お雛様

CIMG0402_convert_20110222151520.jpg

もうじき三月三日お雛様です。一時期毎年のように冬の京都を訪れていたことがありました。これは竜安寺前にある「衣笠」という小物屋さんで見つけたものです。手のひらに二つとも乗せてしまえる小さなものです。京都らしい雅さが気に入りました。


             CIMG0399_convert_20110222151339.jpg
           
             横から見たところ。丁寧な造りで小さいながらも風格があります。



CIMG0325_convert_20110222150542.jpg

学生時代の後輩の作品。高さ七㎝ほど。招待された作品展で見つけました。衿元や帯に錦織の生地を使っています。黒い台がついていましたがハンカチの上に飾ってみました。男性陶芸家ですが、歌舞伎研究家でもあるせいか立ち姿の美しい女性像を得意としています。


             CIMG0046_convert_20110222150403.jpg

      台東区谷中を散策中に和風雑貨の店で見つけました。陶製で高さ三㎝ほど。



CIMG0340_convert_20110222150852.jpg

鎌倉の瑞泉寺まで蝋梅(黄梅花)を見に足を伸ばしての帰り、鎌倉駅に戻る途中の小さな小物屋さんで。ふんわりと衣装をまとった可愛らしいお雛様です。これも手のひらに二つとも乗ってしまう大きさです。付属に同じ素材の着物地で出来ている左近の桜、右近の橘が付いています。

お雛様の時期は限られています。これらは出かけた先で偶然見つけたものです。探そうと思って探したものではありませんし、目に止まっても気に入らなければ手元に置くこともありません。人との出会いと同じように物にもうれしい出会いというものがありますね。


***今回を一区切りに四月までブログの更新をお休みいたします。訪問はさせていただきたいと思います。刺激を受けつつ、気持ちを新たに再開したいと思っています。一年間ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト