FC2ブログ

青森下北半島への旅 ⑩

IMG_8665.jpg

下風呂温泉、宿の窓から。
今日もお天気は上々です^^。



IMG_8664.jpg




IMG_8666.jpg

せっかくのお天気です。
船に乗って海上から「仏ヶ浦」を見ようということになりました。

国指定天然記念物。
下北半島国定公園の1部。

定期観光船乗り場、佐井港です。
時間も都合よく観光船「サイライト」に乗ることができました。
サイライト=再来人^^。
片道30分、仏ヶ浦に上陸して約30分滞在、往復で計90分の船旅です。



IMG_8671.jpg

定員89名の船に乗客は私たちともう一組の夫婦のみ。
岸壁をどこに向かうのか猛スピードで自転車を漕ぐ人^^。



IMG_8672.jpg

いよいよ港の外に出ます。
デッキには出られないので船内からの撮影です。
最高時速50㎞の猛スピードで波しぶきがすごくこれでは外に出られなくて当たり前><。



IMG_8680.jpg

仏ヶ浦上陸です。
滞在時間30分のうち15分は乗務員による無料ガイドがあります。



IMG_8681.jpg

乗ってきた船。



IMG_8682.jpg

大きな荷物を運ぶ人、船の乗務員さん?
すぐ近くに地蔵堂があるのでそこの管理棟に運ぶようです。



IMG_8715.jpg

地蔵堂。



IMG_8686.jpg

今から2000万年前頃、日本列島がユーラシア大陸から分離して日本海の形成が始まる。
その頃の青森はまだ海底の中。

活発な海底火山活動により噴出物が堆積、1部に緑色凝灰岩の層を形成。
その後1000万年前頃から海底隆起が始まり
数百万年の歳月をかけて青森県の大地が形成された。
仏ヶ浦の原形もこの時に形作られたと考えられる。(パンフレットより)



IMG_8687.jpg

立っている人と比べるといかに巨大な岩であるかがわかると思います。



IMG_8689.jpg

それぞれ特徴のある岩には名前が付いていますが省略。
撮った写真を並べていきます。



IMG_8692.jpg




IMG_8696.jpg




IMG_8700.jpg




IMG_8702.jpg




IMG_8709.jpg

この大きな斜面の前を歩いていた時、急に不気味な音。
てっぺんからこぶしよりも大きな石が無数の小石とともに猛スピードで転がり落ちてきました。
もろい凝灰岩の危険性を実感できる怖い出来事でした。



IMG_8710.jpg

水たまりにはイソギンチャクなど。



IMG_8705.jpg

陸伝いにこの仏ヶ浦に下りるルートもあるそうですがとても大変な道のようです。
それに無事下りたとしても帰りはまた上らなくてはなりません。
料金(往復2400円)はかかりますが、船で上陸が良いようです。



IMG_8707.jpg




IMG_8708.jpg




IMG_8716.jpg




IMG_8717.jpg




IMG_8718.jpg




IMG_8719.jpg

どこからかひらりと飛んできたハクセキレイ。
小首かしげて上を見ています。
可愛らしい仕草です。



IMG_8725.jpg

カラスも一緒に^^。



IMG_8729.jpg

津軽富士と呼ばれる岩木山の美しい姿。



IMG_8727.jpg




IMG_8744.jpg

帰りはさらに激しい波しぶき、窓にガンガン打ちつけてきます。

行き過ぎる船やイルカの群れに出会うこともあるという小さな島「オヨ島」(右)。
何度シャッターを押しても波しぶきの中><。



続きます。







1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/19 (Sat) 07:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment