いた後ノロッコ号に乗ります。
JR釧路駅発11時06分~塘路駅11時54分着。



35_convert_20170829180826.jpg

指定席でのんびりと車窓の景色を楽しみました。



36_convert_20170829180854.jpg

出発前、車内から。



38_convert_20170829180955.jpg

岩保木(イワボッキ)水門。
アイヌ語のイワ・ポキ(山の下)から。
人工河川の新釧路川と旧河川の釧路川の分岐点にある水門で新旧2つが並んでいる。
写真は新水門。

旧水門は釧路川の洪水による釧路市街への被害や港湾の土砂の堆積を防ぐ目的で
大正9年の大洪水をきっかけに昭和6年に完成。

元々木材を運搬するためのものでしたが
釧網本線開通のためその役割を担うことなく完成後一度も開けられたことがない開かずの水門。



IMG_6770.jpg

残念ながら旧水門が写っていません。
調べてみると木造のとても趣のある建造物です。
個人で行くことがあればぜひ見てみたいものです。



39_convert_20170829181018.jpg

あまり湿原の中を走っている感じはありません。
きっと空から見たら広大な湿原を走るノロッコ号は素敵な絵になっているのでしょう。
車窓から見る景色は湿原というよりただの雑木林が続いているかのようです。



40_convert_20170829181048.jpg

川が現れてやっとそれらしくなってきました。



41_convert_20170829181118.jpg

しばらく釧路川に沿って走ります。



42_convert_20170829181154.jpg




43_convert_20170829181251.jpg




44_convert_20170829181321.jpg

カヤックを楽しむ人々。
ノロッコ号に手を振ってくれました。
私も川から走るノロッコ号を見たかった^^。



45_convert_20170829181349.jpg




47_convert_20170829181451.jpg

塘路駅。
全体を撮りたかったのですが小さな駅に大勢の人・・・



46_convert_20170829181411.jpg

回収される切符でしたが駅員さんに交渉して記念にいただきました^^。



48_convert_20170829181523.jpg

ノロッコ号は何となく夢がありそうで期待していたのですが
車内からでは日本一という湿原の規模を感じることができずちょっと残念。
途中下車してビューポイントを訪れてみるとまた印象が違ったことでしょう。


*** カヤックとカヌーはオールの種類が違うそうですがブログではカヤックで統一しています。 ***



49_convert_20170829181545.jpg

塘路駅で待っていたバスに乗り空港へ急ぎます。
途中何度もタンチョウヅルがいるとガイドさん。
でも反対側の車窓だったので一度も確認できず。
あきらめていたらやっと私の座る席の側にツルの姿を見ることができました。



50_convert_20170829181611.jpg




51_convert_20170829181638.jpg

トリミングしてみるとかろうじてタンチョウヅルの特徴である赤い頭が写っていました。
すぐ近くにヒナがいると言われましたがどう目を凝らしても残念ながら分かりませんでした。

でもこれでシマフクロウを除いて大体の動物は見たことになります。
現地ガイドさんもお客様たちは本当に運が良いですよと何度も言っていました(笑)。



52_convert_20170829181713.jpg

釧路フィッシャーマンズワーフMOOで各自自由に昼食。
時間が限られているので私たち2人は最初から海鮮と決めて行動^^。
具もたっぷりで大変美味でした♪

残りの時間で買い物。
この季節にしか手に入らないという花咲ガニを千葉の留守宅に宅配。
冷凍ではなく生なので新鮮が何より。
本当は毛ガニが一番好きなのですが今の時期だけというのに誘惑されて(笑)。

訂正です。花咲ガニを宅配したのは納沙布岬の鮮魚店からでした><。



53_convert_20170829181737.jpg

バタバタと気ぜわしい最後でしたが無事「たんちょう釧路空港」に到着。
最後の大物、シマフクロウが出迎えてくれました^^。

羽田空港には17時に着。
3泊4日の旅でしたが時間的にも比較的ゆとりがあり充実したスケジュールでした。

寒くもなく暑くもなく(7月中は本州より気温の高い日があって大変だったとか)
曇ってはいても雨は降らず傘の出番は一度もなし。
変化にとんだとても楽しい旅でした。


長々とご覧いただき有難うございました。
できるだけ調べなおしてみましたが間違いなどあるかと思います。
気が付かれましたらお知らせください。

終わります。









スポンサーサイト

世界遺産知床半島への旅 ⑨

1_convert_20170829171328.jpg

8月4日、朝8時前には出発して釧路湿原(ラムサール条約登録湿原)へ。
ネイチャーガイドさんが2人(ご夫婦)同行で2組に分かれて湿原を歩きます。



2_convert_20170829171351.jpg

ウバユリの花のあと。



3_convert_20170829171409.jpg

キツリフネ。
早くも湿原に咲く植物への期待が高まります^^。



4_convert_20170829171449.jpg

ビジターセンターへの木道。



5_convert_20170829171515.jpg

オオバナノエンレイソウ、 花のあと。



6_convert_20170829171642.jpg

ホザキシモツケがそこら中に咲いていましたがまだ美しい色をとどめていました。



7_convert_20170829171711.jpg

アキタブキ。
このフキは初日の女満別空港からバスで移動中にも道端や林の中など至る所で見られましたが
現地ガイドさんによると道端などに生えているフキは固くて食用にはならないとのことでした。



8_convert_20170829175554.jpg




9_convert_20170829175615.jpg

白い花は毒ぜり。
この花に混ざってトウヌマゼリも少しありましたが葉の形が違いました。
花だけではとても見分けがつきません。



55_convert_20170829181823.jpg

毒ぜり。



10_convert_20170829175641.jpg

往復2時間くらい歩きますからビジターセンターでトイレをすませます。
木道からビジターセンターを見上げて。



13_convert_20170829175816.jpg

ツリフネソウ。



12_convert_20170829175753.jpg

ミゾソバ。



11_convert_20170829175730.jpg

底なし沼だということです。
ネイチャーガイドさんがその場に備えてあった竹棒を沼にさして深さを示しています。
こういうところに木道を作ったのですから大変なことだったでしょう。



16_convert_20170829180006.jpg

サワギキョウ。



18_convert_20170829180100.jpg

至る所蜘蛛の巣が朝露でキラキラして美しい。



19_convert_20170829180125.jpg

この葉は自分で葉を回してまんべんなく日が当たることができるようになっています。



20_convert_20170829180149.jpg

人力で(友人が^^)くるりと葉を回して見せました。
ネイチャーガイドさんはこの植物のことを別名「日和見」と言っていたような・・・。



23_convert_20170829180311.jpg

ガマの穂。



22_convert_20170829180243.jpg

気持ちの良い景色です。
以前はこの辺りでタンチョウヅルの姿が見られたそうですが
営巣地を移してしまったのか今では目撃されなくなってしまったそうです。
残念!



IMG_6724.jpg

ヒメカイウの実。
水芭蕉に似た花を咲かせます。



IMG_6723.jpg

タヌキモの花。



24_convert_20170829180336.jpg

湿地で唯一の樹林はハンノキ林。



25_convert_20170829180404.jpg

モウセンゴケ。
ガイドさんがステッキで触っていかに粘りがあるかを見せてくださいました。



26_convert_20170829180451.jpg

不鮮明ですが白いものがモウセンゴケの花。
苔はとても小さいのでガイドさんなしではとても見つけられなかったことでしょう。



27_convert_20170829180518.jpg

サギスゲ。
ほかにワタスゲもあります。



IMG_6743.jpg

タチギボウシ。



29_convert_20170829180558.jpg

エゾイヌゴマ。

経験豊富な添乗員さんに伺うとこの時期は夏の花がまだ残っているので少しは色どりもあるが
これからはもう秋の様相になり光景はもっと地味になるとのこと。
それにこの湿原を歩くツアーは少ないとのこと。
このツアーを選び湿原を歩くことができてラッキーでした♪



33_convert_20170829180737.jpg

歩きやすい木道が続きましたが
ビジターセンターに展示されているものの中にその説明がありました。
素晴らしい工夫と大変なご苦労です。

次回はノロッコ号に乗ってくしろ湿原を走ります。


更新が遅れました。
Googleが原因の大規模ネット障害のせいなのか(条件的にすべて適合しているので勝手に思っているのですが><)
東京(滞在中)で使っているパソコンが全く使えなくなりました。
障害が復旧してもパソコンのネットは繋がりません。
どうやっても自力では元に戻せずまたもや困った時の娘頼みでやっと昨日回復><。
どうにか次回で知床半島備忘録も終われそうです><。


続きます。










世界遺産知床半島への旅 ⑧

59_convert_20170820220301.jpg

野付半島から納沙布岬へ向けてバスが走り出してからしばらくしてオジロワシ発見。
尾が白いのがかろうじてわかります。

この後何回か見ることができましたが走るバスの中からです。
きちんと撮れなかったのが残念><。

以下車窓からの景色が続きます。



60_convert_20170820220325.jpg

冬はどんなに寂しいかと思われる浜の風景。



62_convert_20170820220413.jpg

白い枯れ木はナラワラ(ミズナラの木)。
トドワラと同じように土地の沈下により潮水が入り立ち枯れたもの。



63_convert_20170820220444.jpg

いっせいに舞いあがったカモメ。



64_convert_20170820220515.jpg

こんなところに会津藩のお墓。
北方防衛のために幕府が会津藩士を派遣。
その藩士や家族の墓とか。
和人がアイヌを駆逐することが目的であったので複雑な気持ちになります。



66_convert_20170820220609.jpg

やっと牧草地に牛の姿。
牛や馬のいない牧草地は牧草の1番草の刈り入れが終わったところ。
2番目の刈り入れは秋とのこと。

アメリカ、ヨーロッパから寒冷地用の牧草の種を購入。
その種によって10年は収穫できるとのこと。

牧草地に転がっているロールは黒色、白色、黒白のツートンで
1番草、2番草、3番草とわかるようになっているとのこと。

ロールひと巻きが800円、破れなど修理に1200円とか現地ガイドさんの面白い話が続きます。
実家や親せき友達が実際に牧場経営していたりするので裏話が愉快です^^。



68_convert_20170820220640.jpg

馬もいました^^。



IMG_6644_convert_20170824235856.jpg

牧草地にトラクターが入っていますがこれは土壌改良中です。
地中には排水のための管が入っているとのこと。

昔はその管が凍ってひび割れたりして取り換えも大変だったそうですが
今は伸縮のきく蛇腹状のものを埋め込んでいるとか。
私たちには計り知れない大変な苦労があります。

北海道開拓の歴史は土壌改良の歴史。
屯田兵の歴史から学ばなくては十分に理解することは難しいと思いました。



69_convert_20170820220716.jpg

対岸にナラワラが続きます。



70_convert_20170820220750.jpg




71_convert_20170820220827.jpg




72_convert_20170820220913.jpg

見えているのは歯舞群島。



73_convert_20170820220947.jpg

コンブを干している風景。

わずか3,7kmしか離れていない歯舞群島の貝殻島周辺(北方領土)が漁場。
漁期は6月1日から9月30日。
天候次第で出航できない日が続くこともあります。

現在のコンブ漁は安全に操業できるように1963年に民間協定が結ばれ
ロシア側に入漁料を支払い、ロシア側にも何か援助をし、漁獲量、船団の数も決められ・・・
いくら良いコンブが採れても採算が合いません。



74_convert_20170820221027.jpg




75_convert_20170820221124.jpg

厳しい現実。



77_convert_20170820221153.jpg

本土最東端、納沙布岬に到着。
8月の平均気温が16,5度と全国で一番低い所です。

「日本本土最東端到達証明書」と「北方領土視察証明書」を渡されました。

岬公園にある北方領土返還運動による「四島(しま)のかけ橋」。
「祈りの火」が燃えています。



78_convert_20170820221305.jpg




79_convert_20170820221328.jpg




80_convert_20170820221401.jpg




82_convert_20170820221613.jpg




81_convert_20170820221517.jpg

これが上の図にある貝殻島灯台。
昭和12年に日本が建てたもの。
低潮時には海面に出ているが高潮時には水没。
現在はロシアが管理、維持しているそうですが劣化が進んで無残な様子です。



83_convert_20170820221718.jpg




84_convert_20170820221807.jpg

納沙布灯台。
日本の灯台50選。

北海道最古の灯台で日本で一番早く朝日が見られるところ。
お正月の元旦には初日の出を見る人々が訪れて賑やかだそうです。

初代は木造。
現在のは昭和五〇年に建てられたコンクリート製のもの。



85_convert_20170820221934.jpg

祈りの火。



86_convert_20170820222517.jpg

近くて遠い北方領土。



92_convert_20170820222803.jpg

返せ北方領土・・・とあります。



89_convert_20170820222626.jpg




IMG_6636_convert_20170824235842.jpg




87_convert_20170820222553.jpg

アイヌを弾圧した結果起こった乱による和人の犠牲者の碑。



b.jpg




a.jpg

墓碑の裏面には「凶悪なアイヌ」という文字があるようですが
最後まで読むと根室市教育委員会により
蜂起はアイヌ民族への非道行為が原因で碑の内容と史実とは異なると書かれているのが救いです。
処刑されたアイヌの人たちのお墓は別の場所にあるとのこと。



93_convert_20170820222830.jpg

オーロラ塔。



94_convert_20170820222859.jpg

厚岸までバスで・・・今日の楽しみ、海鮮炭火焼きバーべキュー。
炭火の温かさにホッ^^。
残念ながらシマエビはありません。
(シマエビは生まれた時は♂で成長すると全てが卵を抱える)
ほかに生ガキを特別注文しました。



95_convert_20170820222932.jpg

大きなサンマも1尾づつ。
どれも新鮮でおいしかったのですが特に生ガキと焼きガキの美味しかったこと!!!

この日は釧路泊。
明日は最終日、根室湿原をネイチャーガイドさんと歩きます。

続きます。








世界遺産知床半島への旅 ⑦

29_convert_20170820214803.jpg

ハマフウロ。
可憐な花々が野付半島の砂嘴の道の両側を彩っています。



30_convert_20170820214831.jpg

クサフジ。



31_convert_20170820214858.jpg

ノコギリソウ。



32_convert_20170820214929.jpg

エゾカワラナデシコ。



33_convert_20170820215000.jpg




34_convert_20170820215026.jpg

エゾノサワアザミ。



35_convert_20170820215100.jpg

白い花は? 



IMG_6522_convert_20170823160729.jpg

花の特徴からエゾキヌタソウ?



36_convert_20170820215117.jpg

ナガボノシロワレモコウ。



37_convert_20170820215139.jpg

ナミキソウ。



44_convert_20170820215510.jpg

ウツボグサ。



38_convert_20170820215206.jpg




39_convert_20170820215235.jpg

エゾシシウド?  オオハナウド?



40_convert_20170820215302.jpg

トラクターバス「トドワラ号」。
歩いている私たちの脇の専用道をのんびりと進んで行きました^^。



41_convert_20170820215336.jpg

ナガボノシロワレモコウ。



45_convert_20170820215536.jpg

ハマナス。



46_convert_20170820215557.jpg




47_convert_20170820215651.jpg




48_convert_20170820215717.jpg

アキノキリンソウ。



49_convert_20170820215738.jpg

見たことがあるけれど??



51_convert_20170820215847.jpg

ノコギリソウ。



52_convert_20170820215938.jpg

エゾオオヤマハコベ。



53_convert_20170820220016.jpg

夏の名残の花々と共に辺りはすでに秋の気配。



55_convert_20170820220114.jpg

歩きながらそそくさと撮りましたがそれでもいつも私はしんがり><。
もっとゆっくり花や景色を眺めていたいのですが皆の足の速いこと(笑)。



57_convert_20170820220155.jpg

野付半島ネイチャーセンターの駐車場。
一匹のキタキツネがうろうろしていました。
人間が食べ物を与えてしまったために野生に戻れなくなってしまったキツネ。

ガイドさんによるともう1カ月と生きて行かれないでしょうとのこと。
可愛いから、かわいそうだからといって野生のものに餌を与えることは厳禁です。

この後、標津(しべつ)にて昼食。
楽しみしていたイクラとサケの親子丼でしたが鮮度が感じられずとてもがっかりな味でした><。
昼食後、風連湖を車窓から眺めながら納沙布岬に向かいます。



花の名前、できる限り調べてみましたが不確かです。
教えていただけると幸いです。

続きます。










世界遺産知床半島への旅 ⑥

3_convert_20170820213727.jpg

フレぺの滝を後にして野付半島に向かいます。
気持ちの良い広々とした牧草地が続きます。



更新再開いたします。
困った時の娘頼み、娘の助言で 〈CardReader〉 をネットで注文。
ほかの部分は今のところ正常なのでとりあえずの処置。
修理に出せば時間も修理代もかかると思うので当分このカードリーダーを便利に使うことにしました。





1_convert_20170820172253.jpg

上の矢印は道路の両側にあって道路の道幅を示すもの。
雪に道路が埋もれてしまっては危険極まりないことです。




6_convert_20170820213822.jpg

やっと牧草地らしい景色が現れてきました。
黒いロールには刈り取った牧草が入ってます。
このままで熟成させます。(サイロの代わり)



7_convert_20170820213843.jpg

尾岱沼(おだいとう)港。
ここから船でトドワラ桟橋まで約30分。



9_convert_20170820213916.jpg




10_convert_20170820223125.jpg

前方に「アザラシがいます」との船内アナウンス。
目を凝らすと遠くにやっと見えました。
トリミングです。



11_convert_20170820213954.jpg

次には2頭確認。
北の海に来ているという実感^^。



12_convert_20170820214020.jpg

尾岱沼は打瀬船(うたせぶね)という美しい帆かけ舟によるシマエビ漁で有名(北海道遺産)です。
年に2回、6月下旬から7月の下旬、10月中旬から11月中旬に漁が行われますが
今年は不漁で2週間で漁も終わり2回目はないとのこと。



15_convert_20170820214117.jpg




16_convert_20170820214134.jpg




17_convert_20170820214158.jpg

浮き桟橋に到着。



18_convert_20170820214224.jpg

戻っていく船に手を振ってお別れ。



19_convert_20170820214253.jpg

浮き桟橋の様子。



20_convert_20170820214325.jpg

ウンラン(海蘭)。



21_convert_20170820214350.jpg

野付半島は全長26km、日本最大の砂嘴。
2005年ラムサール条約に登録。
240種以上もの野鳥が確認されこの数は日本で確認されている鳥の40%に当たるとのこと。

遮るものもなく素晴らしい景色です。



22_convert_20170820214414.jpg

砂嘴の上に敷かれた木道を歩きます。
この先は手すりもなく細い道なので何となく身体が不安定に傾いてしまいます。



23_convert_20170820214442.jpg

トドワラ・・・海水に浸食されて立ち枯れたトド松。
今は僅かしか残っておらず現在も浸食が進んでいるのでこの風景も風前の灯火。
枯れて粉々になってしまうとのことなので私たちは貴重な光景を見ることができたようです。



24_convert_20170820214538.jpg

木道の先端まで行ってトド松の姿を写真に。



25_convert_20170820214607.jpg




26_convert_20170820214633.jpg




27_convert_20170820214700.jpg

船着場から約20分のところにある看板。



28_convert_20170820214734.jpg

センダイハギ。

木道を降り、海を左右両側に見ながら花の咲き乱れる砂嘴の中を歩きます。

次回、花の写真が続きます。