FC2ブログ

秋を見つけに

IMG_0603_2018092910500233d.jpg

世田谷区滞在中です。

やっと晴れた28日、久しぶりにぶらぶらと松陰神社まで散歩。
安政の大獄で刑死した吉田松陰の祀られている神社です。

松陰神社まで運動と買い物を兼ねて午後から歩きに行くことはあっても
神社の閉門が夕方5時のため境内をゆっくり歩くチャンスはなかなかありません。
今回は神社優先でのんびり歩いてみます。

鳥居の前に橘の実がなっていました。
アレレ?と思って右側を見るとちゃんと桜の木。

実がなっていなければ気がつかないところでした。
右近の橘、左近の桜・・・
ほかの神社では見たこと無いような?  気がつかなかっただけ???



IMG_0604.jpg

ここは長州藩の下屋敷のあった場所。
小塚原回向院にあった松陰の墓を刑死の4年後にこの地に改葬。



CIMG6407_convert_20100412002427.jpg

本殿。(今回撮らなかったので過去記事で使った写真を)
明治15年(1882年)このお墓の傍に門下生たちにより神社が創建。
現在の社殿は1927年から28年にかけて造営されたもの。



IMG_0605_2018092910500539d.jpg

日傘を持ってサングラスをして・・・この日は気温も上がって夏日となりました。



IMG_0606_2018092910500602a.jpg

吉田松陰50年祭に際して伊藤博文、山県有朋、桂太郎たち門下生から寄進された燈籠が並んでいます。



IMG_0607.jpg

長かった猛暑の夏が過ぎるともう七五三、秋が少しでもゆっくりと過ぎてくれますように^^。



IMG_0608.jpg

山口県萩市にある松陰塾を模したもの。
とても質素なことに驚きます。



IMG_0617_201809291050385b5.jpg

墓所の前には小振りの鳥居があります。

墓所の中から鳥居を振り返って。
この鳥居は木戸孝允が寄進したもの。
鳥居をくぐると正面に松陰と同士6人のお墓があります。
亡くなった人たちの年令を見ると余りの若さに心が痛みます。



IMG_0611_201809291050124ae.jpg

墓所の中、木漏れ日に美しい苔。



IMG_0615.jpg




IMG_0612_201809291050157f7.jpg




IMG_0613.jpg




IMG_0614.jpg

見つかったのは小さな小さな秋^^。



IMG_0616.jpg

楓が色づくのもまだまだ先のよう。
日ざしを受けてまるで新緑のような美しさです。

ここから歩いて30分程のところに松陰らを刑死させた大老井伊直弼の菩提寺「豪徳寺」があります。
桜や紅葉、招き猫で有名な豪徳寺は好きでよく行きますが
松陰神社と結びつけて考えたことは1度もありませんでした。

たった1日の晴れ間でした。
台風24号、被害が無いことを願うばかりです。








3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/09/30 (Sun) 06:03 | EDIT | REPLY |   
ハロゲンくん  

No title

Xinさん、こんばんは

松陰神社と井伊直弼の菩提寺「豪徳寺」との距離は徒歩で30分くらいとは近いですね。

萩市にある松陰塾はとても質素ですが、ここにある模したものも質素なんですね。

2018/09/30 (Sun) 17:06 | EDIT | REPLY |   
Xin
Xin  

Re: No title

ハロゲンくんさん、コメント有難うございます。
因縁の両者がこんな近くに眠っているとは歴史を知らないと見過ごしてしまいますね><。
松陰塾は本当に吹けば飛ぶような・・・ここに何人も学んだとは実感できません。
刑死した人たちのあまりの若さにむごいことだと感じてしまいます。

2018/09/30 (Sun) 19:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment