磐梯山 幻の滝

IMGP8103_convert_20130530154127.jpg 

24日、高湯温泉から芦ノ牧温泉に向かって出発。
磐梯山の美しい姿。
日本百名山のひとつ、会津富士、会津磐梯山とも呼ばれています。



IMGP8111_convert_20130530154442.jpg

磐梯レークラインから見た秋元湖。



IMGP8116_convert_20130530154555.jpg

小野川湖。



IMGP8121_convert_20130530162720.jpg

裏磐梯の荒々しい姿。
ここは何年も昔、夏に訪れています。
今は杖を手放せなくなった母もまだ足腰が丈夫でした。
蝉の脱皮するところを見つけたり、自生しているヤナギランが美しかったことを思い出します。



IMGP8138_convert_20130530155005.jpg

滴るような新緑。



IMGP8127_convert_20130530154817.jpg

雪が残っていたり、紅葉の季節かと思うような美しい芽吹きの色。



IMGP8139_convert_20130530155128.jpg

ここは八方台といって磐梯山(1816m)への登山口があります。
いつか登ってみたいものです。
因みに一切経山は1949m、吾妻小富士は1707m。

思いがけずミズバショウなどの野草に出会いました。
後ほどまとめてアップの予定です。



IMGP8179_convert_20130530155925.jpg

磐梯山ゴールドラインに入ると「幻の滝」がありました。
猫魔ヶ岳(1404m)中腹の小屋川 支流にかかる滝です。
山の中を少し歩くだけで楽に行き着けます。



IMGP8181_convert_20130530160304.jpg




IMGP8175_convert_20130530155727.jpg




IMGP8188_convert_20130530161405.jpg

この道も山野草の宝庫でした。



IMGP8190_convert_20130530161513.jpg




IMGP8204_convert_20130530162008.jpg




IMGP8209_convert_20130530162502.jpg




IMGP8193_convert_20130530161816.jpg




IMGP8191_convert_20130530161616.jpg

落差18m、前出の不動滝とはまた違った優雅な美しい姿ですっかり魅了されてしまいました。
遊歩道ができるまで地元でも知る人はほとんどいなかったというまさに「幻の滝」です。

不動滝もこの幻の滝も水量がたいへん豊富で、しかも新緑の美しさ。
季節的にはとても良かったと思います。
夏にはやはり滝の水も枯れ気味になるそうです。

すっかり満足して芦ノ牧温泉に向かいます。
大川沿いに建つホテルの窓からはイワツバメが無数に飛び交うのが見え
軒下を覗くと信じられないような光景。
どこもどこもツバメの巣だらけでした。

          今日まで長々とご覧いただき有難うございました。 まだ続きます^^。               







スポンサーサイト