雪の日本海 ②

RIMG0194_convert_20121213125308.jpg 

翌10日、ホテルの部屋からの雪景色。
話によると例年なら1月2月頃の気候だそうです。



RIMG0200_convert_20121213125427.jpg

足立美術館。(島根県)
創設者は地元の実業家、足立全康。



RIMG0210_convert_20121213125542.jpg

庭に出ることは出来ませんが、館内いたるところから庭が眺められるように工夫されています。
また、電信柱などが目に入って景観を損ねないようにと周りの山を買い取ったとのことです。

「庭園もまた一幅の絵である」という創設者の言葉どおり素晴らしい庭園です。

こここそ雪の庭園を期待したのですが、今日は晴天(ここは^^)。



RIMG0211_convert_20121213125642.jpg

雪の名残が。



RIMG0225_convert_20121213130018.jpg

遠くに人工の滝が見えます。
この滝のほかにも2箇所くらい滝がありました。
夜には滝の水も止まるようになっているそうです。



RIMG0220_convert_20121213125934.jpg




RIMG0219_convert_20121213125841.jpg 

生(なま)の掛け軸。
外の景色がそのまま絵に。
このほかに「生の額絵」というものもあり、季節によって美しく絵が変わります。



RIMG0217_convert_20121213125752.jpg

館内は横山大観、川合玉堂、上村松園、橋本関雪など作品1500点を収蔵。
特に120点を越える横山大観のコレクションは有名で、常時20点前後を展示しています。

短い時間でばたばた見るのはとてももったいなかったのですが
そんな中でも川端龍子の「愛染」「献花」の2点が強く印象に残っています。



RIMG0270_convert_20121213130122.jpg

こんな晴れ間もありましたが、殆どが雪、霰。
車もかなりスピードを落として運転。
途中スリップ事故の車もありました。



RIMG0238_convert_20121213130209.jpg

というわけで出雲大社は時間がなくなり駆け足で。
平成の大遷宮中とは言っても姫路城のように工事の様子が見れるわけではありません。



RIMG0239_convert_20121213130332.jpg

御仮殿で参拝。



RIMG0338_convert_20121213131750.jpg

奥に見えるのは新しい本殿の屋根。
覆いが取れたばかりだそうです。

降り出した雪の中、岡山空港へ急ぎ出発。
私たちがバスに乗り込んだ後やってきた団体は突然の吹雪に見舞われてしまいました><。



RIMG0260_convert_20121213130537.jpg

真っ暗な日本海。(車窓から)



RIMG0266_convert_20121213130628.jpg

天使の梯子が見えたりもしましたが、ついに稲妻と雷が。(車窓から)
 
途中の沿線、新出雲風力発電所の風車が何基も並んでいましたが
トイレ休憩でバスを降りたとたん近くの風車に落雷。
物凄い音でした!!!


20時15分、無事羽田着。

今回の旅行はある程度の雪は予想していましたがこれほどとは・・・。
それでもさすが私たち2人、晴れ女^^。
要所要所ではちゃんと雪も止みました。
私たちの前日のツァーは猛吹雪で観光どころではなっかったそうです。



長々ご覧頂き有難うございました。これで終わります。
















スポンサーサイト