FC2ブログ

緑陰花散歩

1_convert_20170510111134.jpg

大型連休中の4日、千葉県の佐倉市にあるIDC川村記念美術館に行ってきました。
いつ行っても何かしら新鮮な驚きのある美しい庭園、自然散策路がお目当てです。

数年前まで庭園は無料で開放されていましたが、今は有料。
庭園だけでしたら大学生以上200円で入れます。
9万坪に及ぶ広大な敷地です。
維持管理のためにはこれでは安すぎるのではと思います。



1a_convert_20170510111221.jpg

無料の頃は左右どの道から入っても自由でしたが
今は仕方のないことですが入り口、出口が決まっています。

チケット売り場脇の林の中を入っていくと早速ギンランに出会いました。
でも近くを探してもほかに見当たりません。



3_convert_20170510111243.jpg

エビネ。
我が家でも咲いていますが鉢の中で咲くのと自然の中で咲くのとではやはり大違いです。



6_convert_20170510111423.jpg

ホウチャクソウ。



7_convert_20170510111448.jpg

イカリソウ。



8_convert_20170510111529.jpg

淡い黄緑色っぽい花びらのエビネ。
それにあちこちにキンランの姿も。

以前来たときは庭園奥の杉林の中で1、2本見かけただけです。
キンランも幻の花になってしまったのかと嘆いたのですが時期が外れていただけだったのかも。



9_convert_20170510111651.jpg

林を通って受付でチケットを見せて白鳥の憩う庭に入りました。
何度来ても新鮮で清々しい印象です。



10_convert_20170510111731.jpg

まず最初にこの時期だけ解放されているIDC総合研究所敷地内の久留米つつじを見に行きました。
すでに最盛期は過ぎていて緑の葉が目立っていました。

帰宅して遅まきながらホームページを見てみると今年はいっせいに咲くことがなかったとのこと。
以前一度見に行ったときは真っ赤に咲きそろいそれは見事だったのですが・・・。



11_convert_20170510111843.jpg

研究所の敷地を出て池沿いに歩きます。
池の向こうに見えるのが美術館。



12_convert_20170510111911.jpg

藤棚の下のベンチは満席^^。
何度か来ていますが花が咲いているのを見るのは初めて。



13_convert_20170510111938.jpg

至る所に群れて咲いているジュウニヒトエ。
白っぽい花が多いようです。



15_convert_20170510112108.jpg

この花は淡いピンク色をしていてとてもきれいです。



14_convert_20170510112004.jpg

ここにもエビネ。
後ろにぼんやりと黄色く見えるのはキンラン。



16_convert_20170510112209.jpg

ホウチャクソウ。



18_convert_20170510112341.jpg

林への道を上っていくと雑木林の木漏れ日の中に無数のキンランが。
これほどの群生地には今まで出会ったことがないので興奮してしまいます。



19_convert_20170510112410.jpg

シャガも咲いています。



20_convert_20170510112523.jpg




21_convert_20170510112550.jpg




22_convert_20170510112615.jpg




25_convert_20170510113357.jpg




26_convert_20170510113431.jpg




27_convert_20170510113458.jpg

キンランに心を残しながら芝生広場に降りてきました。
八重の桜がまだ少し残っていました。
近くの林の道も桜の木の下も花びらで埋まっています。



28_convert_20170510113555.jpg

次回に続きます。