FC2ブログ

東日本大震災から5年・・・①

aIMG_1250_convert_20160318122816.jpg

東照宮。
といっても日光東照宮ではありません^^。

今月15日から2泊3日で仙台市に行ってきました。
高齢の義姉夫婦の様子伺いと義父母のお墓参りをするためです。

私たち夫婦は皆より1日早い16日に仙山線を利用して墓園へ。
お墓参りを済ませその足で仙山線沿線の東照宮へ。



aIMG_1254_convert_20160318122922.jpg

お墓参りはいつも誰かしらの車に便乗。
そのため電車沿線のことは何も知りません。
初めて訪れましたが、格式の高さを感じました。



aIMG_1256_convert_20160318123021.jpg

1954年(承応3年)伊達忠宗が創建。
東照大権現(家康)を祀っています。
伊達家の守護神。



aIMG_1270_convert_20160318124550.jpg

随身門をくぐり社殿へ。



aIMG_1272_convert_20160318124616.jpg




aIMG_1255_convert_20160318162801.jpg




aIMG_1261_convert_20160318123115.jpg

葵の紋。



aIMG_1264_convert_20160318124423.jpg

横から奥を見てみます。
唐門、透塀、とても美しい姿です。

日光東照宮は権現造り、
こちらは拝殿を別棟に配している点で様式が異なるとのこと。



aIMG_1268_convert_20160318124447.jpg

神楽舞台。



aIMG_1281_convert_20160318124714.jpg

一重の椿の木がそこかしこに植えられ今が盛り。
満開の花も散り敷かれた花もとても美しく風情のあるものでした。



aIMG_1288_convert_20160318124801.jpg

再び仙山線に乗り仙台へ。
そこから地下鉄東西線に乗って国際センター下車。

センターの広い敷地を抜けて仙台城大手門跡、脇櫓の横を通り長沼へ。



aIMG_1290_convert_20160318124858.jpg

対岸の土手は茂る木々でうっそうとしていたようなと記憶していましたが
木は低く切られ落葉のせいもあってすっかり明るい雰囲気になっていました。
この沼は昔々息子たちがザリガニ釣り(餌はスルメ)に夢中になった沼^^。

沼の脇の坂道を登って修復し終わった清水門跡から天守台へと歩きます。
途中、博物館のレストランで遅い昼食。



aIMG_1302_convert_20160318124955.jpg




aIMG_1304_convert_20160318125049.jpg




aIMG_1308_convert_20160318125143.jpg

ここは未だに崩れた石垣の修復が終わらず立ち入り禁止になっています。



aIMG_1310_convert_20160318125207.jpg

天守台にたどり着いて目に飛び込んできたものにびっくり。
すっかり平らにきれいに整備され、何やらたくさんの礎石が・・・。



aIMG_1314_convert_20160318125243.jpg

調べてみると平成13年から大広間跡を中心とする発掘調査が行われ
これらの礎石は大広間内部の礎石とのこと。
それぞれの部屋の大きさや名前がわかるようになっています。
このプレートには柳の間、畳敷、4畳とあります。

仙台城は雅称を青葉城。
家康に警戒されないようにあえて天守閣を造らず
大広間と言われる桃山風の書院を造ったとのこと。
その大きさはとても想像できません。



aIMG_1311_convert_20160318125305.jpg

東屋が新しく出来ていましたが、伊達政宗の騎馬像は昔のままに凛々しく。



aIMG_1316_convert_20160318125354.jpg




aIMG_1321_convert_20160318125449.jpg




aIMG_1322_convert_20160318125524.jpg

木々が生い茂って視界を遮っていた場所もすっかりきれいになり
眼下の様子もはるか遠くの様子も良く見えるようになっていました。
お天気にも恵まれて素晴らしい眺望です。

遠くに見えるのは七ツ森と言って7つの山の総称。
仙台都市圏の北辺の目安となっている山。

平成24年7月から石垣復旧工事開始。
中門、清水門、本丸北西、酉門の復旧工事が平成27年2月17日に完了。

それにともない通行止めになっていた市道(仙台城跡線)も全面解除。
帰りはこの道を歩いてみましたが
歩道が広くなり柵など設置するなど安全対策もされていました。

天守台に大きな「昭忠碑」がありますが
地震の影響で碑のてっぺんから落下してしまった巨大な鳶の像は修復中。
元の台座に納まるのも近いようです。
それにしてもどうやって台座に乗せるのでしょう。
翼の直径は6m70cmもあるそうです。
クレーンを使うにしても碑自体がとても高いので大変な作業だと思います。

仙台駅周辺や青葉城に関してはほとんど大震災の爪痕は感じられませんでしたが
翌日訪れた福島県白河にはまだまだ生々しい傷跡が残っていました。

続きます。


***青葉城に関しては
カテゴリ東日本大震災、2011、8、5の記事をご覧いただければと思います。