FC2ブログ

秋の高原 ⑥

IMG_9583.jpg

チャツボミゴケは「まりごけ」とも呼ばれ1年中緑色を保つとのこと。

またバイオミネラリゼーションと呼ばれる生物が鉱物を作り出す作用により
現在でも鉄鉱石の生成が行われているとのこと。

???鉄鉱石に寄生しているのではなく鉄鉱石を作っている???
なかなか理解しがたい苔の習性ですがひたすら感心してしまいます。



IMG_9585.jpg




IMG_9586.jpg




IMG_9589.jpg

四季折々、周りの景色は変わっても苔の緑は変わらず。
後から調べてみると秋が一番苔が美しいらしく良い時期に行きました(^^♪



IMG_9596.jpg

硫黄の匂いのする川が流れ込んでいます。
川底の枝や葉は白くなっています。



IMG_9601.jpg

木道を進んで穴地獄を覗きこむたび景色が変わります。



IMG_9607.jpg




IMG_9608.jpg

側壁から鉱泉が湧き出している不思議な光景。



IMG_9609.jpg




IMG_9612.jpg

「穴地獄」は白根火山の爆発で出来たすり鉢状の大きな穴。
硫酸性泉の20℃ほどの鉱泉が湧き出し
動物が落ちると出られなくて死んでしまうことからついた名前。
鉄鉱石の露天掘りが始まり今は平地となり当時の面影はないとのこと。

これよりすり鉢状だったなんて想像できません><。



IMG_9610.jpg

赤褐色の階段を上ってみます。



IMG_9611.jpg

上から見下ろして。



IMG_9622.jpg

上の道を歩きます。



IMG_9620.jpg




IMG_9634.jpg

日本固有種であるモリアオガエルの生息するという池。



IMG_9637.jpg

イトトンボが目玉をくりくり^^。



IMG_9641.jpg

奥にもう一つの池。
ここもモリアオガエルの生息地。
私たち以外ここまで来る人はなくひっそりとしていました。



IMG_9642.jpg

その先は藪状態、引き返して下の道に戻ることに。



IMG_9660.jpg

ムラサキシキブの葉のようですが?。
川沿いの道を駐車場に戻ります。

駐車場に戻ってびっくり!。
大型観光バスが着いたところで人がぞろぞろ歩きだしていましたが
ここに来るまでの道はすれ違えないほど狭い山道です。
観光バスが入って来るとは・・・
心なしか運転手さんの顔がホッとしているようでした(笑)。

長々と苔の写真ばかりご覧いただきました><。
ここから最後の訪問地、「太子(おおし)駅」へと向かいます。


続きます。