FC2ブログ

雪と温泉 続き

21_convert_20170315110255.jpg

清々しい景色。
風がないので寒さも殆ど感じません。



23_convert_20170315110345.jpg

雪に埋もれた電信柱^^。



24_convert_20170315110407.jpg




26_convert_20170315110454.jpg

なが~い氷柱(つらら)。
武器になりそう^^。



28_convert_20170315110545.jpg




29_convert_20170315110609.jpg

歩こうなんて物好きは私たちのほかにはいないようです^^。



30_convert_20170315110629.jpg




32_convert_20170315110730.jpg

氷柱の面白さ。



37_convert_20170315111042.jpg




38_convert_20170315111101.jpg

氷柱の中の結晶。



39_convert_20170315111124.jpg




33_convert_20170315110808.jpg

万座プリンスホテルまで来ました。
ホテル敷地内からスキー場のリフトを。

近くにあるという牛沼に行くつもりだったのですが
ホテルの方に道を聞くと雪で埋もれているのではないかと^^。
さもありなんと納得です(笑)。



34_convert_20170315110831.jpg

スノーボードの人。
見る見るうちに斜面を遠ざかっていきました。



35_convert_20170315110901.jpg




36_convert_20170315111010.jpg

マンツーマンでスキーのレッスン。



40_convert_20170315111149.jpg

引き返します。
雪に埋もれる「日進館」の看板。



41_convert_20170315111212.jpg

宿に戻り冷えた身体を温めようと露天風呂「極楽湯」へ直行。
その前に湯畑を見てみようと小屋の脇の道を行ってみましたが何やら大きな声が響いてきます。
「硫化水素の濃度が非常に濃くなっているので直ちに退避するように」とのアナウンスでした。
露天風呂からも湯畑は見えるのですが、気のせいか硫黄の匂いが昨日よりも濃く感じました。

入浴後ホテル内で昼食。
そのあと残りの時間を控えの部屋に戻ってのんびりすることに。
部屋では寝転ぶ人や談笑する人・・・。
娘はこの後もう1度温泉に、私は読書(半分居眠り)です。



42_convert_20170315111235.jpg

バスに乗り込む頃には日が差し始め雪解け水が春の小川のようです。

1泊の旅でしたがとても充実した時間。
こんなに何回もお風呂に入ったのは初めてです。
温泉地に行っても大抵は何度も浴場に通うのが面倒になってしまうのですが
観光する所もなく温泉しか楽しみがないとなれば何度でも入れるものだと妙なところに感心しました。

5月までは雪の状態が続くとのこと。
芽吹くころ訪れればまた違った雪の雰囲気が楽しめることでしょう。


ご覧いただきありがとうございました。
終わります。