百草園 吊るし雛

24_convert_20170220123053.jpg

梅まつりに合わせて吊るし雛が展示されていました。
どれもこれも驚くほどオリジナル性に富んだ素晴らしい作品。

今までも旅先で吊るし雛を見たことはありますが
展示の仕方もあるのでしょうか、これほど親近感を持って見たことはありません。
1つ1つ写真に撮りたいほど可愛らしいものでしたが夥しいほどの作品数。



25_convert_20170220123137.jpg




26_convert_20170220123203.jpg




28_convert_20170220123247.jpg




27_convert_20170220123224.jpg




29_convert_20170220123313.jpg

干し柿とその奥には風鈴。



30_convert_20170220123355.jpg

木の枝にはたくさんの可愛らしい蓑虫。
表情がなんとも言えません^^。



35_convert_20170220123546.jpg

雄鶏さんもとてもリアルでしかも愛嬌たっぷり。
着物地の使い方も素晴らしいです。



31_convert_20170220123415.jpg

蓑虫の下の縁台には手ごろなお値段で買えるものがありました。
どんぐりの傘を利用した可愛らしい花の蕾のついた枝を2本購入^^。



ac_convert_20170221091949.jpg




37_convert_20170220123636.jpg




34_convert_20170220123517.jpg

お雛様から小さなものに至るまで何もかも全て着物地で作り上げられています。
どんなに派手な色使いでも着物地だからこその嫌味のない飽きの来ない風合いです。



38_convert_20170220123657.jpg




33_convert_20170220123453.jpg




36_convert_20170220123614.jpg




a_convert_20170220123724.jpg

蓮の実を応用して。

蓮の実なら私も持ってるなぁ~(笑)。
見ればなるほど私にもできると思いそうになりますが
真似はできるかもしれませんがアイディアは早々生まれてはきません。
素晴らしいものを見せていただいたとほっこりした気持ちに満たされました。




〈 おまけの2枚 〉

21_convert_20170220122920_2017022012405757a.jpg

来た道を帰らず切通しが残っている道を行ってみることにしました。

林から飛び出してきた野鳥。
3羽続けて飛び出してきたのですがその歩き方の早いこと。
私有地なので立ち入るわけにいかず行く先を確認できず><。



22_convert_20170220123009_20170220124059923.jpg

帰宅して調べてみたらコジュケイでした。
チョットコイチョットコイと鳴く鳥。
名前も鳴き声も知っていましたが見るのは初めて。

この辺りは丘陵地帯の面影が色濃く残っています。
切通しを降りて野猿街道(電信柱にプレートが)に出ました。

野猿峠・・・昔ハイキングで延々と歩いたところです。
あっという間に開発されて道もとぎれとぎれになってしまいましたが今はどうなっているのやら。
でも「野猿」という懐かしい名前が残されていたので嬉しくなりました^^。

急に思い立って出かけてきたのですが心豊かな時間を過ごせました^^。

長々とご覧いただき有難うございました。
終わります。












スポンサーサイト