伊豆 ② 河津桜

IMGP2693_convert_20130228154027.jpg

東京から伊豆急で河津駅下車。
駅を出るとすぐ河津桜の並木が始まります。
川辺の並木まで行っても確かに情報どおり3分咲き位。



IMGP2651_convert_20130228152843.jpg

比較的花の咲いている木を探して写真を撮ります。
メジロが無数に飛び交っています。
ほかにヒヨドリ、モズなど。川にはカモやサギが。
鳥の写真は最後にまとめてみようと思います。



IMGP2599_convert_20130228152219.jpg

菜の花がなければかなり殺風景だったかもしれません。



IMGP2695_convert_20130228232943.jpg

橋の上から。海が目の前です。
桜は花が咲いていなくても葉が赤いので全体が赤く見えます。



IMGP2564_convert_20130228152347.jpg




IMGP2559_convert_20130228153636.jpg




IMGP2561_convert_20130228152304.jpg




IMGP2659_convert_20130228153101.jpg

河津桜の原木。樹齢50年ほど。(寒緋桜と大島桜の自然交配種と言われる)
意外なことに個人の庭にありました。 道路から撮影。
昭和30年頃、飯田勝美氏(故人)が冬枯れの河津川沿いを歩いていて
芽吹いていた桜の苗木を見つけ庭に移植。





IMGP2667_convert_20130228153141.jpg

畑で満開だった白梅。


何より楽しかったのが駅から延々と続く出店。
どの店も試食が出来、花を見るより先に「花より団子」状態。

帰りに桜の香りのする羊羹や宿で食べるための金柑や
サービス満点で倍以上の量になったチリメンジャコなど購入。
花はいまいちでしたが団体客も多く、平日にもかかわらずとても賑わっていました。




この後、予約した宿のある伊豆下田まで電車で行きます。

IMGP2701_convert_20130228232149.jpg

部屋からの眺め。穏やかな夕方の海です。
この後大きな月がこの半島の上から昇ります。(前出)


IMGP2706_convert_20130228232253.jpg

サーフィンを楽しむ人たちもちらほら。
浜辺がとてもきれいなので宿の方に聞いてみると
サーフィンにやってくる人たちが自発的に浜の清掃をしてくれるとのこと。



IMGP2904_convert_20130227132905.jpg

翌朝、日が高く昇ると岩に波しぶきと一緒に水蒸気が上がっているのが見えました。
(日の出・前出)



IMGP2747_convert_20130228231814.jpg

朝食前、浜に出てみます。
散歩の跡^^。

この朝は気温が低く霜柱が立ったということでした。

ゆっくりと朝食を取り、宿の車で駅まで送っていただきます。
駅前からバスでスイセンの群生地「爪木崎」まで行きます。
バスの運転手さんにスイセンはもう終わっているよと言われました。
サクラは早すぎ、スイセンは遅すぎうまくいかないものです><。

続きます。





スポンサーサイト