FC2ブログ

風と歩く

category: 東日本大震災  1/3

大震災からの復興の兆し

先週の土曜日(28日)、東京丸の内にある「関西大学東京センター」で開催された『「地方の時代」映像祭2015』の「グランプリ受賞作品を語る会」に参加してきました。参加といっても上映された作品を見、そのあとの意見交換会を傍聴してきただけなのですが・・・。今年の4月に国立劇場で 「みちのくの鬼」 を見たご縁です。                 (カテゴリ・東日本大震災参)「ウォッチン!プラスSP 海風...

  •  -
  •  -

みちのくの鬼

東京駅丸の内南口です。昨日11日、新幹線で上京する人たちや横浜からやってくる人たちとここで待ち合わせ。総勢5人。丸ビル35階で昼食。お久しぶりとまずはシャンパンで乾杯^^。この日の目的は国立劇場、小劇場。満員御礼の張り紙。演目は「東北の芸能Ⅵ~みちのくのオニ~」東日本大震災復興支援として開催。宮城県石巻市・・・大室南部神楽 田村三代岩手県北上市…鬼剣舞(おにけんばい)岩手県野田村・・・野田村のなもみ...

  •  -
  •  -

忘れないために

  今日2回目の更新です。帰宅したら東日本大震災後、あしなが育英会から3回目の年賀状が届いていました。 高校3年生の男子からです。 軽音学部に入りたくさんの人と知り合えたこと。 それを心の糧に高校を卒業したら社会人として働くこと。 きっぱりとした決意あるお便りでした。 大学に行きたくなかったのだろうか。 行きたくても事情が許さなかったのだろうか。 でも本人次第ですね。 きっと素晴らしい人になることでし...

  •  -
  •  -

忘れないために

  新年に「あしなが育英会」から去年に続いて2回目の年賀状が届きました。 大学3年生のお嬢さんからです。 表には 昨年の春から通信制の大学に編入し、母親の負担を減らす為にアルバイトをしながら勉学に励んでいる。 将来の夢、それをかなえるために何をしているかなどが書かれていました。 メリハリのある美しい文字からも真面目でやさしい人柄がうかがえるようでした。 東日本大震災後、未だに心身ともに辛く厳しい生活...

  •  -
  •  -

私の中の3、11

時計が午前0時を回りました。3月11日です。3月11日が近づくにつれテレビも新聞も毎日のようにあの日を再現するようになりました。事実を事実として受けとめることは大事ですが、それでもまだ受け入れられない人たちもいることでしょう。辛い日々だと思います。一年前のこの日、私はたまたま東京滞在中で世田谷のマンションの最上階9階にいました。立つことも出来ない揺れの中で「家族と会えないままひとりここで死ぬのかな...

  •  -
  •  0