世界遺産知床半島への旅 ⑤

137_convert_20170807003305.jpg

先に展望台に着いていたツアー仲間からエゾシカがいると教えられました。
写真では伝わりにくいかもしれませんが驚くような急斜面!!!



143_convert_20170807003755.jpg

よく見ると奥にもう一頭。



142_convert_20170807003727.jpg

キョトンとした穏やかな愛らしい顔。



145_convert_20170807003902.jpg

草をモグモグお食事中でした^^。



138_convert_20170807003413.jpg

向かいの岸壁には「フレぺの滝」が。



139_convert_20170807003502.jpg




140_convert_20170807003608.jpg

この滝には川がありません。
知床山系に降った雪や雨が地下水となって断崖の割れ目から流れ落ちている潜流爆。

知床8景のひとつです。
落差60m、標高80m。
水量も少なく静かに流れ落ちているいることから「乙女の涙」と言われている。
この時は比較的水量があった方でしょうか。
滂沱の涙(友人曰く)でした^^。



144_convert_20170807003827.jpg

絶壁に青い海、たたずむエゾシカ。
いままで見たことのない感動的な景色です。



141_convert_20170807003700.jpg

可憐な姿、エゾカワラナデシコ。
展望台付近にだけ見られました。



146_convert_20170807003934.jpg

いつまでも同じ姿勢でたたずんでいるエゾシカ(手前黒い地面の部分)と青い海に船。



147_convert_20170807004025.jpg

背後を見上げれば知床連山が見えるはずなのですが
この日はあいにく山の方は雲がかかっていて見ることができませんでした。



148_convert_20170807004049.jpg

シカの足跡。



149_convert_20170807004149.jpg

往復約2㎞の距離ですが歩きやすい道でとても気持ちが良くて物足りないくらいです。



150_convert_20170807004223.jpg

見たことのない花です。
帰宅後調べてみるとイケマという蔓性の植物。
見ることができてラッキー^^。



151_convert_20170807004415.jpg

この時期、あちこちで見られるノコギリソウ。



152_convert_20170807004445.jpg

ハコベに似ているなと思ったら名前はカラフトホソバハコベ。



153_convert_20170807004518.jpg

とても小さくて2枚ともピンボケになりました。
貴重な花・・・もっと真剣に撮るべきでした><。



154_convert_20170807004545.jpg

エゾシシウド?
似た花にノラニンジンとかオオハナウドというのもありますがよくわかりません。

ネイチャーガイドさんの楽しくわかりやすい説明と素晴らしかった散策の時間に感謝。
再びバスに乗りこみ「知床さいはて市場」という所で買い物タイム。
その後今夜の宿のある屈斜路湖畔温泉まで。

ホテルは全室湖が見えるということでしたが私たちの部屋は3階。
目線の先には木々が・・・湖はほんの少ししか見えませんでした。

この夜はオプションでガイド付きの「摩周湖星空鑑賞」を申し込んでいましたが
雲が多くとても星が見えるとも思えません。
気分的にもあわただしいのでキャンセル。
部屋でゆっくり休むことにしました。

翌朝はもうひとつのオプション「摩周湖雲海ツアー」がありましたが
星と同様雲海も雲が厚く残念な結果となったとのこと。


旅の3日目は野付半島、風連湖を訪れながら本土最東端「納沙布岬」まで行きます。

続きます。



余談ですが日差しが少し出始めてから急に家の周りでセミの声がにぎやかになりました。
セミは気温が上がらないと鳴かないというネイチャーガイドさんの説明を思い出しました。
そういえば今朝は涼しいというより寒いほど、確かにセミは一匹も鳴いていませんでした^^。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する