FC2ブログ

晩秋の美術館 ①



☆☆ 11月30日アップの予定が下書き保存した時点で千葉自宅のパソコンが故障。
   自力修復できない状態になってしまいました。
   今夕、東京世田谷に来て今更ながらですがそのまま更新しています ☆☆
         


IMG_1723.jpg

上着もいらないほどのポカポカ陽気の昨日29日、
DIC川村記念美術館に「フェリーチェ・ベアトの写真」展を見に行ってきました。

青空に美術館の幟が翻っています。



IMG_1943.jpg

フェリーチェ・ベアト(1834-1909)。
イタリア生まれのイギリス人写真家。
1863年から21年間横浜を拠点に江戸や長崎など各地で風景や風俗を撮影。



IMG_1725.jpg

庭園への入口。
以前は庭園は無料で開放されていましたが今はわずかな金額ですが有料になっています。
無料の頃は所々に環境維持のための募金箱などが置かれていましたが
目立たないし、大した効果はなかったのでは・・・。

美術館は別料金となります。



IMG_1726.jpg

緑濃かった林も秋になり木の葉も落ちて明るく開放的な感じ。
春にはカタクリやミスミソウをはじめ可憐な野草が群生するエリア。



IMG_1728_20171129203257628.jpg




IMG_1736.jpg

噴水のある広場に出ました。



IMG_1740.jpg




IMG_1741.jpg




IMG_1742.jpg

ついつい景色に気を取られてしまいます><。
美術館の建物の前にある赤いもの(椅子だったと思います)も誰かの作品です^^。



IMG_1750.jpg

中に入るのは久しぶりです。
吹き抜けの天井やステンドグラスなど魅力的な館内の様子ですが撮影禁止。



IMG_1759.jpg

写真展はセピア色になった江戸や横浜などの風景、庶民の姿など
それほど混んでいないので1枚1枚をじっくりと時間をかけて見ることができました。
同時に紹介されている日本の草創期の洋画18点も堪能。

外に出るとくらくらするほどの日差しで噴水が気持ち良い^^。



IMG_1761.jpg

お昼寝中のシナガチョウ。



IMG_1762.jpg

ちょうど紅葉が真っ盛り。
光を浴びて輝くさまはいくら見ても見飽きません。



IMG_1763.jpg




IMG_1767.jpg




IMG_1769.jpg




IMG_1770.jpg




IMG_1772.jpg

池の周りをまわって藤棚のある小高い丘に上ると池の端が見渡せます。
対岸にオシドリのつがいの姿。

遠いので小さなカメラではなかなかピントが合いません。
カモだと思って撮っていたらなんとオシドリでした(^^♪

そういえばいつだったかこの池でオシドリの群れが泳いでいるのを見たことがありました^^。


次回に続きます。