FC2ブログ

伊豆半島へ 完

IMG_5300_2018032819325892d.jpg

20日、朝から雨模様。
チェックアウトして向かったのはお天気が悪くても楽しめるところ^^。
伊豆高原ステンドグラス美術館です。

レンガ造りの重厚な建物。
イギリスのコッツウォルズにある中世貴族のマナーハウスをイメージしているとのこと。



IMG_5301.jpg

正面玄関。



IMG_5302.jpg

残念ながら迷路のように複雑で美しい館内は写真撮影禁止。

イギリスから譲り受けたという1800年代中心のステンドグラスの数々。
クラシックオルゴールの演奏やパイプオルガンの演奏など
ゆったりとした時間を過ごすことができました。



IMG_5305.jpg

お天気は悪化する一方。
道の駅で買い物をと寄ってみましたが、傘も差せないほどの強風。
見ていると傘が壊れてしまう人続出><。

車を走らせているうちに灯台を見つけたのでそこまで行ってみました。
いかに年中強風に見舞われているかがわかるような松の姿。



IMG_5306.jpg

灯台はどこにと探すといつの間にか後方に。
とにかくものすごい風でしかも寒い。
ちょっと車の外に出ただけで身体は冷え切ってしまいました。



IMG_5308.jpg

でもせっかくですから灯台への道を見つけて登ります。
途中には小さなお社があり中には面白い御神輿がありました。
土地に伝わる素朴な夫婦和合、子孫繁栄の信仰。
そのシンボルを乗せた御神輿をお祭りになると担ぐということです。



IMG_5310.jpg

吹き飛ばされそうな風と寒さにはさすがに降参、車に逃げ込みます。



IMG_5311.jpg

暗い港の風景。



IMG_5316.jpg

荒れる海。



IMG_5324.jpg




IMG_5328.jpg




IMG_5329.jpg




IMG_5330.jpg

小田原へ向かう伊豆高原スカイラインでは
走っているうちに間もなく一寸先も見えないほどの濃霧になってしまいました。
のろのろ運転、時々止まっては霧が動いた時にかすかに見える道を確認・・・

危険なので途中から一般道に降りましたが、かなり下るまで霧が消えず緊張を強いられました。
これほど濃い霧、しかも全然晴れない霧は初めてです。
入り口料金所(有人)で通行止めにするべきです(怒)。
ドライバー(娘)はどんなに怖く、大変だったことか・・・。

お天気には恵まれませんでしたが、(濃霧も含めて^^)それはそれで目いっぱい楽しみました。
今回の温泉行は、何が原因なのか私の肩こり、首の異常が2週間以上続き一向に直る気配なし。
温泉に入りたいなぁ~と思っていたらちょうど大きな仕事が一段落した娘と意気投合、急遽実行^^。

何度も訪れているところでも知らないところがまだまだあります。
楽しい旅になりました。

帰宅した翌日は世田谷でも雪、箱根は大雪でした。
箱根で泊まることも候補のうち、しかも予定を一日ずらしていたら帰れないところでした。

ご訪問有難うございました。
終わります。


今日は友人の詩の朗読発表会に行ってきました。
飾らない言葉、素直な言葉、余計なもののない簡単な言葉、美しい言葉・・・
私のブログも詩を紡ぐように綴ることができないものかと考えてしまいます。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/29 (Thu) 07:15 | # | | 編集
お疲れ様でした

Xinさん、風と寒さの中の道中は大変だったご様子ですね。
無事にお帰りなさってなによりです。
箱根の大雪はニュースで見ましたが、車が動かず渋滞したとのことでしたね。

2018/03/29 (Thu) 19:16 | ハロゲンくん #- | URL | 編集
Re: お疲れ様でした

ハロゲンくんさん、コメント有難うございます。
台風のような強風に寒さ、おまけに濃霧、翌日の大雪の前触れだったのでしょうか。
本当に無事で良かったです。
今思えばあの霧を写真に撮れば良かったと思いますが
その時は思いもよらず必死にフロントガラスの前を見ていました><。
大雪に見舞われなかったことに感謝です^^。

2018/03/29 (Thu) 20:35 | Xin #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する