美術館の春

RIMG6590_convert_20120331143237.jpg

お伺いするブログでカタクリの花を拝見し、近くにカタクリの群生地があることを思い出し行ってきました。
ある企業の私設美術館ですが、研究所の敷地以外は庭園が開放されています。(カテゴリ千葉県川村記念美術館参)
この建物は入り口近くにあり、レストランやショップが入っています。
また個人作家の展示即売の場所もあり、手織りの布地や陶器など買ったりすることもあります。



RIMG6589_convert_20120331144021.jpg

入るとすぐ大きな池のある広々とした庭が広がります。
右手には美術館があるのですが、池の周りを左に林道に入りました。



RIMG6564_convert_20120331121526.jpg

まず目に入ったのがユキワリソウ。白、ピンク、青と今が満開。良い時に来ました^^。



       RIMG6563_convert_20120331121408.jpg




RIMG6580_convert_20120331121759.jpg




RIMG6562_convert_20120331104357.jpg

白いユキワリソウが群れて咲いていました。



RIMG6790_convert_20120331122234.jpg

こんなに小さな可憐な花たちです。



RIMG6596_convert_20120331122402.jpg

ユキワリソウに混じって今日のお目当て、カタクリの花が咲いています。
都合の良いことにこの花は自生地保護用のロープの柱の脇に咲いていました。



RIMG6568_convert_20120331131736.jpg




RIMG6571_convert_20120405144030.jpg

カンスゲと一緒に。



RIMG6789_convert_20120331124557.jpg




RIMG6574_convert_20120331132026.jpg

林の中の開けたところに、一面カタクリの花が咲いています。
ロープで囲って保護されているにもかかわらず大きな望遠レンズをつけたカメラマンたちが足を踏み入れています。
花を愛でての写真です。思うように撮れなくても仕方無いと思うのですが。



RIMG6606_convert_20120331124208.jpg

丘(山)一つがそのまま敷地として整備され様々な植物が四季を通して楽しめます。
林をぬけると広い芝生が広がり菜の花が満開でした。お弁当を広げたり、記念写真を撮ったり・・・。



RIMG6629_convert_20120331133734.jpg

芝生を越えるとひときわ目立つ赤いウメがありました。



       RIMG6628_convert_20120331133920.jpg




RIMG6631_convert_20120331152146.jpg

これだけ豊富な植物群、シュンランがあるはずといっているそばから見つかりました。



       RIMG6633_convert_20120331124911.jpg




RIMG6636_convert_20120331133602.jpg

ヤブランの葉の影に埋もれているように咲いていました。よく見つけられました^^。



RIMG6642_convert_20120331121922.jpg

すっかり伸びたフクジュソウ。土手のあちらこちらで咲いています。



RIMG6753_convert_20120331153234.jpg

この日、29日はやっと春を実感できたようなぽかぽか陽気。ウグイスも鳴いていました。
シナガチョウも日向ぼっこ。でも前に来たときもここにいました。定番位置なのですね^^。


長々とご覧頂き有難うございました。
昨日から引き続き強風ですが、今は雨も降り出し暴風雨となっています。


スポンサーサイト