FC2ブログ

マレーシア縦断の旅 ③

1_convert_20170405155228.jpg

ペナン島に泊まって3日目も世界遺産ジョージタウン観光です。
1803年に建立されたマレーシア唯一のビルマ寺院。

因みにマレーシアの国教はイスラム教。
政治体制は立憲君主制。
元首は王ですが政治的実権は殆どありません。



2_convert_20170405155324.jpg

龍と馬の体を持つ像のちょうど足元に日本があります。



3_convert_20170405155426.jpg

ご本尊は釈迦如来像。



4_convert_20170405155449.jpg

ガイドさんの言う方向に目をやると僧が1人。
お祈りをしてくださるということなので皆と一緒にお願いしました。



5_convert_20170405155507.jpg

日本でいう樒(シキミ)のような枝を束ねたもので聖水を頭の上から振りかけていただきます。
祈祷のあとミサンガというものを手首に巻いていただきました。
私もミサンガをつけていただいたのですが自然に切れるまで外してはいけないとのこと。

何事も体験ではありますが信者でもないのに良かったのだろうかとちょっと反省。
ミサンガは切れずに今も私の手首にあります。



10_convert_20170405155954.jpg

涅槃寺。
1900年の建立。
タイと中国式の入り混じった寺院で本堂と五重の仏塔(パゴタ)がある。
1958年金箔をまとった全長33mの涅槃仏が作られた。



12_convert_20170405160148.jpg




13_convert_20170405160341.jpg




15_convert_20170405160441.jpg

床の美しい蓮の花の模様。



16_convert_20170405160539.jpg




17_convert_20170405160651.jpg

涅槃仏の背後にある通路の両側の壁面には骨壺が安置されていました。



18_convert_20170405160755.jpg




19_convert_20170405160851.jpg

涅槃寺を出た後は朝市を見学。



20_convert_20170405161055.jpg




21_convert_20170405161202.jpg




23_convert_20170405161306.jpg




24_convert_20170405161413.jpg

マレーシアでは南国の美味しいフルーツが楽しめると思ったのですが
カットされたフルーツは切った包丁が不潔かもしれないからということで
ホテルやレストランで出されたもの以外は禁止。

但し皮の付いたものなら大丈夫ということで小さな実の龍眼(左側)という果物を買いました。
この果物は中国雲南省に行った時に美味しかったと経験済み。
ここでではありませんが後でサービスエリアでも売っていたので購入。
帰国までの2日間で美味しい美味しいと2人で平らげました^^。



25_convert_20170405161512.jpg

ざるの上にゆでた麺を広げていましたがその後どうするのかは見損ねてしました><。



26_convert_20170405161614.jpg




28_convert_20170405162438.jpg

野菜もとても豊富です。



29_convert_20170405162542.jpg




31_convert_20170405162740.jpg

朝市見学後民芸品店で買い物。
その後トライショーと言って日本の人力車に当たるものに乗りました。
日本式とは違い乗客が前に乗り車夫は後ろでペダルをこぎます。



32_convert_20170405162812.jpg

自分の足(右側)を入れて前を行くツアー仲間を写してみました^^。
意外なことにとても涼しい風が巻き起こるのでとても快適でした^^。



33_convert_20170405163008.jpg

前方の壁面にまた大きな落書き。



34_convert_20170405163036.jpg

トライショーの車夫が休憩している姿のようです。
苦み走った良い顔をしています^^。



36_convert_20170405165509.jpg


陽気な車夫さんと楽しい街見物を終えた後は飲茶で昼食。
その後船でブキットメラ・オランウータン保護島へ。



35_convert_20170405165417.jpg




37_convert_20170405165553.jpg

島へ渡る船。
湖畔(人工の湖)のレジャー施設の敷地内に浮かぶ島です。
オランウータンはマレー語で「森の住人」という意味。

棲家を失ったり人間に虐待されていたオランウータンをこの島に移し保護育成。
過去100年で森林伐採や乱獲で9割以上も減少しているとのこと。



38_convert_20170405165646.jpg

遠ざかる桟橋。



39_convert_20170405165750.jpg

島の桟橋から保護区に通じる通路で妙なものを見ました。



40_convert_20170405165847.jpg

中には幼い子供のオランウータンが遊んでいました。
初めはここに置いて少しづつ人間の姿に慣れさせるということでした。

続きます。













2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/09 (Sun) 07:55 | EDIT | REPLY |   
Xin  

Re: お早うございま~す!

鍵コメ様、コメント有難うございます。
マレーシアは国教はイスラムですが観光した限りでは
仏教、ヒンドゥー、キリスト教が混在していてとても興味深いものでした。
異人種、異宗教がとても平和に共存しているように感じました。
それは長く続いた戦争の歴史から国民が学んだものということでした。
本当に穏やかな国民性でした。
日本も過去の歴史を忘れてはいけませんね。

2017/04/09 (Sun) 08:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment