FC2ブログ

富山県への旅 高岡 ②

3_convert_20160623120339.jpg

新高岡で瑞龍寺を見学してから宿のある高岡に移動。
ホテルにチェックイン後、高岡の町をぶらり歩き。

金屋町に入る手前千保川に架かる鳳鳴橋の両側に立つ鳳凰の像。
鋳物の町の象徴です。

金屋町は千本格子の家並が美しい重要伝統的建造物保存地区。

高岡は1609年、加賀前田家2代目当主、前田利長公によって作られた町。
商人や鋳物師など職人の集まる城下町としての基礎を築いた。

開町から5年後、利長公がなくなると高岡城も廃城。
しかし3代目当主利常公が遺志を受け継ぎ商工業の町としてよみがえらせる。
それ以来高岡は「加賀藩の台所」として隆盛を極めたとのこと。

その町民文化は物づくりの技やお祭りなどによって受け継がれ日本遺産に認定されています。



9_convert_20160623120928.jpg




4_convert_20160623120411.jpg




7_convert_20160623120819.jpg

午後の日差しがちょうど差し込んで。



6_convert_20160623120527.jpg

19、20日と「御印祭」があるようです。
運の良いことに19日も高岡泊なので夜お祭りを見ることができます。



aIMG_5447_convert_20160625073836.jpg

御印祭のポスター。



11_convert_20160623121004.jpg




8_convert_20160623120853.jpg




aIMG_5473_convert_20160624104206.jpg

鋳物の町らしく石畳に埋め込まれたハートマーク発見。
他にもあちこちに色々な形の鋳物が埋め込まれています。



13_convert_20160623121040.jpg

夕食を予約していた居酒屋さん。
富山は海鮮料理が楽しみ。
夕食は白エビ、イワガキ、刺身、貝類など心行くまで堪能^^。



aIMG_5499_convert_20160624201710.jpg

路面電車。
月が出ています。明日も暑くなりそうです。



15_convert_20160623121210.jpg

翌朝18日、高岡駅です。
今日はこれから「べるもんた」に乗るために新高岡駅まで行きます。

新高岡駅で乗る予定の「べるもんた」が車庫から出てきました。



16_convert_20160623121247.jpg




18_convert_20160623121328.jpg

目の前で何やら・・・



19_convert_20160623121429.jpg

ポイントを手動で切り替えました。
手作業なのが今時珍しく嬉しくなります^^。



20_convert_20160623121516.jpg

「べるもんた」は新高岡駅へと出発準備です。



21_convert_20160623121626.jpg

私達が新高岡駅まで乗る忍者ハットリくんの電車がやってきました。



22_convert_20160623121800.jpg

新高岡駅に着きました。
駅では今日のセレモニーの準備が進められています。



23_convert_20160624104023.jpg

くす玉の用意も。



25_convert_20160624104243.jpg

駅員さんたちも何となくそわそわ。

実は新高岡駅で「べるもんた」1万人乗車達成のお祝いのセレモニーがあるのです。

運行開始からわずか8か月での大台突破。
全39席で土、日の週2日、しかも1日2往復だけですから大した人気と言えるでしょう。
この日の乗客のうち2人が代表でお祝いを受けました^^。

そのお祝いと同時に
公募していた「べるもんた」にまつわる物語の入賞者4人(2人欠席)の表彰もありました。

実は娘がいつの間にか応募していてびっくりなことに最優秀賞をいただきました。
作品のタイトルは「ベルと魔法の展覧列車」
今後どういう形でかは分かりませんがPRに使われるようです。

娘たち物語の入賞者はご招待。
私たちは氷見線、城端(ジョウハナ)線にぜひ乗ってみたいと即予約。

というわけで運よくセレモニーも見ることができ、しかもうれしいことに
この日の乗客全員が大台突破記念の資格ありということらしく記念品までいただきました^^。



w_convert_20160625004041.jpg

全員に白い手袋が配られいよいよくす玉が割られます。



28_convert_20160624104534.jpg

くす玉も無事はじけセレモニーが終了。
いよいよホームへ。
高岡市のゆるキャラ、大伴家持さんと前田利長さんもお見送りです^^。

楽しい「べるもんた」の旅が始まります。
続きます。