FC2ブログ

花菖蒲その他

aDSCF4788_convert_20150614143405.jpg

撮り置いた写真が続きます。

ハナショウブ(花菖蒲)。
毎年、アヤメかハナショウブかで混乱。
今回もまた調べなおしました(>_<)

花が咲くのは5月下旬から6月下旬。
花弁の根元に黄色い目の形。

因みにカキツバタは白い目の形。
湿地や水の中で咲くとあるのでわかりやすい。

アヤメのことは気にしないことに(笑)。
気にするとまた混乱して元の木阿弥。




aDSCF4858_convert_20150614143314.jpg

設定を変えてみたら全体の色が変わりましたが
実際は1枚目のように殆ど白に近い薄い紫色の花。

これも植えた覚えのない花で
3、4年ほど前からシランの葉の間に顔を出すようになりました。
どこからやってきたのか不思議です。

梅雨時に淡い色がとても爽やか。
今年は蕾も入れて3本に増えました(*^^)v






aDSCF4025_convert_20150614120052.jpg

コモチマンネングサ。
どこにでも見られる野草。
プランターの中でシュウカイドウ(秋海棠)の葉や
ミズヒキ(水引)と一緒に。

初めて見た時は
星の形をした面白い花だと思っていましたが
いつの間にか庭中に。

茎の葉の根元にムカゴが出来ます。
「子持ち」の由来です^^。
花に花粉はできず、ムカゴで増えていくとのこと。






aDSCF4124_convert_20150614120225.jpg

サツキの間から顔を出したノビル(野蒜)の花。
真上から撮影。
最盛期は過ぎて花は萎れかかっています。
地味ですが紫色がかすかに入ってなかなか美しい花です。
地下の鱗茎は食用になります。






abcDSCF4394_convert_20150614145454.jpg

いつの間にかホオズキ(鬼灯・酸漿)の花が咲き




aaDSCF4885_convert_20150614192029.jpg

葉の下に隠れるように青い実もいくつか大きくなっています。
そのうち「鬼灯」の字にふさわしい赤い実に^^。







≪ おまけの1枚 ≫


aaDSCF1545_convert_20150614124143.jpg

シオカラトンボの雌。
初夏にふさわしいキラキラした姿。 (5月21日の撮影)