美術館の春 続き

aDSCF6707_convert_20150330214550.jpg

庭園のあちこちに「モクレン」、コブシの大木。

追記:はじめコブシと書きましたが
拡大してみましたらこの木は「モクレン」でした。
コブシも確かにありましたので、
記事に「モクレン」を書き加えて訂正といたします(*_*;




aDSCF6718_convert_20150330214630.jpg

蓮池に降りてみます。
ヒツジクサの可愛らしい葉の形。
覗き込んでみると小さなメダカがいっぱいです。




aDSCF6726_convert_20150330220211.jpg

大賀ハスの池にもメダカが。
この池は蓮の花が咲くと景色も一変します。




DSCF6729_convert_20150330220248.jpg





aDSCF6750_convert_20150330214748.jpg

近くの花壇ではムスカリ、マイヅルソウ、クリスマスローズなどが満開。
この花はベロニカオックスフォードブルー。




aDSCF6756_convert_20150330214820.jpg

ちらほら咲いていたジュウガツザクラ(十月桜)。




DSCF6773_convert_20150330220035.jpg

菜の花畑の脇を通って林の中の小道を行きます。
菜の花畑の脇にはオモイガワザクラ(思川桜)があります。
蕾はまだこれからのよう。




DSCF6778_convert_20150330220514.jpg

林の中から菜の花を。
ヒサカキも小さな白い花をびっしりとつけていました。

出口近くのこの林の一角にも大ぶりのカタクリが咲いています。

人の姿もほとんどないこの場所、大きなカメラを持った女性。
今にもロープの中に足を入れんばかりにしていました。
あたりをきょろきょろうかがいながら・・・。
三脚は畳んでありましたが、無神経にもロープの内側にはみ出して置いていました。
私がじっと見ていたら諦めたようです(怒)。




aDSCF6687_convert_20150330214418.jpg

池を見下ろしていると見慣れない鳥がぞろぞろ現れました。
左下隅に白鳥がちょっと写っています^^。




aDSCF6686_convert_20150330214350.jpg

初めはカモの1種かなと思ったのですがオシドリでした(@_@。
先頭を行く地味なのは雌です。

自然の環境でオシドリを見るのは初めてで感激!。
しかもこの群れ以外にもかなりの数がいるようで次々現れました。




aDSCF6679_convert_20150330231028.jpg

カンヒザクラ(寒緋桜)。




abDSCF6819_convert_20150331113511.jpg

ヤシオツツジ。
アカヤシオ、シロヤシオ、ムラサキヤシオの総称。

遠くからでもとても目立ちました。
大ぶりな花が美しい。




aDSCF6815_convert_20150330222307.jpg

池に向かってなだらかに続く芝の斜面では
ハクチョウやシナガチョウがやっと訪れた春を満喫しているようでした。

この日から1週間、暖かい日が続いたので桜も咲いたことでしょう。

終わります。






≪ おまけの1枚 ≫


aDSCF7362_convert_20150331115059.jpg

昨日30日。地元の友達と3人で近くの総合グラウンドでお花見。
いつも通り、コンビ二に寄って飲みもの、お弁当、おつまみなどを買っての超手抜き。
日頃食事作りに一生懸命ですから、この時ばかりは手抜きが大ご馳走(笑)。

風も全くないお花見日和。
久し振りのおしゃべり、楽しい時間が過ぎました。

里山を抜けて帰る途中見つけたツクシです。
緑は伸びてしまったニンジンの葉。

昔はミツバやセリやクコの実など探しに
里山歩きをしたものよねとしばし思い出話。

暗くなってから懐中電灯もって
子供たちとホタルを見に来たじゃない・・・などなど(^^♪





















スポンサーサイト