新春、世田谷ボロ市

1_convert_20170117213347.jpg

この冬一番の寒波が押し寄せた15日、世田谷ぼろ市に行ってきました。
寒くて身体がコチコチになるような午前中。
日曜日とあって大変な人出です。

ぼろ市は12月15、16日と1月の15、16日に開催。

天正6年(1578)、小田原城主の北条氏政がこの地に楽市を開いたのが始まりとのこと。
世田谷の伝統行事として400年以上の歴史があります。

初めは古着や古道具、農産物などを持ち寄り売っていたので「ボロ市」。
毎年約700店の露店が並ぶそうです。



2_convert_20170117213415.jpg

両側に並ぶお店も人に遮られて覗くこともできないほど。



3_convert_20170117213438.jpg

ボロ市も都指定無形民族文化財。



5_convert_20170117213600.jpg




9_convert_20170117213715.jpg

世田谷代官屋敷の表門。

母屋とともに国の重要文化財指定。
彦根藩世田谷領の代官を世襲した大場家の私邸および役宅。
屋敷内には罪人を裁いたりしたお白州の跡も残っています。



10_convert_20170117213817.jpg




11_convert_20170117213926.jpg




12_convert_20170117213953.jpg

表門から空を見上げて。



13_convert_20170117214101.jpg

代官屋敷内から門の外を。



4_convert_20170117213507.jpg

とても人気だという焼印やさん。
人の好さそうなご主人が応対に大わらわでした。
オリジナルの焼き印も作ってもらえます。



14_convert_20170117214126.jpg

こんな懐かしい半纏も人気です。

特に骨董品や和服や帯、着物地などを扱っているお店が目立ちます。
レトロな和服姿の男女が見受けられるのもボロ市の特徴でしょうか。
とても斬新な和服の着方をしている若者たちにはびっくりとともに感嘆^^。



15_convert_20170117214150.jpg

人垣の隙間や人の頭越しに撮った露店の写真を並べていきます。



16_convert_20170117214310.jpg




17_convert_20170117214347.jpg

掘り出し物を見つけたい人は露店が準備を始めるまだ暗いうちからやってくるとのこと。



18_convert_20170117214418.jpg




20_convert_20170117214636.jpg




21_convert_20170117214710.jpg




22_convert_20170117214737.jpg




24_convert_20170117214838.jpg

ふかしたての豚の角煮入り中華まんを昼食用に買い退散。
お祭り大好きですがお店もゆっくり覗けないのでは仕方ありません。
それに寒くて寒くて><。



IMG_4816_convert_20170117215010.jpg

帰り道、目に入った紅梅。
可憐な花に寒さもしばし忘れて心も和みました^^。

何度目かのボロ市ですが何度訪れても新鮮です。
実は翌16日も行ってみました^^。
平日とあってお店も少しは覗けます。
でも、この日は野菜やら食料品の買い物に夢中。
写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました><。

更新が間遠になっているにも関わらずご訪問有難うございます。
ご覧いただきありがとうございました。

















スポンサーサイト