伊豆 ③ 爪木崎

IMGP2754_convert_20130228184948.jpg

スイセンはもう咲いていないとバスの運転手さんは言っていましたが
まだ少し残っていました。最盛期の頃はどんなに見事かと思われます。



IMGP2804_convert_20130228185216.jpg

ホトケノザやスミレやオキザリスも咲いていました。



IMGP2799_convert_20130228185129.jpg

アロエの花とスイセン。
アロエの花にはヒヨドリが来ていました。(写真は後ほど)



IMGP2811_convert_20130228185323.jpg

緩やかな斜面が白い花で埋まっていたらと想像すると時期が遅かったことがちょっと残念。



IMGP2760_convert_20130301141041.jpg

灯台への道を歩いていく途中、柱状節理がありました。



IMGP2759_convert_20130301140953.jpg

約500万年前、安山岩質溶岩が冷却してできたもので「俵磯」と呼ばれている。
兵庫県玄武洞で柱状節理を見て以来初めてです。(カテゴリ兵庫県参)



IMGP2853_convert_20130301140801.jpg

岩場で海藻を採る人。



IMGP2766_convert_20130301141125.jpg

爪木崎灯台。
旅館から月の出、日の出をみた須崎半島の先端。
風がとても強くマフラーで頬かむりをしましたが、寒くて長くはいられません。



IMGP2783_convert_20130228185036.jpg

灯台から海岸への道を降りて行きました。
下に下りると風も穏やかになり、海も素晴らしい色をしています。

スイセンを見ることが出来たし景色も良かったし、満足してバスで下田駅まで戻ります。
路線バスは車で行った場合とまた目線が変わるので楽しいものです。



海鮮丼で遅い昼食を済ませてもまだ電車の時間には間があります。
寝姿山頂上は寒桜が満開ということなのでロープウェーに乗ることにしました。

IMGP2834_convert_20130228185550.jpg

寝姿山から見た下田港。



IMGP2822_convert_20130228185626.jpg




IMGP2913_convert_20130228185830.jpg

フウセントウワタ。
ちょうどはじけて綿が顔を出していました。



IMGP2825_convert_20130228185504.jpg

ウンナンゲッコウカ。
ほかにも色とりどりの花が咲いています。さすが南伊豆です。



IMGP2820_convert_20130228185415.jpg

お目当ての寒桜。
どこが満開なのか、桜の木はあっても花は殆ど咲いていません。
看板に偽りありと文句を言いつつ歩いていたら
かろうじて黒船の監視小屋が建っているあたりに満開の桜がありました。
頂上とはここのこと?



IMGP2844_convert_20130228185735.jpg

寒桜とは寒緋桜と山桜の雑種のこと。
河津桜も寒桜ですが、河津桜よりこちらのほうが優しい色をしていて個人的には好みです。
こういう桜のほうが見ていて飽きません。



IMGP2840_convert_20130301141213.jpg

頂上には縁結びにご利益があるという愛染堂があります。
絵馬もハートの形をしていました。
縁結びの場所で手を合わせている若い男女2人をしばしば見かけますが、いつも何か変だなと思っています。
2人はもうご縁があったんでしょう。後は自分たち次第でしょうに。
それとも成就したお礼参りかな。
それとも邪魔立てする人がいるのかな。
それとも心の中では別の人を思っているのかな等々・・・余計なお世話を^^。


最終回は出会った野鳥をわずか数種ですが載せたいと思います。
ご訪問ください。







スポンサーサイト

伊豆 ② 河津桜

IMGP2693_convert_20130228154027.jpg

東京から伊豆急で河津駅下車。
駅を出るとすぐ河津桜の並木が始まります。
川辺の並木まで行っても確かに情報どおり3分咲き位。



IMGP2651_convert_20130228152843.jpg

比較的花の咲いている木を探して写真を撮ります。
メジロが無数に飛び交っています。
ほかにヒヨドリ、モズなど。川にはカモやサギが。
鳥の写真は最後にまとめてみようと思います。



IMGP2599_convert_20130228152219.jpg

菜の花がなければかなり殺風景だったかもしれません。



IMGP2695_convert_20130228232943.jpg

橋の上から。海が目の前です。
桜は花が咲いていなくても葉が赤いので全体が赤く見えます。



IMGP2564_convert_20130228152347.jpg




IMGP2559_convert_20130228153636.jpg




IMGP2561_convert_20130228152304.jpg




IMGP2659_convert_20130228153101.jpg

河津桜の原木。樹齢50年ほど。(寒緋桜と大島桜の自然交配種と言われる)
意外なことに個人の庭にありました。 道路から撮影。
昭和30年頃、飯田勝美氏(故人)が冬枯れの河津川沿いを歩いていて
芽吹いていた桜の苗木を見つけ庭に移植。





IMGP2667_convert_20130228153141.jpg

畑で満開だった白梅。


何より楽しかったのが駅から延々と続く出店。
どの店も試食が出来、花を見るより先に「花より団子」状態。

帰りに桜の香りのする羊羹や宿で食べるための金柑や
サービス満点で倍以上の量になったチリメンジャコなど購入。
花はいまいちでしたが団体客も多く、平日にもかかわらずとても賑わっていました。




この後、予約した宿のある伊豆下田まで電車で行きます。

IMGP2701_convert_20130228232149.jpg

部屋からの眺め。穏やかな夕方の海です。
この後大きな月がこの半島の上から昇ります。(前出)


IMGP2706_convert_20130228232253.jpg

サーフィンを楽しむ人たちもちらほら。
浜辺がとてもきれいなので宿の方に聞いてみると
サーフィンにやってくる人たちが自発的に浜の清掃をしてくれるとのこと。



IMGP2904_convert_20130227132905.jpg

翌朝、日が高く昇ると岩に波しぶきと一緒に水蒸気が上がっているのが見えました。
(日の出・前出)



IMGP2747_convert_20130228231814.jpg

朝食前、浜に出てみます。
散歩の跡^^。

この朝は気温が低く霜柱が立ったということでした。

ゆっくりと朝食を取り、宿の車で駅まで送っていただきます。
駅前からバスでスイセンの群生地「爪木崎」まで行きます。
バスの運転手さんにスイセンはもう終わっているよと言われました。
サクラは早すぎ、スイセンは遅すぎうまくいかないものです><。

続きます。





伊豆 ① 月の出、日の出

IMGP2712_convert_20130227130442.jpg

24日、急にどこかに花でも見に行かないかと夫が言い出し
バタバタと旅館と伊豆急踊り子号の座席指定を予約し、25日から1泊で行って来ました。
一番の目的は河津桜。調べてみると3分咲きがやっとのようですが
咲いていないわけではなしといつもどおりの計画性の無さ。

河津桜を見てから伊豆下田に戻り、予約してあった旅館に。
こじんまりしたとても静かなゆったりとした宿です。
部屋からは美しい白い砂浜(入田浜)と大海原が一望の下。
伊豆七島を見渡せる素晴らしい景色です。

夕方5時半頃、何気なく外を見ると何と須崎半島の上から月が昇り始めています。
あわててカメラを取り出すうちにもぐんぐん輝きを増し、昇って行きます。



IMGP2715_convert_20130227130523.jpg




IMGP2717_convert_20130227130559.jpg




IMGP2718_convert_20130227130648.jpg

明日が満月というまん丸な大きな月。
着いてすぐ温泉にでも入っていたら見逃す所でした。
午後5時27分から6時13分までの撮影です。




仲居さんによると朝日が昇るのは午前6時10分頃とのこと。
どこから昇るのか全く話しが飲み込めていませんでしたが・・・。



IMGP2726_convert_20130227131057.jpg

驚いたことに月と同じところから朝日が昇り始めています。
今までの経験から太陽は水平線から顔を出すと思い込んでいました。
生憎雲が厚く垂れ込めています。



IMGP2732_convert_20130227131336.jpg




IMGP2734_convert_20130227131631.jpg




IMGP2736_convert_20130227131748.jpg

残念ながらこの後厚い雲の中に入ってしまいました。
午前6時19分から6時29分までの撮影です。



IMGP2739_convert_20130227131833.jpg

朝日に輝く海。7時08分の撮影。

目覚ましもかけずに寝ましたが、不思議と目が覚めるものです^^。

輝く大きな月と朝日と・・・この旅行の一番の思い出となりました。

次回から河津桜や爪木崎の水仙や、どうにか撮れた野鳥たちを載せていきたいと思います。
ご訪問ください。