FC2ブログ

富山県への旅 城端線 ③

aIMG_5880_convert_20160628233135.jpg

井波別院瑞泉寺続きです。
北陸最大級の伽藍。

明徳元年(1390)、北陸の浄土真宗の中心として建立。
本堂は幾度もの焼失を経て明治18年(1885)に再建。
勅使門の「獅子の子落とし」をはじめ井波彫刻の粋が集結。

先に訪ねた善徳寺とよく似ていますがさらに巨大です。



aIMG_5877_convert_20160628231055.jpg




aIMG_5882_convert_20160628233244.jpg

拝観受付。
木彫の町らしくここにも彫刻。



aIMG_5883_convert_20160628233312.jpg

トイレの看板まで^^。



aIMG_5893_convert_20160628233411.jpg

受付から山門を。
雨がだいぶ降ってきました。



aIMG_5896_convert_20160628233438.jpg

本堂。



aIMG_5900_convert_20160628233558.jpg




aIMG_5901_convert_20160628233726.jpg




aIMG_5905_convert_20160628233924.jpg




aIMG_5910_convert_20160628234005.jpg




aIMG_5924_convert_20160701090534.jpg

境内の外。
美しい長い石垣。
この石垣に沿って右手に勅使門があり
門の両脇の柱に「獅子の子落とし」の彫刻を見ることができます。



IMG_5916_convert_20160702104724.jpg

「獅子の子落とし」の彫刻の1部です。



aIMG_5933_convert_20160628234415.jpg

お寺を後に雨もほとんど止んでしっとりと潤った町を歩きます。
趣ある坂道の途中に浄土宗浄蓮寺。
境内に黒髪庵と翁塚があります。



aIMG_5936_convert_20160628234526.jpg

「翁塚」。
芭蕉の門弟だった瑞泉寺11代の浪化(ろうけ)上人が芭蕉の死を悲しみ建てたとのこと。



aIMG_5943_convert_20160628234656.jpg




aIMG_5958_convert_20160628234929.jpg

井波からバスで高岡に戻りました。
午後7時半から高岡市金屋町の「御印祭(ごいんさい)」が始まります。
ホテルに荷物を下ろし身軽になってお祭り会場へ。

レンガ造りの富山銀行本店。
東京駅を模しているといわれる県内唯一の本格的西洋建築。



aIMG_5948_convert_20160628234831.jpg

気がつくと虹が出ていました^^。



aIMG_5960_convert_20160628235000.jpg

お祭り会場が見えてきました。
午後7時過ぎ、すでに屋台のあたりは賑やかそうです。
17日に金屋町を訪れた時に渡った鳳鳴橋の鳳凰の像が見えます。



aIMG_5963_convert_20160628235035.jpg




1_convert_20160629182157.jpg




2_convert_20160629182227.jpg

報道用のカメラマンもあちこちに。

翌朝の新聞記事によると
金屋町に住む鋳物師を主人公にした映画「デンサン」の撮影がこの日にスタート。
映画に使われる御印祭のシーン収録があったとのこと。

主人公役を予定していた元お笑い芸人が無免許運転で起訴され
事務所から契約解除されたため新たに主人公役を選ぶという記事も><。



4_convert_20160629182341.jpg

市長の挨拶などがありいよいよ踊りの行列が出発します。
続きます。