FC2ブログ

青森下北半島への旅 ①

IMG_8192.jpg

4日から8日まで4泊5日で新緑の青森を楽しんできました。
日記代わりの記録です。

ゴールデンウイークの真っ最中。
急な計画で新幹線のチケットや宿が取れるかどうか・・・
でも何とか割り込むことができました。

新青森駅から見た残雪の八甲田山。
暑い東京からはるばる北国に来たという実感がわきます。
と言っても新幹線でわずか3時間16分でしかありません^^。



IMG_8195.jpg

八重桜が満開。
この旅では行く先々で今年2度目のお花見をすることができました♪



IMG_8198.jpg

午後1時半過ぎ、予約してあったレンタカーで出発。
今日の宿は市内のホテル、時間にゆとりがあるので市内観光です。
訪れたのは車で5分くらい、特別史跡「三内丸山(さんないまるやま)遺跡」。

入場無料です。



IMG_8199.jpg




IMG_8202.jpg




IMG_8200_20180509091341726.jpg

残念!ホールでは津軽三味線の演奏がちょうど終わるところでした><。



IMG_8211_2018050908422054e.jpg

館内の遺跡への道(トンネル風)を抜けると突然目の前に異次元世界。
目の前には緑豊かな広大な野原。
しばらく進むと掘立柱建物群が現れました。



IMG_8204.jpg

三内丸山遺跡は江戸時代から知られている遺跡だということです。

平成4年から始まった発掘調査により
縄文時代前期~中期(約5,500~4,000年前)にかけての大規模な集落跡が見つかりました。

発掘のきっかけは野球場を作るための工事だったとのこと。
青森県は遺跡の重要性から平成6年に遺跡の保存を決定。
平成11年、国の特別遺跡に指定。
さらに15年には出土品1958点が重要文化財に指定されました。



IMG_8208.jpg

大型竪穴住居(復元)。
長さ32m、幅9,8mの三内丸山遺跡最大の住居。
集会所、共同作業所、冬季の共同家屋などの説があります。



IMG_8213.jpg

内部。
その広さ、天井の高さに驚きます。



IMG_8214.jpg

縄文時代の衣装を着て記念撮影ができます^^。



IMG_8212.jpg




IMG_8209.jpg

色々なタイプの住居があるので不思議でしたが↓の説明で納得です。



IMG_8238.jpg




IMG_8223.jpg

一番驚いたのがこの大型掘立柱建物。
6本の柱の長方形の高床建物と考えられるとのこと。
見れば見るほど不思議な建物です。

柱穴の直径、深さとも2m。
穴の間隔は4,2m。
高さは約15mとして復元。
柱の下にいる人と比べるとその巨大さがわかります。



「三内丸山遺跡」次回も続きますのでコメント欄閉じさせていただきます。



今日9日、栃木県では雪が降ったとのニュース。
昨日東京に着いた時も青森で着ていたコートがそのまま役に立ちました><。