群馬県 花寺・吉祥寺

CIMG0505_convert_20100930000437.jpg

吹割れの滝を後にして臨済宗の禅寺「吉祥寺」に寄りました。宿のフロントに置いてあったパンフレットに「花寺」と書いてあります。寄らないわけには行きません。鎌倉建長寺を本山とし、また建長寺派の寺院の中で一番北に位置することから建長寺の北の門と称される屈指の名刹だそうです。
山門・・・この楼上には十六羅漢像が安置されていて誰でも自由に登ることが出来ます。

CIMG0677_convert_20100930001430.jpg

楼上から姫小松の大木を眺めます。葉が細かいのでこの名前が付いているようですが、姫というのが恥ずかしいような巨木です。眼下にヒガンバナが見えます。

CIMG0672_convert_20100930000854.jpg

来た目的の一つ、ヒガンバナが咲いているのではと。最初に目に入った花。一本すっくと苔の間に咲いていました。

CIMG0674_convert_20100930001237.jpg


CIMG0676_convert_20100930005510.jpg

姫小松とかがり火。ヒガンバナが見えます。

CIMG0673_convert_20100930001014.jpg

境内のいたるところに仏様が安置されていてそれぞれに可憐な花が供えられていました。非常に管理の行き届いた美しいお寺です。

CIMG0678_convert_20100930001614.jpg

本堂裏の廊下にひっそりと置かれていた小さな仏様。

CIMG0722_convert_20101002121017.jpg

二つの滝がある池にはシュウカイドウとヒガンバナが。ヒガンバンバナはまだまばらです。パンフレットにも載っていないので新しく植えられたものでしょうか。

CIMG0682_convert_20100930002528.jpg

カキツバタ

CIMG0681_convert_20100930002039.jpg

驚いたことにツユクサがまだ咲いていました。

CIMG0679_convert_20100930001757.jpg

白い花のミズヒキ

CIMG0670_convert_20100930000709.jpg

トリカブトの花もあちこちに咲いていました。

CIMG0680_convert_20100930001904.jpg

池が幾つかあり、緩い斜面を利用して池から池へ水が流れ落ちていきます。

CIMG0669_convert_20100930000547.jpg

水が豊かで清らかです。作務衣を着ていたかわいらしいお嬢さんに尋ねたらこの水の源は武尊山からの雪解け水だということでした。   明日に続きます。
スポンサーサイト