豪徳寺の梅 続き

CIMG9485_convert_20110128114955.jpg

参道をまっすぐ進むと大きな香炉があり獅子が睨みをきかせています。葉の落ちた桜が寒そう。


CIMG9484_convert_20110128115316.jpg

かろうじて枯れ葉がまだ残っているカエデの向こうに塔が。


          CIMG9502_convert_20110128122625.jpg

今日は光の加減か、塔の上の猫も前回よりよく見えます。毬の金色も光って見え猫の表情が本物のようです。


CIMG9483_convert_20110128124755.jpg

木々も自然のままというわけにはいかないのですね。思いっきり伐られていました。


CIMG9481_convert_20110128115659.jpg

ケヤキの大木。


CIMG9513_convert_20110128120455.jpg

牡丹の記事のブログを拝見し、ひょっとして咲いているかなと思ったのですが、やはり冬咲きは植わっていないようで固い蕾だけでした。この一本だけきれいに色付いた葉が残っていました。(カテゴリ豪徳寺・花参)


CIMG9468_convert_20110128120117.jpg

ボタン園の前の丈高い灯籠から空を見上げて。


CIMG9511_convert_20110128120611.jpg

お供えされてまだ間もない花がきれいです。白いストックはカラスがいたずらしたのか地面に落ちていました。花いけに戻してついでに写真を一枚。


CIMG9470_convert_20110128115937.jpg

春には桜の花びらを、秋には落ち葉を満載していたリヤカーも一休みでしょうか。空っぽです。ごみひとつ入っていない管理の良さ。

スポンサーサイト