FC2ブログ

風と歩く

category: 千葉県 川村記念美術館  1/4

晩秋の美術館 完

芝生の縁にはサザンカの生垣。今が盛りと咲いています。ソメイヨシノの葉。紅葉というより枯れ葉ですが日差しのせいで美しく見えます^^。芝生を見下ろしながら小高い山の林の中の道を通っていくことにしました。この林の中もカタクリやキンラン、ホトトギスなど野草の宝庫です。去年、キンランの群れて咲く様子に出会えて感動しました。ちょうど木漏れ日がさして美しく輝く紅葉。木々の間から見える紅葉も美しくて目が離せません...

  •  -
  •  -

晩秋の美術館 ④

朽ちてゆく切り株に優しい苔の覆いと蔦の冠^^。薄暗い木陰で見つけた紫式部。木の下で鳥さんの目に触れなかったのか未だにたくさんの実が残っています。蓮池に降りてみました。ドライフラワー状のアジサイ。風がないので水面が鏡のよう。太陽が眩しく反射して。ガマの穂。まだ当分はじけそうもありません。足元に何かの綿毛。葉の様子からシュウメイギクの種のようです。鯉が動いたのかさざ波がみるみる広がって。紅葉を映す池と...

  •  -
  •  -

晩秋の美術館 ③

確かこの庭園には10月桜があったはず。ありました。小さな花ですが思いのほかよく咲いています。紅葉を背景に。こんなに咲いている時に出会ったことがないので撮った写真は全部アップ(笑)。残っていた赤い実。今年は気候のどういう加減なのか紅葉が本当に見事です。この色も実物のほうがさらに美しかったと思っています。蓮池へと行く途中、老いた切り株を優しく覆う苔と蔦^^。続きます。...

  •  -
  •  -

晩秋の美術館 ②

もみじの下で憩うオシドリの夫婦。大きな望遠レンズを持つカメラマン数人。多分池に入って泳ぎだすのを待っていると思われます^^。池を見下ろす藤棚の下の紅葉。小川の流れ。成田空港が近いので時々轟音をたてて飛行機が頭上を。もう一度池に戻ってみました。ちょっとオシドリらしい姿に(笑)。岸辺にはそれぞれ夫婦で何組かのオシドリが憩っています。池の端の藤棚から下に降り小川に沿って歩きます。午後の陽を受けて紅葉の美...

  •  -
  •  -

晩秋の美術館 ①

☆☆ 11月30日アップの予定が下書き保存した時点で千葉自宅のパソコンが故障。   自力修復できない状態になってしまいました。   今夕、東京世田谷に来て今更ながらですがそのまま更新しています ☆☆         上着もいらないほどのポカポカ陽気の昨日29日、DIC川村記念美術館に「フェリーチェ・ベアトの写真」展を見に行ってきました。青空に美術館の幟が翻っています。フェリーチェ・ベアト(1834-19...

  •  -
  •  -