FC2ブログ

風と歩く

category: 兵庫県  1/2

晩秋の旅 ⑧

城崎温泉。旅館に荷物を置いて夕食まで街を歩きます。川端柳。いかにもしっとりとした温泉街の様子。とても暖かく歩くには持ってこいの陽気でした。宿の仲居さんはこんな暖か日は珍しい、毎日のように雨ばかりだったと言っていました。     メイン通りを外れるとこんな路地が現れます。古い街並みを誇る観光地には定番の丸いポスト。国内に残されている数が決まっているようですが、けっこう旅先で出会っています。少しずつ夕...

  •  2
  •  0

晩秋の旅 ⑦

姫路から特急はまかぜ1号で城崎まで。2時間足らずで着きました。豊岡市になります。志賀直哉の小説「城の崎にて」で有名なところ。なんとなく旅情をそそられる地名です。ゆかりの旅館「三木屋」も落ち着いたたたずまいで健在。表の看板に志賀直哉の文字がありました。荷物を駅のコインロッカーに預けてまずは昼食と歩き出しました。さすがに松葉ガニの産地です。海鮮をを扱う店が連なり、その一軒の二階の食堂でランチタイム。時...

  •  5
  •  0

晩秋の旅 ⑥

「旅」の前に    昨夜は満月。しかも皆既月食でした。午後11時15分頃撮影月の周りは雲がなく妙に明るく、それでいてたくさんの輝く星が見えました。*******「旅」続きます。「書写山」奥の院へは美しい紅葉の林の中を行きます。       奥の院には開山堂、護法堂などがあります。このお堂(名前がわかりません)の中からお経を唱える声がしました。やがて、がらがらと戸締りの音が聞こえ、お坊さまが出ていら...

  •  0
  •  0

晩秋の旅 ⑤

仁王門です。「好古園」前からバスに乗り天台宗「書写山円教寺」へ行きました。966年性空(しょうくう)上人によって開かれました。西の比叡山として栄えたところです。ロープウェー山麓駅から山上駅まで約3分。そこから延々と坂道を登って行きます。        (特別志納者用にマイクロバスもあり、専用道路を摩尼殿まで行くことが出来ます。)       仁王門までの途中、道の両側にはたくさんの御像が並びます。...

  •  0
  •  0

晩秋の旅  ちょっとひと休み

板壁のところに白いものが飛んでいるのが見えるでしょうか。クリオネのような形です。意識しなければ眼にも入らないほど小さな虫です。粉雪のようにふわふわと飛んでいます。カメラのレンズから逃れるように素早く飛び回っていた虫。手に止まったのを拡大してみました。名前は「雪虫」・・・・・名前の通り冬の到来を知らせる虫です。北国の方ならご存知かと思いますが、私は初めて見ました。気がつくとたくさん飛んでいます。うれ...

  •  6
  •  0