FC2ブログ

大山詣り ②

3_convert_20161121232640.jpg

大山ケーブル駅行きのバスを待つ私たちに飴が配られました。
名物の大山独楽(こま)をイメージした
伊勢原市の公式イメージキャラクター「クルリン」の金太郎飴です。
当のクルリンもバス待ちの私たちにご挨拶に来てくれました^^。



4_convert_20161121233031.jpg

大山ケーブル駅についてすぐ美しく日に輝く見事な楓が出迎えてくれました。

因みにバスの中では落語が放送されます。
落語「大山詣り」だったのでしょうか。



6_convert_20161122084444.jpg

こま参道。
ここが夢にも思わなかった難行苦行の石段の始まり^^。



7_convert_20161122084502.jpg

空高く見上げる先に皇帝ダリア。
寒さにも負けずに美しい花を咲かせていました。



8_convert_20161122084526.jpg

何かとても懐かしさを感じさせる参道のお土産物屋さん。



9_convert_20161122084542.jpg

大山の特産品、ミヅキなどを材料に独楽を作っているお店。
300年以上も前から供たちに人気。



10_convert_20161122084558.jpg

ひたすら上へと登ります。
参道脇には名物の豆腐料理、猪(しし)鍋が売り物の料理屋さんがならんでいます。

豆腐料理・・・丹沢山系からの良質な水や
僧侶や修験者による精進料理の下地があったことなどから土地の名物に。

途中、宿坊、先導師と書かれている看板を見ます。
宿の主人(神職)が今でいうツァーコンダクターの役をして山を案内。
江戸時代には160名以上の先導師が存在したとのこと。
現在もこの仕事をしている方たちがいらっしゃるとのこと。



12_convert_20161122084712.jpg

ケーブルカーの乗り場に来ましたが「超」がいくつもつくような行列。
120分待ちとのこと。
2時間も待っていたら日が暮れてしまいます。
歩くことにします。



11_convert_20161122084639.jpg

石段脇の斜面にかわいらしい冬桜が咲いていました。



13_convert_20161122084734.jpg

美しい楓の落ち葉。



14_convert_20161122084755.jpg

ここで石段が左右に分かれています。
女坂は途中で大山寺に寄るようです。
女坂を行くことにします。



15_convert_20161122084819.jpg

途中で出会った細い滝にほっとひと息。
昨日の雨のせいか勢いよく音を立てて流れ落ちています。



16_convert_20161122084839.jpg

ミツマタの花の蕾。
雨の滴がまだたっぷりとついています。
このミツマタは地元の小学生たちが参道に沿って植えたものです。
春には美しい光景になることでしょう。



17_convert_20161122084854.jpg

ミツマタに足長の面白い蜘蛛。



19_convert_20161122084914.jpg

石段をひたすら登っていきますが、気温も高く風がソヨともないので汗びっしょり。



20_convert_20161122085012.jpg

途中本当に見事な色の楓の木がありました。
ここに次々と到着した人たちの誰もが歓声を。



21_convert_20161122084946.jpg




23_convert_20161122085117.jpg

枯れ葉の中に小さなお地蔵さま。



24_convert_20161122085143.jpg

これが女坂かと文句を言いたくなるほど^^の急な石段。
ケーブルがなかった時代は粋な半纏姿の男衆が山籠で参詣客を運んだとのこと。

それにしてもケーブル駅から中腹の阿夫利神社まで標高差278mの急こう配です。
それを籠を担いで・・・大変な力仕事ですね。



25_convert_20161122085205.jpg

上から見下ろして。



26_convert_20161122085229.jpg

この女坂には「大山の7不思議」といわれるものがあって
これは弘法大師が道具を使わず
手の爪で一晩で彫ったものと言われている「爪切り地蔵」。
何事も集中すれば出来ないものはないという教えのようです。



27_convert_20161122085253.jpg

何やら屋根らしきものが見えてきました。



28_convert_20161122085325.jpg

がんばれがんばれ^^。
ケーブルカーに乗れるつもりでいたのにまさかの歩き。
一応用心してトレッキングシューズを履いてきましたが正解でした。



29_convert_20161122085443.jpg

今にも朽ち果てそうな建物。



30_convert_20161122085638.jpg




32_convert_20161122085726.jpg

不動明王様です。



31_convert_20161122085703.jpg

ここにも見事に紅葉した楓。
登ってきた人たちは皆ここで一休み。
あまりの暑さに誰もが「暑い暑い」と着ているものを1枚1枚脱ぎ捨てています^^。



33_convert_20161122085801.jpg

途中の紅葉の見事さに驚き、このお不動様にたどり着いただけでも満足満足。
さらに上はどんなに素晴らしい景色なのか、期待が膨らみます。

続きます。