FC2ブログ

富山県への旅 八尾そして富山市

aIMG_0086_convert_20160703203505.jpg

八尾、石垣の町続きます。

禅寺坂。
対岸からみると一面の石垣のように見えますが実際には石垣には小路が結構あります。
見上げると崖の上の家々に向かっているように見える小路があります。
小路の中には私道もあるのでしょうか。



aIMG_0098_convert_20160703203540.jpg

聞名寺(もんみょうじ)方向へと上って行きます。



aIMG_0103_convert_20160703203644.jpg

石段途中から見た風景。



aIMG_0111_convert_20160703203718.jpg

上りきると目の前が聞名寺。

浄土真宗本願寺派桐野山聞名寺。
正応3年(1290)、本願寺代3世覚如上人が北陸巡行の際に建立。
八尾が門前町となった発祥の地とのこと。



aIMG_0117_convert_20160703231842.jpg




aIMG_0120_convert_20160703231924.jpg




aIMG_0124_convert_20160703231953.jpg

そろそろ引き揚げることに。
富山駅行きのバスを待つ間にバス停近くの和菓子屋さんで休憩。
ソフトクリームと麩饅頭をいただきました。



aIMG_0125_convert_20160703232024.jpg

ここにも「風の盆」^^。



aIMG_0132_convert_20160703232052.jpg

家の軒下に下がっていた風鈴。

八尾からバスで富山駅まで直行しホテルにチェックイン。
この日はさすがにくたびれて近くのコンビニで食料調達。
部屋でのんびりします。



aIMG_0135_convert_20160703232119.jpg

21日(火)、いよいよ旅の最終日。

富山駅のコインロッカーに荷物を預け、徒歩で「富山市ガラス美術館」へ。
美術館というよりもその建物内にある図書館が目的です。

ガラス美術館は常設館を見学。
驚いたのは美術館よりも図書館。

美術館を背後にして下りのエスカレーターから撮影してみました。
今まで見たこともないような素晴らしく開放的な空間で閲覧室が丸見えです。

この「富山市ガラス美術館」は建物が最上階まで吹き抜けに。
この吹き抜けを中心に美術館と図書館が各フロアーを縦に使い分けている面白い構造です。
木材をたっぷりと使った清潔で居心地の良い場所。
ベンチもたくさんありしばし書棚から選んできた本に没頭しました^^。



aIMG_0136_convert_20160703232144.jpg

路面電車に乗って終点岩瀬浜駅まで。
北前航路ができた明治初期に建てられた回船問屋が立ち並ぶ街並みを訪れます。



aIMG_0139_convert_20160703232211.jpg

ここも観光客の姿はなく、食堂もかろうじて1軒だけ開いていました。
新鮮なお刺身定食を注文。
岩瀬運河が目の前です。



aIMG_0145_convert_20160703232303.jpg

岩瀬橋からの運河の眺め。



aIMG_0141_convert_20160703232239.jpg

川面を見下ろすとたくさんのクラゲがプカプカ浮いています。



aIMG_0146_convert_20160703232329.jpg




aIMG_0148_convert_20160703232355.jpg

岩瀬港の守護神として信仰を集めてきた琴平神社の常夜燈をモデルにしたという展望台。
そこからの風景。



aIMG_0149_convert_20160703232523.jpg

ところが風も入らない温室状態。
蒸し上がってしまいそうで早々に退散しました。



aIMG_0157_convert_20160703233821.jpg

北前船回船問屋、森家。



aIMG_0159_convert_20160703233852.jpg




aIMG_0160_convert_20160703233921.jpg

各部屋を案内されながら説明を受けましたが残念ながら時間切れ。
新幹線に乗る時間に間に合わなくなるので事情を言って途中で失礼しました。

岩瀬駅より東岩瀬駅の方が近いからと
走るようにしてたどり着き、どうにか富山駅行きの路面電車に間に合いました。

地図の読める娘のおかげです。
どうしていつも迷わず目的地に着けるのか、
自他共に許す超がつく方向音痴の私には不思議で不思議で><。

路面電車の富山駅は新幹線乗り場とはかなり離れているので時間がかかります。
事情を言って手近のJRの改札口を通らせていただき駅構内を走ります。
新幹線乗り場側の改札口も通り抜けさせていただきどうにかコインロッカーへ。
やれやれ、発車前10数分、最後の最後で大汗をかきました。

富山県への旅、これで終わります。



ながながとご覧いただき有難うございました。
ご訪問感謝いたします。
またしばらく更新をお休みいたします。

今年も猛暑の夏となりそうです。
皆様ご自愛ください。