FC2ブログ

富山県への旅 氷見線  ①

2_convert_20160625191842.jpg

いよいよ「べるもんた」に乗り込みます。
今日は土曜日なので海の景色を楽しめる氷見線です。

「ベル・モンターニュ・エ・メール」
フランス語で美しい山と海という意味だそうです。
城端(じょうはな)線は山の景色になります。



1_convert_20160625191813.jpg

報道陣の皆さん。



3_convert_20160625191914.jpg




5_convert_20160625192014.jpg




6_convert_20160625192048.jpg




aIMG_5576_convert_20160626005042.jpg

この暑い日に御苦労さま!!!



7_convert_20160625192114.jpg

なつかしい扇風機の取り付けられている天井。



aIMG_5580_convert_20160626005132.jpg

木製の吊手に鋳物の装飾。
模様がそれぞれ違います。
以下各地の技術や特産品の動く展示場。
そして窓からの景色も動く絵画となります。



9_convert_20160625192204.jpg




10_convert_20160625192239.jpg




11_convert_20160625192340.jpg

車内の様子。
厨房があり、予約で(その場でも注文できたようですが)お寿司やお酒なども楽しめます。
私たちは終点氷見で下車して氷見港で海鮮をと予定。



16_convert_20160625192912.jpg

ボランティアの説明ガイドさんや「氷見をつまみ食いウォーク」という
1万人達成列車の客限定ツァーのガイドさん(白い上着)も乗りこまれていました。



12_convert_20160625192638.jpg

嬉しいことにカウンター席だったので窓の外の景色を独り占め^^。
記念品の1つ、白エビせんべいの入った箱「べるもんた」を置いてみました。
うっかりして「べるもんた」のキャラクターのことを失念、裏側でした><。



13_convert_20160625192714.jpg

伏木(ふしき)駅のホームで。



14_convert_20160625192754.jpg

美しい海が見えてきました。
お天気は最高!



15_convert_20160625192835.jpg

有名な雨晴海岸。
運が良ければ遠くに立山連峰が見えるはずなのですが残念。
冬に来れば雪をかぶった美しい姿が見えるかもしれません。

見えている島は男岩。



17_convert_20160625192958.jpg

こちらは女岩。



18_convert_20160625193046.jpg




19_convert_20160625193209.jpg

撮り鉄さんが手を振っています^^。



20_convert_20160625193235.jpg

雨晴駅。
いつの間にかセレモニーの司会者の女性と大伴家持さんと前田利長さんが^^。



21_convert_20160625193309.jpg




22_convert_20160625193349.jpg

前田利長公が御当地キャラなのは分かりますが大伴家持は?というと

高岡市の伏木には奈良時代に越中国(富山)の国府が置かれていて
大伴家持はここに国守として天平18年(746)に赴任。

5年間滞在したその間に数多くの歌を詠み万葉集に収められています。
雨晴海岸は特に冬の立山連峰を絶賛した場所だということです。

・・・立山に振り(降り)おける雪を常夏にみれども飽かず神からならし・・・



23_convert_20160625193427.jpg

沿道にはたくさんの歓迎の人々。



24_convert_20160625193515.jpg

踏切にも^^。



25_convert_20160625193554.jpg

氷見駅に着きました。
何ともド派手なゆるキャラが出迎えてくれました(笑)。
続きます。