FC2ブログ

ミャオ族の民族衣装と刺繍 完

IMG_2350.jpg

ガラスケースの中の非常に貴重な「背帯」の数々。

背帯とは子供を背負うためのもので大切な嫁入り道具のひとつ。
「布目から魔が入る」と言い伝えがあり、特に念入りな刺繍がほどこされている。

モチーフの1つひとつに意味があり
文字を持たなかったミャオ族の信仰や精神性、民族の誇りが物語のように衣装に縫いこめられている。
                                  (パンフレットより)



IMG_2355.jpg




IMG_2357.jpg




IMG_2358.jpg




IMG_2361.jpg




IMG_2362.jpg




IMG_2360.jpg




IMG_2359.jpg



*******



IMG_2352.jpg

子供はかけがえのない宝。
子供を守るための背帯のほかに子供用の帽子や靴など。
どれを見てもその見事さに驚きます。
どんなに心を込めて作り刺繍したであろうその心が伝わってきます。



中国全土で漢民族以外に少数民族の数は55あります。
その半分近い26の少数民族がいる中国雲南省を数回訪れている私にとって
この展示会はとても興味深いものでした。



展示資料の全ては愛知県常滑市にある「苗族刺繍博物館」の収蔵品。
私設のこの博物館には1000点を超える貴重な資料を有して公開。
2001年、学校に通えない少女たちが
無償で刺繍を学べる学校を貴州省台江県に設立し支援を続けているとのこと。



この博物館のことは初めて知りました。
いつか機会があればぜひ訪れてみたいと思います。


長々ご覧いただき有難うございました。
終わります。


カテゴリ「中国 少数民族刺繍」の過去記事に
中国旅行で私が買い求めた「背帯」と思われる刺繍が6点載っています。
合わせてご覧いただけると幸いです。

スポンサーサイト