FC2ブログ

お花見・ついでに墓参^^

IMG_5474.jpg

庭の花、ちょっとお休み。

毎年お彼岸のお墓参りの際、隅田川まで行ってはサクラが咲いていないことを嘆く夫。
今年もまた同じことを言うのでいっそサクラに合わせてお墓参りをしましょうと提案。

ところが今年は気温急上昇で桜の開花も早まり・・・
3月26日、人混み覚悟で浅草へ。
サクラは満開です。



IMG_5476.jpg

暑すぎるほどの上天気。
スカイツリーもこの広々した景色には似合います。



IMG_5477.jpg




IMG_5488.jpg

対岸に行こうと道路に出ると「待乳山」が。
ここは学生時代、遊郭吉原跡や亡くなった遊女を葬った投げ込み寺などゼミの教授と歩いたところ。

「待乳山」という名前とそれにまつわる大根のことだけは何故か覚えているのですが
どこをどう歩いたのかまるで記憶になく、今回思いがけず目の前に見て「ここ?」とびっくり!!!



IMG_5490.jpg

「待乳山聖天」・・・本堂のことも全く覚えていません><。



IMG_5493.jpg




IMG_5501.jpg

浅草寺一山の支院の1つで聖観音宗、天台宗の流れを汲んでいます。
寺院でありながら神仏習合的な信仰。



IMG_5503.jpg

二股大根。
受付では普通の大根が売られていました^^。

パンフレットには大根は迷いの心、瞋り(いかり)の毒を表し
大根をお供えすることで聖天様が心の毒を清めてくださるとか。
夫婦仲良く一家の和合をお加護いただけると・・・。



IMG_5497.jpg

待乳山は推古天皇の3年、地中から突然湧き出た霊山。
その時、金龍が天より降って山を廻り守護したとのこと。



IMG_5507.jpg

その6年後、大旱魃(かんばつ)に見舞われた時
十一面観音が大聖歓喜尊天の姿となって現れ民を救ってくださった。
これがこの「待乳山聖天」のいわれだそうです。



IMG_5509.jpg

この周辺が江戸湊の入江に近かった頃は入港する船の目印となり
湊の埋め立てが進むと隅田川を望む景勝地として
多くの歌人絵師により題材となり江戸の名所として有名になった。

思いがけなく勉強のやり直しができました(笑)。



IMG_5510.jpg

川沿いに戻ります。
対岸の桜並木に行くために前方の桜橋に向かいます。
青い空に昼間の月、刷毛ではいたような淡い雲。



IMG_5514.jpg




IMG_5520.jpg

桜橋から。



IMG_5529.jpg

夕方近い日差しが川面に反射してサングラスをしていても眩しいくらいです。
前方には言問橋。



IMG_5531.jpg

こちら側は屋台も出てとても賑やか。
初めて見る光景でキョロキョロ^^。



IMG_5533.jpg




IMG_5542.jpg




IMG_5562.jpg

右のビルの壁面にスカイツリーの影。



IMG_5559.jpg




IMG_5565.jpg

サクラの時期に隅田川・・・人混みで辟易するのではと思いましたが
ゆったりと流れる大川、広く高い空、来てよかったと何度も思いながらのんびりと歩きました。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/06 (Fri) 07:07 | # | | 編集
お礼

Xinさん、こんばんは

キブシ(木五倍子)を教えて頂きありがとうございました。
いつもながら流石と思います。

2018/04/09 (Mon) 19:21 | ハロゲンくん #- | URL | 編集
Re: お礼

ハロゲンくんさん、わざわざ有難うございます。
知っているものは知っている(笑)・・・たまたまでした。
こちらこそ貴重な野鳥の記録有難うございます。
鳥に関しても大分物知りになりました。
と言っても忘れやすいのが困りものですが><。

2018/04/10 (Tue) 11:02 | Xin #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する