紅葉の日光へ (完)

RIMG8533_convert_20121102014655.jpg 

龍頭滝を後に、半月山の麓の駐車場にやってきました。そこからすぐに山に入ります。
いきなりの急坂です。



RIMG8192_convert_20121102014926.jpg 

登る!



RIMG8198_convert_20121102015127.jpg 

登る!



RIMG8521_convert_20121102015251.jpg 

登る!
展望台まで0、6㌔といいますがかなりのきつさ。
けもの道をそのまま使っているような細い道。
木の根や石で歩幅もあわずヨロヨロします。



RIMG8304_convert_20121102015436.jpg 

登る!



RIMG8212_convert_20121102015610.jpg 

やっと半月山の展望台につきました。
手前が八丁出島。
突き出た長さが八丁ほどあることからこの名前がついたということです。
雲をかぶっている男体山。左手に戦場ヶ原が見えます。
湯滝、龍頭滝も見えるはずです。



RIMG8537_convert_20121102015736.jpg 

残念ながら紅葉の素晴らしさがよく撮れません。
この展望台からはお天気が良ければ富士山も遠く見えるということです。



RIMG8558_convert_20121102234423.jpg

追加:ピンボケですがトリミングして大きくした八丁出島。紅葉の様子が少しわかるでしょうか。



RIMG8222_convert_20121102015951.jpg 

さらにこの道とも言えないような道を頂上まで。



RIMG8223_convert_20121102020050.jpg 

真剣に野鳥を撮っている娘。
夏に体調を崩してしまった娘もすっかり元気になりありがたいことです。
定期的な検査はまだ必要ですが、疲れ知らずでこんな山道も身軽にひょいひょい。
行きも帰りもほとんどドライバー役を引き受けてくれました。
私は夫の運転より安心していられます(^o^)



RIMG8225_convert_20121102020153.jpg 

私はここで2人が戻ってくるのを待ちます。
頂上に行っても何もなく展望も開けていないようでした。



RIMG8226_convert_20121102020316.jpg 

たまに道らしい道に出るとホッとします。


RIMG8235_convert_20121102025708.jpg

やっと駐車場に戻りました。そこからの眺望です。



RIMG8538_convert_20121102020600.jpg 




RIMG8251_convert_20121102020948.jpg

車の中から。
時間も遅くなりましたが、華厳の滝はライトアップしているかも知れないと行ってみることに。
残念ながら・・・。



RIMG8252_convert_20121102021112.jpg

うかつにも中禅寺というお寺があることを初めて知りました。
3人揃って知らないという・・・そのことにもびっくり^_^;



RIMG8261_convert_20121102021217.jpg

中禅寺湖の夕暮れ。少し夕焼けがかってきました。
同じ渋滞ならゆっくり帰ろうと湖畔の食堂で夕食。



RIMG8530_convert_20121102015841.jpg

夕日を浴びて。




第一目的の八丁出島がちょっと期待外れ。
でも高地湿原の素晴らしさと紅葉の見事さ
十分に秋を満喫いたしました。

長々とお付き合いいただき有難うございました。終わります。















スポンサーサイト

紅葉の日光へ ③

RIMG8084_convert_20121031225036.jpg 

戦場ヶ原から「湯滝」へやってきました。
華厳滝、竜頭滝と並んで奥日光3大名瀑布のひとつです。
駐車場から湯滝へ行く周りの林も紅葉真っ盛り。



RIMG8110_convert_20121031225700.jpg 

目の前の林越しに見えたのは雪渓か(まさか!)と思ったほど真っ白な斜面。
その急勾配に驚きます。
湯の湖から流れ落ちる滝です。湖から遊歩道を下まで降りてくることが出来るようです。



RIMG8096_convert_20121031225348.jpg 

最大幅25m、傾斜度約45度ということです。
下から見上げると滝の上に人が立っているのが見えました。



RIMG8089_convert_20121031225214.jpg 

滝見台から。



RIMG8128_convert_20121031230023.jpg 

滝つぼの近くまで行ってみました。

この日は水量も多く何とも豪快な滝でした。
水が分かれて露出している岩には正面から見るとお不動様の姿が見えるそうです。
そう言われれば・・・^^。



RIMG8117_convert_20121031230837.jpg

水は滝つぼから湯川となって緩やかに戦場ヶ原へと流れて行きます。
それがさらにこれから訪れる竜頭滝となり中禅寺湖に流れ込みます。

帰り、滝の手前の食堂で玉こんにゃくを買いました。
冷えた身体に熱々のこんにゃくの美味しかったこと^^。




いよいよ「竜頭滝」です。

RIMG8149_convert_20121031234751.jpg 

少し離れた所にある公営の駐車場はがらすき。
ここも見事な紅葉の林。



RIMG8152_convert_20121031233057.jpg 




RIMG8522_convert_20121031232224.jpg 




RIMG8166_convert_20121031232511.jpg 




RIMG8159_convert_20121031232344.jpg




RIMG8183_convert_20121031232710.jpg 

このあたりは紅葉する木の種類が多く、もっとも鮮やかな紅葉が楽しめるところだそうです。
追記:このあたりの紅葉の見頃はすでに過ぎていましたが、それでもまだまだきれいでした。



RIMG8174_convert_20121031232102.jpg




RIMG8169_convert_20121031231325.jpg 

ただ、茶屋の前のとても狭いテラス状の所が滝を眺める場所になっていてしかも行き止まりです。
混んでいる時はゆっくり見ることも出来ません。

昔はこの景色も茶屋のお客が独り占めできていたのでしょう。
お店の中を通路代わりに無遠慮に歩く人たちが多くいますから迷惑なことだと思います。




RIMG8171_convert_20121031231459.jpg

脇道を登っていくとまた違う滝の姿が見られたのかもしれませんが時間もありません。
今回の旅の一番の目的、「八丁出島」を見に出発です。

長くなりました。次回に続きます。

紅葉の日光へ ②

RIMG8330_convert_20121030115117.jpg 

翌朝(25日)ゆっくり朝食をとり出発。
昨日の赤沼駐車場まで。
雪をかぶって美しい白根山です。



RIMG8485_convert_20121030120220.jpg 

用心のため熊鈴を買います。
大震災以来、ホイッスルやペンライトなど常に持ち歩いているのにころっと忘れて後で思い出しました。

売店で熊に襲われた人のことを聞いてみました。
襲われて転んで顔面を噛まれ
顔をかばった腕を噛まれ
とっさに熊の口に突っ込んだ指を噛まれ
でも、その日のうちに元気に退院したとのこと。

もともと熊の生息地に私たち人間がお邪魔するわけですからやはりそれなりの心構えが必要です。



RIMG8516_convert_20121030115856.jpg 

昨日と同じ道。サルオガセに松ぼっくりが絡み付いています。



RIMG8009_convert_20121030120425.jpg

熊による人身事故のため一定の時間帯通行禁止になる戦場ヶ原への遊歩道。
この板敷きの遊歩道がずっと続きます。



RIMG8022_convert_20121030120710.jpg 

川沿いの道。



RIMG8014_convert_20121030120602.jpg 

昨日の小田代原とは様子も少し異なり赤い実をつけている木も多く見られます。



RIMG8517_convert_20121030121523.jpg




RIMG8028_convert_20121030121006.jpg




RIMG8034_convert_20121030121639.jpg

男体山が常に木立の間から見え隠れしています。



RIMG8062_convert_20121030140038.jpg

遊歩道の左右、ホザキシモツケの広大な原が広がります。



RIMG8065_convert_20121031005357.jpg




RIMG8494_convert_20121030122329.jpg

ホザキシモツケ。
殆どが枯れていましたが、まだ赤みの残っている花も少しありました。
7月から8月の花の時期は湿原一面がピンクに染まるそうです。
どんなに美しいことだろうと想像します。

ワタスゲ、クリンソウ、アヤメなどの時期にもぜひ訪れて見たいものです。



RIMG8045_convert_20121030121908.jpg




RIMG8039_convert_20121030121750.jpg




RIMG8055_convert_20121030122037.jpg




RIMG8050_convert_20121030122143.jpg




RIMG8489_convert_20121030122712.jpg 

遊歩道を辿って広々とした戦場ヶ原を見渡せる地点に出ました。



RIMG8068_convert_20121031210234.jpg




RIMG8490_convert_20121030135824.jpg

あまりの気持ち良さに何度も深呼吸。



RIMG8072_convert_20121030134648.jpg

気がつくと遠くの山肌に滝が見えます。
これから訪れる予定の湯滝です。
昨日は小田代原をそこまで歩くつもりでした。

ここで見えるとは・・・・感激!



RIMG8081_convert_20121030134946.jpg 

急いで湯滝に行きましょう。
遊歩道の入り口に引き返した時、カメラに巨大な望遠レンズをつけた人たちが。
何かと思ったら高い木の枝に小鳥がいました。



RIMG8281_convert_20121030134815.jpg 

赤い木の実を咥えています。
ちゃんと撮れたらどんなに可愛らしい写真になったことでしょう。
このほかにもシジュウカラ、コゲラなど写真には撮りましたが皆ピンボケです><。


次回は湯滝、竜頭の滝、八丁出島をアップいたします。



紅葉の日光へ ①

RIMG8331_convert_20121028120306.jpg 

24日、日光中禅寺湖を目指して出発。

メンバーは私たち夫婦と中禅寺湖の「八丁出島」に行きたいとこの日のために帰ってきた娘。

快晴に恵まれ、東北自動車道からは富士山とスカイツリーがよく見えました。



RIMG7892_convert_20121028120717.jpg

いろは坂も途中から渋滞が始まりましたが心配したほどではなく
宿泊予定の旅館の前を通り越して最初の目的地、戦場ヶ原へ。

赤沼駐車場の落葉松(カラマツ・唐松)の並木の美しいこと。



RIMG7895_convert_20121028120512.jpg

男体山。薄らと雪化粧。
後で宿で聞くと今日が初冠雪ということでした。



RIMG7906_convert_20121028120931.jpg 

この戦場ヶ原への遊歩道は通行止めになっています。
今月19日早朝、熊による人身事故発生。
そのため通行は午前9時から午後3時までと書いてあります。
もう、2時半。ここは諦めます。



RIMG7916_convert_20121028124908.jpg 

さらに道の先に進んでそこから小田代原に入ります。湯川赤沼橋です。



RIMG8307_convert_20121028121331.jpg 

美しい川沿いの小道。



RIMG7927_convert_20121028121514.jpg 

黄葉したカラマツの林。
カラマツの黄葉の時期は殆ど知らないのでその美しさにすっかり魅了されてしまいました。
この湿原はカラマツと白樺、ブナやクヌギのような落葉樹。
林が殆ど黄色く染まっています。



RIMG7915_convert_20121029191559.jpg




RIMG7926_convert_20121028121637.jpg 




RIMG7935_convert_20121028121758.jpg 




RIMG7945_convert_20121028122035.jpg 

白樺の若木と一面クマザサの緑。



RIMG7991_convert_20121028122410.jpg 




RIMG7947_convert_20121028122240.jpg 




RIMG7944_convert_20121028121903.jpg 

この湿原では珍しい紅葉。
黄色一色の中でひと際目立ちます。



RIMG7954_convert_20121029004913.jpg 

小田代原を見渡せる地点まで歩きました。
本当はここから更に湯滝まで歩き、そこからバスで赤沼の駐車場まで戻りたかったのですが
行き会ったご夫婦に聞いてみるとバスが混んでいて乗れずに引返してきたとのこと。
私たちもここで引き返すことにしました。



RIMG7962_convert_20121029094726.jpg

見あげれば月が。(トイカメラ機能で)
風が吹くとさらさらとカラマツの葉が落ちてきます。

〈からまつの林を過ぎてからまつをしみじみ見き。
からまつはさびしかりけり。・・・・白秋〉



RIMG7971_convert_20121028125312.jpg 

橋まで戻ってきました。
夕方4時頃です。気温はぐんぐん下がっています。



RIMG7976_convert_20121029010411.jpg 





RIMG7977_convert_20121028122547.jpg 

うっかり手袋を持ってこなかったため寒さで指の感覚が全くなくなり
カメラのシャッターを押すことも出来なくなりました。
ここまで指が凍えることは今まで経験したことが無いのでびっくりです。


赤沼の駐車場を出るとすぐにいろは坂の帰りの渋滞が長く続いていて
近いのに宿に着くまでが結構時間がかかりました。

明日は通行止めになっていた戦場ヶ原に行ってみます。

                  続きます。