三茶de大道芸 続き

12_convert_20161017140706.jpg

翌日曜日、この日は別に娘と約束はしていなかったのですが
昨日から気になっていたものが偶然同じということが分かって
緑道の出店の前で待ち合わせ。

金澤敬介さんのお店です。
約2500℃という高熱の出る酸素バーナーの炎で作った耐熱ガラスのアクセサリー。

光の加減で様々に変化する色。
光にかざすときらめく水面や水底のようにも見える自然にできる模様が素晴らしい。
同じものは1つとしてないので全て面白くて目移りして困ります。



a9_convert_20161018135632.jpg

欲しいと思っていた色のヘアーゴムを購入。
やはりなんにでも出会いというものはありますね。

娘もやはり昨日目をつけておいた色を無事手に入れて満足満足^^。
昨日買ったガラスボタンのヘアーゴムよりは大分高いお値段ですが
ひと晩寝ればお財布の紐もまた緩むようです(笑)。



15_convert_20161017140824.jpg

緑道入り口近くの魚屋さんではマグロの解体ショー。



16_convert_20161017140845.jpg

日曜日の今日は茶沢通りは歩行者天国。
大人でもぎょっとする気味悪い河童。
芸人は「Okk(オック)」。
子供たちは本気で怖がって逃げ回っています。



21_convert_20161017140927.jpg

背高のっぽの「Stiltango(スティルタンゴ)」。
軽やかに踊りながら通りを進んでいきます。
情熱的なタンゴの曲と華麗な2人の動き。



22_convert_20161017140952.jpg

香炉から良い香りを漂わせながらタンゴの曲を流している黒マントの人。
誰もすぐには気がつかないほどさりげなく黒子の役をしています。



18_convert_20161018120149.jpg

陽気で楽しい演奏、Cocochi-Kit(ココチキット)。
可愛いボクが一緒に浮かれて前に飛び出していくのを若い両親が必死に止めています^^。
最後までごきげんで拍手もちゃんとしていました(笑)。



19_convert_20161017140906.jpg

演奏の終わった後は帽子に投げ銭^^。



23_convert_20161017141104.jpg

地上から三茶パティオに下りていくとここにも人だかり。



a4_convert_20161018130309.jpg

トロンボーンとトランペットを中心にしたブラスバンド「ブラックエレファンツ」。
上を見て笑っていますが何があったのでしょう。

さらに世田谷線駅前のプラザに戻ると大道芸もそろそろ終盤です。
せっかくなので最後までいることにしました。



28_convert_20161017142546.jpg

見たかった大駱駝艦(ダイラクダカン)」の不思議な踊り。
全身ゴールドでその踊りはまるで異次元のもののようで惹き込まれてしまいます。



29_convert_20161017142658.jpg




a3_convert_20161018130242.jpg

女性の顔は白塗り、真っ赤な口元で笑われると何だか怪談の世界のようです^^。
何とも異様な魅力。



25_convert_20161017142259.jpg




32_convert_20161017144420.jpg

この日最後の出し物、中国雑技芸術団の演技。
ぐらぐらする円筒の上での演技。
何かの賞を取ったということです。



34_convert_20161017143053.jpg

そしてこれもフランスで何かの賞を取ったという椅子の上での演技。
皆息を凝らして見上げていました。
お隣にいたおばあちゃま、「かっこいい~!」と黄色い声援^^。



a5_convert_20161018130336.jpg

全てのプログラムが終了し、演技者たちが続々と集合してきて夜会が始まりました。



38_convert_20161017143232.jpg




40_convert_20161017143258.jpg




a7_convert_20161018130458.jpg

舞台衣装がジャージ姿なので人ごみに紛れるとわからなくなります。
目の前を通り抜けられてから気がつきました^^。
加納真実(カノウマミ)さん。ファンがたくさんいるようです。



a11_convert_20161018194751.jpg

人ごみの中からいきなり目の前に。
うわっと驚いてカメラを向けたら立ち止まってポーズを取ってくれました。
セクシーDAVINCI(ダビンチ)さん。
本当にあきれるばかりの面白い芸人さん。
良い香りのするスプレーをまきちらしながらおバカぶりを発揮^^。



37_convert_20161017144450.jpg




a8_convert_20161018130625.jpg

演奏に合わせてとても自然な感じでそれぞれが退場していきいつの間にか終了^^。
解散後もしばらく余韻に浸ります。

会場をすべて回ることはできませんでしたが初めて2日続けて楽しみました。
ただストリートウォーキングの背高のっぽさんたちに出会えるのを期待して行ったので
スティル・タンゴの1組だけだったのはちょっと残念。

カテゴリ「世田谷・大道芸」で過去記事もご覧ください。
たくさんの大道芸人たちが大活躍。
きっとこの時期は特に芸人さんたちはあちこちで引っ張りだこなのでしょうね。

ご覧いただき有難うございました。
終わります。

















スポンサーサイト