FC2ブログ

明治神宮 御苑

RIMG0295_convert_20140628100425.jpg

昨日27日、母のところへ行くのをお休みして明治神宮へ行ってきました。
お目当ては内苑(御苑)の花菖蒲です。
着いた頃は雨がポツポツ。

大鳥居をくぐるとゆるやかに曲がりくねる緑濃い参道。
この広大な樹林は全て計画的に人工的に植栽されたものです。
いつ来ても驚きの念を禁じえません。



RIMG0353_convert_20140628100817.jpg

子供の頃から大好きな内苑(御苑)です。
周りの風景に見事に溶け込んでいる質素な受付で
維持費としての500円を払い、道を下っていくと池に出ます。

スイレンの花が見頃のようですが、遠くてコンデジでは撮れません。
このスイレンは昔は池のほとりにまで広がって自然の姿を見せていました。
今は囲いの中です。



RIMG0355_convert_20140628100733.jpg

池は幅を狭めながら花菖蒲田へと続いています。



RIMG0339a_convert_20140628083128.jpg

花はすでに終りに近い状態ですがもちろん想定内^^。
気持のよい緑だけで充分です。



RIMG0321_convert_20140628083210.jpg

東屋の茅葺き屋根が新しくなっていました。
屋根の上で芽を出していた小さな楓たちはどこに行ったのでしょう。



RIMG0340a_convert_20140628083257.jpg

はるか奥にスイレンの囲いが見えます。



RIMG0335_convert_20140628084939.jpg

周囲の緑を映して気持のよい水面。



花菖蒲田から上にあがって「清正の井戸」に行ってみました。
いつだったかパワースポットとして脚光を浴びるやいなやとんでもない長蛇の列が。
そんな光景に出くわしてあきれ果てたことがあります。
それまでは訪れる人もまれなくらいひっそりとした佇まいの井戸でした。

この日は並んでいる人はわずかでしたが
列の後ろから下に見える井戸をのぞいてみると
井戸の脇にはあれこれ指図している管理の人がいました。
私はその場でUターン。  何だか変な世の中(>_<)



RIMG0343_convert_20140628082322.jpg

池を見下ろす位置には隔雲亭。



RIMG0351_convert_20140628084746.jpg

この池のお釣台で昭憲皇太后はしばしば釣りを楽しまれたとか。



RIMG0371a_convert_20140628110724.jpg

今日は本殿には行かずすぐ帰途に。
森林浴を楽しみながらの帰りの参道。
入口の大鳥居が見えてきました。
日本最大の木造りの鳥居だそうです。



RIMG0372a_convert_20140628084606.jpg

いつもは渋谷まで歩くのですが、今日は原宿駅から山手線利用。
渋谷に着いたらまずは楽しみな本屋さんへ直行^^。

神宮橋の上から原宿駅を。
遠くには世田谷からいつも定点観測 (笑) しているドコモビルが見えます。




≪ おまけの1枚 ≫


RIMG0375_convert_20140628070035.jpg

内苑の受け付けでいただいた記念の品です。
お茶のパックが5袋入っていました^^。
花菖蒲の絵柄の入場券。



母は手足の力も大分強くなり、歩行器でのリハビリも順調。
好きな時代小説を読む気力も少しですが出てきたよう。

でも自信が出てきた時がかえって油断大敵で心配です。
重度の「人に迷惑をかけたくない病(笑)」の母が
1人で動こうとするのではないかとハラハラしているのですが
本人とホームのスタッフさんたちを信じて私も普段の生活に戻ろうと思います。
色々ご心配いただき有難うございました。

庭はどうなっているやら(@_@;)。
明日29日千葉に戻る予定です。