FC2ブログ

遥かなる国モロッコ ⑨

aIMG_3354_convert_20160512085533.jpg

4月24日、フェズを出発。
バスの車窓からの風景。
集落には1つならず複数でモスクがあります。



aIMG_3356_convert_20160512085625.jpg

モロッコのスイスと言われるイフラン。
さすが垢ぬけた街です。
モロッコは必ずしもトイレ事情が良いとは言えませんでしたが
ここは安心して使えました^^。



aIMG_3357_convert_20160512085706.jpg




aIMG_3363_convert_20160512085820.jpg

アトラスシーダーの森を歩いてしばしの森林浴。
この森の中には王様のスキー用の別荘があります。



aIMG_3376_convert_20160512085849.jpg

森林の先に待機していたバスに再び乗りエルフードへ向かいます。
エルフードは砂漠ツァーの起点として知られる街。
かつてフランス駐留軍の駐屯地だったところ。

車窓からの風景が続きます。

遊牧民、ベルベル人の家。
確か砂漠に定住しているベルベル人の家屋という説明だったと思います。



aIMG_3378_convert_20160512085915.jpg




aIMG_3387_convert_20160512090019.jpg




aIMG_3395_convert_20160512090046.jpg

雪が残っているアトラス山脈。



aIMG_3402_convert_20160512090242.jpg




aIMG_3405_convert_20160512090200.jpg




aIMG_3408_convert_20160512090326.jpg




aIMG_3414_convert_20160512090354.jpg

バスを降りて写真タイム。
走ってきた断崖絶壁の道。
途中転落したのか驢馬が足を上に向けて死んでいるのをバスの中から目撃。



aIMG_3429_convert_20160512090453.jpg

再び車窓から。



aIMG_3433_convert_20160512090522.jpg

ヤシの生い茂るオアシス。



aIMG_3438_convert_20160512090630.jpg

防砂のための植物?で出来た柵。
ここで見たのが最初で最後。
なぜここに必要なのかはわかりません。



aIMG_3439_convert_20160512090705.jpg

何かの練習でしょうか、騎馬の群れ。



aIMG_3441_convert_20160512090740.jpg

砂塵にまみれて。



aIMG_3445_convert_20160512090810.jpg

立ち寄った大理石工場。
研磨している様子です。

このあたりは化石がごろごろ出てくるところ。
磨く面にはアンモナイトの化石が浮かび上がっています。



aIMG_3448_convert_20160512090845.jpg

化石が並んでいる店内、すべて売り物です。
私は小さな大理石の動物(いのしし?)を1つ購入。
小さいものは化石でも何でも値段が一律なので分かりやすい^^。



aIMG_3454_convert_20160512090913.jpg

今日はエルフード泊。
いよいよこのツァーに参加した目的の1つ、待望の砂漠です。

翌朝、暗いうちにホテルを出発して砂漠に昇る朝日を見に行きました。

砂漠の入口で待っていたラクダたち。
ラクダ組と徒歩組と別れ、私はラクダ組。
ところが出発という時になってラクダが1頭足りないことに。

長くなりましたので次回に続きます。