FC2ブログ

世田谷ぶらり歩き

aIMG_0147_convert_20151121104533.jpg

昨日20日(金)はあいにくの曇り空でしたが、出かけついでに少し歩くことに。
歩き出してしばらくすると大吉寺(浄土宗)があります。

作家、寺内大吉さんの生家。
広くはない境内ですが、入ってすぐの銀杏がとても見事です。



bIMG_0140_convert_20151121130919.jpg




IMG_0141_convert_20151121114312.jpg

車が一台入っていたガレージの屋根も銀杏の葉で覆われていました。



aIMG_0149_convert_20151121114412.jpg

用事を済ませてからさらにぶらぶら歩いていると高い木立が見えます。
行ってみると、意外にも前にも来たことのある世田谷城址公園。

歩いて来た道が以前とは違うので
「こんなところに出たの?」と方向音痴の私はびっくり(*_*;

南北朝時代、初代吉良氏が築き、以来吉良氏8代の居城となって栄えたところ。
今も石垣や土塁、空堀が残っています。



aIMG_0272_convert_20151121092825_20151121111218726.jpg

大好きなお寺、1480年創建の曹洞宗の古寺、豪徳寺。
世田谷城址公園とは丘陵続きです。

彦根藩主、井伊家代々の墓所です。
招き猫発祥の地であり、彦根のゆるキャラ「ひこにゃん」のモデルだそうです。



aIMG_0152_convert_20151121104600.jpg




aIMG_0160_convert_20151121092306.jpg




aIMG_0167_convert_20151121092436_20151121094820b0c.jpg

桜のころは右のしだれ桜が見事です。



aIMG_0209_convert_20151121092640_201511211111231cc.jpg

招猫殿の横にはおびただしい数の招き猫が。



aIMG_0193_convert_20151121105619.jpg

墓所の前のお地蔵様。
紅葉の時期にはお地蔵さまも晴れやかなお顔にみえます^^。



aIMG_0191_convert_20151121105527.jpg

墓所の入り口から中を。
銀杏の葉が一面に敷き詰められて。



bIMG_0196_convert_20151121131152.jpg

中央、一番奥が井伊直弼のお墓。

学生時代、今は亡き友達と彦根に泊まってあちこち旅したことがあります。
その時に彦根にある「埋木舎(うもれぎのや)」を訪ねたことがありました。

井伊直弼が自分は埋れ木と同じだと不遇をかこっていた頃の質素な住まい。
井伊直弼と「埋木舎」というひなびた美しい名前はいつも一対で思い出されます。



IMG_0176_convert_20151121141105.jpg

招猫殿から塔を。
塔の上には招き猫の姿をした親猫とそばに子猫がいるのが見られます。
ほとんどの人が気がつかないためボランティアの方が説明していました。



aIMG_0165_convert_20151121092351_2015112111100887c.jpg

まるで本物のような生き生きした子猫。
これは上とは違う面にいる子猫です。



bIMG_0172_convert_20151121131017.jpg

あとは素晴らしい紅葉をごらんください。
ボランティアの方によるとあとⅠ週間たてば最高の紅葉が楽しめるとのことです。
でも十分美しく見ごたえのあるものでした。



bIMG_0180_convert_20151121131105.jpg



aIMG_0239_convert_20151121114506.jpg



aIMG_0235_convert_20151121110439.jpg



aIMG_0260_convert_20151121115101.jpg



aIMG_0218_convert_20151121110034.jpg



aIMG_0216_convert_20151121105919.jpg

境内の清掃に大活躍のリヤカー。
春、桜の花びらで一杯になったリヤカーを見て以来の大ファンです(笑)。



aIMG_0189_convert_20151121105427.jpg



aIMG_0158_convert_20151121104857.jpg



aIMG_0154_convert_20151121104652.jpg



abIMG_0192_convert_20151121105736.jpg



aIMG_0168_convert_20151121092524.jpg

何度か豪徳寺を訪れてはブログにアップしていますが、なかなか良い時には巡り合えません。
いつでも美しく清らかなお寺ですが今回は特に満足満足^^。



aIMG_0273_convert_20151121114822.jpg

豪徳寺を出て世田谷線の踏切を超えると世田谷八幡宮。
井伊家の治めていた世田谷村の鎮守。

赤い大鳥居をくぐるとコンクリート製の二の鳥居があります。
右には厳島神社。



aIMG_0275_convert_20151121114707.jpg

石段を上ると本殿が。
文政8年(1825)の建立。
昭和39年に改築されコンクリート製の本殿になりましたが
元の本殿はこの中にそっくりそのまま納まっているとのことです。



aIMG_0280_convert_20151121115508.jpg

本殿の近くには力石があります。
48貫と読めますが持ち上げられたのでしょうか。
説明は特に書いてありませんが力比べなどに使われたのでしょう。



aIMG_0277_convert_20151121115547.jpg

厳島神社のすぐ上の台地には土俵があります。
美しくカーブを描いて座席が作られています。

江戸時代は娯楽の1つとして相撲が盛ん。
この世田谷八幡宮の奉納相撲も知名度が高かったとのこと。

今でも祭礼の時には農大の相撲部による奉納相撲が行われるとのこと。
各大学の郊外移転や相撲部の廃部などにより今では農大のみとなったそうです。
機会があれば9月の祭礼のときに訪れてみたいものです。


長々とご覧いただき有難うございました。