世田谷散歩 続き

1_convert_20170427230714.jpg

美しく刈り込まれた高い生垣。
この寺町には26のお寺が集まっています。



1_convert_20170426234327.jpg

静かな佇まい、広い敷地のお寺が並んでいます。
それぞれ入ってみたいところですが夕方には予定が入っているので急ぎ足で・・・



2_convert_20170426234425.jpg




3_convert_20170426234550.jpg

ひときわ緑豊かなお寺さん、妙寿寺。
入ってみます。



4_convert_20170426234741.jpg




5_convert_20170426234904.jpg

江戸中期に鋳造され、関東大震災で当時の深川(江東区)で火災にあったという梵鐘。
大きな傷跡が震災の激しさを語っています。



7_convert_20170426234933.jpg

足場が組まれていましたが3階建て木造の客殿。
明治期の鍋島侯爵邸の1部をを移築したもの。



10_convert_20170426235121.jpg

貴重な古い板ガラスの窓が建物に一層の重厚さを与えています。



8_convert_20170426235012.jpg

藤が咲き始めていました。
房が長く垂れさがる頃はまたさらに景色も美しくなっていることでしょう。



9_convert_20170426235053.jpg




12_convert_20170426235426.jpg

このお寺の檀家だという方とお話ししましたがとても誇りに思っていらっしゃる様子でした。
私もこんな緑豊かなお寺だったらお墓に入ってもいいかな・・・なんて(笑)。



23_convert_20170426235907.jpg

門近くには榎木の巨木。
新緑が清々しく夏はどんなにこの木陰は涼しかろうといつまでも見上げていたい木でした。



13_convert_20170426235454.jpg

寺街を歩いて最後に出会うお寺、高源院。
弁天池に浮御堂。



14_convert_20170426235521.jpg




15_convert_20170426235554.jpg

池に映る青空に白い雲。



17_convert_20170426235726.jpg

この池は「烏山の鴨池」として知られ世田谷百景の一つ。
マガモ、カルガモ、コガモなどが飛来し都会の中での越冬地の役割を果たしているとのこと。

面白いことに井之頭公園の池と水源が地下で繋がっているとのことです。



22_convert_20170426235839.jpg

亀の甲羅干し^^。



19_convert_20170426235801.jpg




26_convert_20170427000042.jpg

来た道を引き返しながら最後に入ってみたのが元照寺。



31_convert_20170427000523.jpg

ユーモラスな狛犬。
花水木が満開。



30_convert_20170427000448.jpg




29_convert_20170427000333.jpg

ひっそりとした美しい竹林。



28_convert_20170427000233.jpg

八重の山吹。



27_convert_20170427000134.jpg




32_convert_20170427000629.jpg

藤が咲き、



34_convert_20170427000717.jpg

石楠花が咲き、



35_convert_20170427000814.jpg

少しだけ枝垂桜が咲き残り



36_convert_20170427000854.jpg

清々しいお寺でした。

いつかまたゆっくりと散歩してみたい寺町です。
雨の日なども良いかもしれません。

長々ご覧いただき有難うございました。

記事らしい記事がありません。
コメント欄閉じさせていただきます。






















スポンサーサイト