FC2ブログ

夏の万座温泉 完

23_convert_20170913120117.jpg

国宝「東置繭所」。
入場料1000円を払って見学開始。

世界遺産、国宝「富岡製糸場と絹産業遺産群」。
群馬県では古くから養蚕、製糸、織物といった絹産業が盛んで
富岡製糸場をはじめとする文化遺産が数多く残っていて平成26年(2014)世界遺産に登録。

明治5年(1872)に政府が模範工場として設立した器械製糸工場。
1987年、操業停止。

明治の初期、繭の収穫は年に1度。
生糸の原料である乾燥させた蚕の繭を保管しておくために巨大な倉庫が必要。
ここには東置繭所と西置繭所の2棟の貯繭倉庫があります。



a_convert_20170913114418_201709131202554ab.jpg




b_convert_20170913120201.jpg




24_convert_20170912145117.jpg

1階展示場内。



25_convert_20170912145139.jpg

室内の階段は使用禁止。
見学者は外階段から2階に上がります。



26_convert_20170912145245.jpg




27_convert_20170912145307.jpg




c_convert_20170913120227.jpg




28_convert_20170912145328.jpg




29_convert_20170912145350.jpg




IMG_8072_convert_20170913122853.jpg

中庭を抜けると正面に国宝「西置繭所」があります。

この西置繭所は調査により細かな点まで変遷が明らかに。
工場のシステムの変化を知るうえでとても貴重で価値が高いことがわかりました。
最盛期の昭和49年頃の姿に復旧するために2015年から保存修理中。

公開は2019年春頃までの期間限定。



32_convert_20170912145516.jpg

ヘルメット着用(貸出料200円)。

中では屋根の吹き替えの様子などガラス越しに見学できますが残念ながら撮影は禁止。
1年分の繭を保管するため全長100mを越えるという倉庫の巨大さに驚きます。



34_convert_20170912145610.jpg

今まで非公開だった鉄水溜(明治8年造)。
2006年、国重要文化財に指定。



37_convert_20170912145733.jpg

必要とされる大量の水を地下水や製糸所の下を流れる鏑川などから汲み上げ貯水したタンク。
直径15m、最深2,4mの巨大なタンクで約400tもの水を溜めることができる。



1_convert_20170914124522.jpg

日本で現存する最古の鉄製構造物。
輸入した鉄板を横須賀造船所関連の施設である横浜製造所で基本的造作をすませた後
ここ製糸場まで運ばれ組み立てたもの。

軍艦を作る技術であるリペット止めがされている。



2_convert_20170914124659.jpg

鉄壁に1ヶ所穴があけられていて中を覗くことができます。



38_convert_20170912145758.jpg

土台には群馬県南牧村の椚石(クヌギイシ)が使われている。
石は微妙に傾斜が出るように設置されています。



39_convert_20170912145817.jpg

ここには男性のボランティアさんがいてなぜ土台の石が沈まないのかとか
興味深い話を色々してくださいました。
日陰だったので暑さに参ることもなくゆっくりお話を伺うことができました。



40_convert_20170912145835.jpg

乾燥場の煙突。
乾燥場は平成26年(2014)2月の大雪で半壊したとのこと。



42_convert_20170912145940.jpg

暑さ対策にミストのサービスがありますが殆ど効果が無いような><。
とにかく蒸し暑くて熱中症になりそうです。
ついに売店でアイスキャンディーを買って一休み。
高原の涼しさが恋しい^^。



43_convert_20170912145958.jpg

国宝「繰糸所」。



44_convert_20170912150041.jpg

繰糸所内部。



45_convert_20170912150118.jpg




IMG_8112.jpg

首長館(ブリュナ館)。
指導者として雇われたフランス人、ポール・リュブナが家族と共に暮らした家。
「生糸の神様」と言われた人。

後にこの建物は宿舎や工女に読み書き、裁縫などを教える学校として利用。



46_convert_20170912150138.jpg

説明が何も書いてありませんが何を発掘しているのでしょう。
この後、当時の社宅なども見て歩きましたが怪しげな風が吹き始め黒雲が出てきました。
駐車場まで結構歩くので急ぐことに。



47_convert_20170912150201.jpg

途中にあった古い建物。
やはり発掘中のようです。

絹遺産群のマップを見ると県内の広い範囲に見どころが散らばっているのがわかります。
時間があればこれらをゆっくり回るのも面白そうです。



48_convert_20170912150224.jpg




49_convert_20170912150254.jpg

空が真っ黒になってきました。
雷もゴロゴロ・・・



50_convert_20170912150319.jpg

駐車場のおじさんがニコニコ笑って「間にあって良かったねぇー」と。
この後しばらくは豪雨、雷、稲妻とスリル満点のドライブとなりました。
毎度のことながらドライバー役を一手に引き受けてくれた娘に感謝です。



長々とご覧いただき有難うございました。
写真も毛無峠など繰り返し載せてしまいましたがそれでも伝えきれない思いです(笑)。
見渡す限り何もないのが良いのです^^♡
百聞は一見に如かず・・・機会がありましたらぜひ訪れてみてください。
お勧めの場所です。


終わります。




































6 Comments

hotter  

No title

超大作の万座温泉旅日記、堪能させていただきました。
はじめはガスっていた場所が多かったようですが
旅の終わりはお天気に恵まれたようでよかったですね。
富岡製糸場は一度行ってみたい場所です。

2017/09/15 (Fri) 17:10 | EDIT | REPLY |   
ハロゲンくん  

富岡製糸場

Xinさん、こんばんは

万座の旅、ロングランでお疲れ様です。
富岡製糸場、まだ行ったことがなく、行ってみたくなりました。
この夏は天候不順で、よく雨が降りましたね。

2017/09/15 (Fri) 18:04 | EDIT | REPLY |   
Xin  

Re: No title

hotterさん、コメント有難うございます。
長々とご覧いただき有難うございました。
自分のための備忘録と思い気力を奮い立たせて綴りました(笑)。
万座の夏はいつも霧に見舞われるのか、それとも異常気象のせいなのか・・・
でも霧はあまり経験できないので精一杯楽しみました。
富岡製糸工場、季節の良い時がお勧めです^^。

2017/09/15 (Fri) 18:57 | EDIT | REPLY |   
Xin  

Re: 富岡製糸場


ハロゲンくんさん、コメント有難うございます。
この夏は(今も)本当に異常気象でしたね。
この旅も好天に恵まれませんでしたが異常気象のせいなのかなと思っています。
製糸工場、じっくりと時間をかけてみる価値ありますね。
周辺の絹遺産群も見れたらさらに良かったと思っています。

2017/09/15 (Fri) 19:02 | EDIT | REPLY |   
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/16 (Sat) 05:45 | EDIT | REPLY |   
Xin  

Re: お早うございま~す!

鍵コメ様、コメント有難うございます。
あちこちにお出かけ、お元気ですね。
私は旅行以外ほぼ引きこもリ状態です><。

お蚕さんを飼われていた様子を実際に見られているのですね。
貴重な経験ですね。

この製糸工場は初めこそ女工募集をかけても応募者がいなかったようですが
そのうち一等工女に許される赤いたすきはあこがれの的になったようです。
近代化の進む中で女性の果たした役割は大きいですね。

台風が心配ですね。
まともなお天気の何と少ないことかと今年の異常さに暗澹たる思いです。

2017/09/16 (Sat) 11:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment