FC2ブログ

雪の奥飛騨温泉郷 ①

aIMG_0581_convert_20160223122447.jpg

2月20日(土)、午前8時10分新宿発の高山行き高速バスに乗車。
行先は高山の手前の平湯温泉。

平湯温泉は奥飛騨温泉郷の中でも一番古くからある温泉地です。

あらかじめ現地の天気予報を調べておきましたが
その予報通り着いた時は雨模様。



aIMG_0583_convert_20160223122549.jpg

とりあえず荷物を預かってもらおうと徒歩5分とある今日の宿へ。
氷作りの灯篭が^^。



aIMG_0584_convert_20160223122637.jpg

道路の反対側の家の軒には見事な氷柱。

今日の宿は「匠の宿 深山桜庵」。
早い到着にも関わらずとても親身な応対。
記帳を済ませ担いできたリュックを預かってもらい
また歩いてバスターミナルまで戻るつもりが
こちらが何も言わないうちに車で送りましょうと言ってくださいました。



aIMG_0588_convert_20160223122728.jpg

時間もあまりないし、雨ならば古い街並みが良いかもと
バスで飛騨の小京都といわれる飛騨高山へ。

ここは過去にも何回か訪れています。
傘がちょっと邪魔ですが、雨の高山もしっとりとしていて良いものです。
観光客でとても賑わっていましたが・・・。



aIMG_0589_convert_20160223122813.jpg




aIMG_0598_convert_20160223123428.jpg

新年を迎えたと思ったらもうお雛様の季節ですね。



aIMG_0602_convert_20160223123528.jpg

お酒を扱う店の多さに改めて驚きます。
ここで甕に入っていた冬季限定の「しぼりたて」を試飲(有料)。
おいしくてついつい宅配を頼んでしまいました。



aIMG_0603_convert_20160223123653.jpg

店の奥には昔の帳場。



aIMG_0606_convert_20160223123757.jpg

古い街並みを散策。



aIMG_0608_convert_20160223123850.jpg




aIMG_0609_convert_20160223124044.jpg

どこもどこも行きかう人は海外からの観光客。
聞こえてくる言葉は外国語ばかり。



aIMG_0642_convert_20160223124139.jpg

今日の宿は夕食なし朝食のみの予約。
ゆっくりできましたが、そのうち傘をさしたりつぼめたりでビショビショに。
早く温泉に入って温まりたいと宿に戻ることにしました。

館内のあちこちに置かれていた旅館オリジナルの大きな「さるぼぼ」。
静かさを味わえるとても良い宿です。

次回は宿の様子を少しご紹介。
そして明日は予報では雪が降るかもしれません。
さてどこに行きましょう^^。

続きます。